2歳児はわからないものですねー。赤りんごコース

2歳児と言っても、三男はもう3歳になったのですが・・・

もう会話が成り立って、言っていることを理解して行動するように
なったな~、「ヒト」になってきたな~なんて思いますが、

やっぱりまだ「イヤイヤ期」が抜けきっていなくて、
機嫌を損ねると動かなくなってしまう時があります(^^;)

夏休み前までは、赤りんごコースのレッスンも張り切っていて、
踊りもノリノリで楽しそうに踊っていたのですが、
休み明けの2回は、床に寝転がったり、抱っこだったり、
本当は手を使って踊るところ、足でやりたがったり・・・
スムーズじゃありません(><)
その都度なだめたり、気持ちを切り替えるような言葉かけなどを
して、周りに迷惑にならないように配慮します。

今のグループレッスンは3組の親子が参加していますが、
うちも他の親子も、似た感じです(笑)

そういえば、赤りんごコースに入会を決める前には、
喜んでくれるのかなあ・・、ちゃんとレッスン受けられるのかなあ・・と
心配したものですが、その時に先生が
「この年齢の子は、できたりできなかったり、気分によって
やらなかったりする時期ですので、その時の様子に合わせて
進めますから大丈夫ですよ」と言ってくれたのを思い出します。

そしてその通り、状況に合わせて進み方を変えたりして、
柔軟に対応してくれます。

三男も、ヤマハはとっても気に入っています。
家でもCDをかけたり、本を見ながら手遊びしたり、
今日はヤマハの日だよというと、嬉しそうにしたり。

でも、気分によって乗ったり乗らなかったりするのは、やっぱり
まだ2歳児だな~なんて思いますね。
これがまたひとつクラスが上がると、もうちょっと落ち着いて
きますよね。

と言っても、今度はその子その子の個性が出てきて、
おしゃべりだったり、はしゃいじゃったり・・・といったことも
ありますけどね(^^;)

長男が幼児科の時は、ウキウキしちゃうタイプでした(><)
歌のために前に出て並んだ時とか、ニコニコ嬉しそうに軽く
飛び跳ねてました・・・。
今はジュニア科で、きちんとレッスン受けているみたいですけど。

次男も、長男ほどではありませんがウキウキタイプのようです。

さて、三男はどんなタイプでしょうか。
・・・その前におんがくなかよしコースがありますね。

長男も次男も、おんがくなかよしの時は特に問題なく楽しんでいましたが、
三男はどうなるかな~?

きょうだいで楽しむ、赤りんごコースの教材DVD

赤りんごコースでは、レッスンと同じ歌が収録されたCD絵本と、
レッスンの内容とは関係のないDVDが教材としてあります。

教材を受け取ったばかりの時は、CDの歌もそれほど“おなじみの曲”に
なっていないので、「ぷっぷるといっしょ!」以外の歌は、はじめは
それほど反応なし・・・だったのですが、しばらく家でCDをかけているうちに、
覚えてきました。
レッスンの中で、新しい歌に入っても、もう知っている歌なので
一緒に歌おうとしたりします(^^)

それから、DVDの方なのですが、こちらはレッスンの内容とは関係なく、
家で楽しむための教材となっています。

はじめにかけてみた時は、今まで知っていた「おんがくなかよしコース」や
「幼児科」、「ジュニア科」のDVDとはかなり異なるタイプの内容だなあ~と、
思いました。

「おんがくなかよしコース」はストーリーがあって、絵も雰囲気も好きでしたし、
「幼児科」は曲や楽典の内容を子どもたちが楽しんでいたし、
「ジュニア科」は、コンテンツ盛りだくさん。クイズなどもあるし。

それらを先に知っていたので、「赤りんご」のDVDは、
ちょっと不思議に思えたんです。
映像がシンプルだったり、「え!?ちょっとコワイ(^^;)」と思うような
擬人化野菜(ブロッコリー)が踊ってたりするので。

でも・・・

そう思ったのははじめだけ。
三男は、擬人化野菜の部分が一番気に入ったようで、何度もかけながら
テレビの前で踊っていました(笑)

そして、小2の上の子も、「気持ち悪い~」とか言いながら、結局一緒になって
踊っていて、年長の2番目も加わり・・・
きょうだい3人で踊っている姿はものすごく笑えました(^m^)

擬人化野菜のブロッコリーが踊るコーナーは、3種類あるんですよね。
1つ目の踊りが、タンゴバージョンになったり、サンババージョンになったり。

そして、それを真似する子どもたちは、その3つをちゃんと踊り分けています。
知らず知らずのうちに、体が覚える・・・これもやっぱり音楽教育として
よく考えられた教材なんだろうな~(?)と、感心しちゃいました~。

休みを挟んだせい?集中できなかった赤りんごレッスン。

kasa

5月第2週。あんまり気持ちの乗らなかった赤りんごのレッスン

赤りんごコースは4月から開講されています(^^)
4月に3回通った後、ゴールデンウィークに突入!1週開いた形で、5月の
レッスンは第2週目から始まりました。

その開いた期間のせいなのか、それともロビーにお兄ちゃんたちがいたせいか、
レッスン中に何度もロビーに出ようとしていた三男でした(^^;)

赤りんごのレッスンが始まってからはいつも、駐車場で私と下の子だけ降りて
2人で教室に向かっていたんです。だから、ロビーが気になったりすることは
なかったのですが、今回はお兄ちゃんたちは、それぞれ自分たちのレッスン時間に
なるまで、ロビーで過ごしていたんですよね。

冬の間は、雪道のため(山道があるので)お父さんが運転してくれていて、
家族総出でレッスンに向かっていたので、長男と次男のレッスン中(時間が重なる)は
下の子はお父さんが面倒を見てくれていました。

雪が解けてから、私が3人連れてレッスンに向かうこともあったのですけど
(下の子は私と一緒に、次男の幼児科クラスに同伴)、
4月から赤りんごコースが始まってからは、仕事関係の買い物があったり
気分転換も兼ねて、お父さんが運転していました。
そして、赤りんごのレッスン中は、上の二人を連れて買い物に行ったりし、
赤りんご終了時間に来て、下の子はお父さんとおでかけ。上二人はレッスンに。

という感じだったので、一応は下の子もレッスンに集中していました。

それが、今回は、お兄ちゃんの名前を呼んでドアを開けようとしたりして。
この年齢の子って、気分が乗らないとやらなかったりしますよね・・・。
無理に止めて泣かせたりするのも迷惑になるので、一度部屋から出て、
話したりしてまたちょっと気分を盛り上げて部屋に戻る・・・という感じを
繰り返しました(><)

曲がかかって何かが始まると、一応一緒にうたったり踊ったりするのですが、
ひとつのことが終わるとまた出たがる・・・。

でも、先生もフォローしてくれ、一緒のクラスのお母さんも理解を示して
くれるので助かります~。

上の二人は、赤りんごコースの経験がないので何とも言えませんが、
三男は一番、きょうだいの中では「ゴーイングマイウェイ」タイプだと
思います・・・。

赤りんごコースの入会を決めました☆

赤りんごコース、体験してきました!!

4月第2週から新しく始まった赤りんごコースの体験に行ってきました!

長男のジュニア科でも一緒のお母さんも下の子を連れてきていておなじみの顔だし、講師の先生も次男と同じ先生だったこともあり、うちの三男もそんなに緊張することなく、参加できました(^^)

ヤマハのホームページで、赤りんごのレッスンの様子をムービーで見たことがありますが、あんな感じでした(ムービーはこちら

※2015年からはコース編成が変更されていて赤りんごコースというのはなくなり、「ドレミらんど」というコースの中の「ぷっぷるクラス」が該当するようです。

初めに、ぷっぷるちゃんの歌から始まりましたが、うちで何回もあの曲を聴いていたのですっかりお気に入りになっていました。先生が曲をかけると、あっ!という顔になって、一緒に踊っていましたよ~^^


そうそう、第1回目はうちはお試しでの参加ということで、他のお友達には教材が配られ、中に出席シールやぷっぷるちゃんの名札が入っていたりCD付き絵本があったりしましたが、うちにはありません。

レッスンが始まる前に受付の方が、「もう教材は手元にありますので、いつでもお渡しできますから、言ってくださいね」と、言ってくれていたので、もしも自分に教材が当たらなくてすねたりしたらすぐもらおうかな~とは思っていたんです。体験後には入会手続きするつもりだったし。

でも、本人は特に気にする様子もなく、(レッスン中には教材を使うことはないし)喜んで参加していたので良かったです♪

ぷっぷるちゃんのうた「ぷっぷるといっしょ!」を元気に歌った後は、「あかいぼうしのあかいはな」で、手遊びのように手でお花を作って帽子に。やさしい感じの曲でした。

そして、柔らかいフラフープのような輪をもらって、上からくぐらせたり下からくぐらせて変身!色んなありさんになって「ありさんマーチ」で行進です。その曲で今度はハンドドラムという、タンバリンの鈴の部分がないような楽器をもらって、歌いながらリズムを取ります。

あとは・・・「まいごになったリンリン」という絵本を、曲に合わせて先生がお話してくれます。おひざの上で楽しんでいました。出てくる動物を指さして「ライオン!」と言ったりしてました。

それからもう一つ、曲に合わせて体を動かすリトミックのようなことをして、最後に先生のエレクトーンの演奏を間近で聞きました。人数が少ないので、鍵盤側から見ることができ、演奏と指さばき、足の動きを興味津々で見ていた子どもたちです。



すべて終了後は、お友達がシール手帳にシールを貼って、さよならのごあいさつ。
何だかあっという間でした~。

帰りに、受付の方に入会申込書をいただきに行くと、書類と一緒に教材一式も手渡してくれました♪
帰ってから開けたら、「ぷっぷるちゃんだ♪」と喜んでいた三男です(^▽^)/

↓赤りんごコースの教材
kyouzai

↓入会用の書類一式。来週までに書いていかなくちゃ。
shorui

赤りんごコースのお試しレッスン

来週、赤りんごコースをお試ししてきます(^^)

ヤマハの音楽の中で育つ、3番目の子』の記事の中に書きましたが、
3番目の子はとってもヤマハの音楽好き。

4月開講の赤りんごコースに入れてあげたいなーと思い始めて、検討中でした。
『赤りんごコースの入会を迷い中~(^^;)』の記事参照)

ちょっと前までは、進級していくにつれて価格が上がっていくと
やはりキツくなっていくし、
上の二人はおんがくなかよしコース(しかも後半)からだったし、
赤りんごから入れるのは早いかな~と思っていたのですが、
月謝のことを考えるなら、今の方がまだ何とかなるかな・・・と。

長男はジュニア科2年目になると、多少料金は上がるけれど、
「ハイクラスに進むから大幅に上がる」とかいうことはないし、
次男も幼児科2年目になるだけだから、
「ジュニア科になるので料金が上がる」という時期ではないし、
赤りんご分の月謝が追加されるだけなので。

曜日も一緒なので、1時間ほど早く行かなければならないくらい。
今年は転勤もないし。
やっぱり、「今」が思い切る時かな(笑)、と思うので、
赤りんごコースに入れてあげる気持ちになっています(^^)
(今後、出費等いろいろ本当にキツくなってしまったら、
進級を断念するような場面もあるかもしれませんが・・・^^;)

3月中にあった体験レッスンには行けませんでしたが、
4月の第2週から始まるレッスンの日に、見学させてもらえることになったので、
一応お試しとしてレッスンを受けてみます☆

ヤマハのサイトの、赤りんご紹介ページに、「ぷっぷるといっしょ!」の
曲が試聴できるのですが、(赤りんごコース 教材・楽曲のご案内)
それをかけると、ノリノリでうたっている3番目。
多分、赤りんごのレッスンもすぐに気に入ってしまうと思います(^^)

そして、紹介キャンペーンで、確か「ぷっぷるちゃんの傘」がもらえる
はずなので(本当は紹介者にもらえるものですが、きょうだいの紹介でも
もらえるため、結局は3番目の子専用の傘になります)、きっとこれも
気に入るだろうな~と思います(^▽^)
(傘好きで、雨の日は私の傘を持って歩いている状態なので。)