ジュニア科終了後の、進級と、グレード9級試験について

ヤマハも冬休みが終わって、レッスンが通常通りに始まりました。

年末年始を挟んだことと、
年が明けてから3人とも風邪をひいてしまったこともあって、
あんまり弾く練習はできませんでした(><)
(曲をかけたり歌ったりは、時々していましたが・・)

長男は学校の方の宿題もあります。
昨年帰省前までは計画的に進めていたものの、
お正月が過ぎて、「さあ、そろそろリズムをもとに戻そう」という時に
風邪でダウンしてしまったので、滞ってしまい・・・

その後学校の宿題を優先して取り組ませたので、
ヤマハの方はおろそかになってしまいました・・・。

でも、今年はグレード9級試験を受けることになっているので、
今後は家でも対策を頑張らなくっちゃ!
もう学校は始まったし、あとは普段の宿題程度なので。




それから、昨年、お休みに入る前に、ジュニア科終了後の進級
についてのお話が、講師の先生からありました。

ジュニア科が終わったら、基本的には

  • ・ジュニア専門コースハイクラス
  • ・ジュニア上級科
  • ・ピアノジュニアまたは、エレクトーンジュニア
  • に進むという選択枝があります。
    (今通っている教室には、ジュニア専門コースは開設されていませんが、
    ジュニア専門コースハイクラスに進むことはできるのかな・・・?)

    長男のクラスでは、4月に転勤がありそうだというメンバーがいます。
    もし本当に転勤が決まってしまったら、グループレッスンで進級しても、
    メンバーがうちともう一人の、2人だけになってしまいます。

    2人でグループレッスンに進めるのか、個人レッスンになるのか・・・

    もう一人の子は、個人レッスンでどんどん進めていっても、頑張って
    練習して行けそうな感じです。個人レッスンに変わることを考えているかどうかは
    わかりませんけれど。

    うちは・・・・・・
    グループだからこそ、楽しんで通っている部分が大きいかな、と思ったりします。
    だから、できればグループレッスンで進みたいですねぇ。

    本人のやる気の問題ももちろん、遠方で通うのが大変だったり、
    きょうだいとの兼ね合いがあったり、レッスン料のこともあるので、
    グループ+個人の、「ジュニア専門コースハイクラス」は難しいですが、
    ジュニア上級科」に進級して、音楽を楽しむことを続けていけたら
    いいなあと思います。

    2014年。今年もよろしくお願いいたします☆

    遅ればせながら・・・新年おめでとうございます☆
    2014年が、皆様にとっても良い年になりますように。
    今年もどうぞよろしくお願いいたします。

    今年のヤマハ、現在わかっている予定は、
    <長男>
    9級グレード試験(3月)
    ジュニア上級科に進級(5月)
    エレクトーンステージ(夏)
    発表会(冬)

    <次男>
    基礎グレード試験(3月)
    ジュニア科に進級(5月)
    (お祭りで演奏(夏))
    (エレクトーンステージ(夏))
    発表会(冬)

    <三男>
    おんがくなかよしコースに進級(5月)

    こんな感じかな?
    ただ、長男のクラスのメンバーには、転勤族がいるので、
    メンバーが減ってしまうと、個人レッスン(ジュニアステップ)に移る
    ことになる場合もあるのかもしれません。
    できれば、このままグループレッスンで続けて行きたいのですけどね。

    うちも、転勤族ですので、引越しする可能性もありますが、
    ヤマハの教室がある町(もしくは通える範囲の周辺の町)であれば、
    続けるつもりです。

    その場合、そこの教室に、どんなコースがあるのか、
    人数はどうなのか・・・で、選択も変わってくるでしょうね。

    三男の、おんがくなかよしコースくらいまでは、メンバーの変動も結構あるし
    今のメンバーでなければならないという気持ちは強くないですが、
    (もちろん、そのまま行けたら楽しいだろうなと思います)

    幼児科に入ると、演奏を合わせたりすることも増えますし、
    本人の、音楽に対する意気込みも変わってきますし、
    メンバーとの関係もできあがってきて、一緒に頑張っている仲間という
    気持ちも強くなってきますから、
    そのまま一緒に進級して行けたらいいなあと、強く思いますね。

    電子ピアノ、ヤマハのCLP-440を購入してから、1年が過ぎました~☆

    そういえば、12月はじめ頃のレッスンの時に、YAMAHAのショップの
    クリスマスフェアの案内チラシを、長男がもらって帰ってきました。

    いくつかの、コンサートなどイベントがあったり、
    クリスマスらしいご特典があったりして、チラシを見ているだけでも
    フェアに足を運んでみたくなります☆
    って、このフェアは、25日までだったのですけどね。

    昨年のちょうどこの時期、うちでも電子ピアノを購入しました。
    11月の発表会の後に注文。
    届いたのは12月に入ってからだったので、
    子どもたちはもちろん、私にとっても嬉しいクリスマスプレゼントに
    なりましたね~(^^)♪

    今年は、次男のクラスの子も、電子ピアノを購入したようです。
    幼児科2年目も終わりが見えてきて、
    進級について考える時期となってきました。

    年長ともなれば、もう自分が続けたいかどうかというのも
    それなりに考えられるでしょうし、
    続けるのであれば、ピアノ(もしくはエレクトーン)、電子ピアノなどの
    練習が楽しくなるような鍵盤楽器を欲しくなるのでしょうね。

    そうそう、クリスマスフェアのチラシには、うちが昨年購入した
    電子ピアノ、クラビノーバCLP-440も載っていました。
    そのお値段は



    昨年と変わりません。

    1年くらいでは価格は落ちないのですね~。
    新しい機種が出たら、値下げもするのかもしれませんが、
    このCLP-440は、ショップでもおススメの機種でした。

    そして、1年経った今、この買い物にはとっても満足しています♪
    大活躍しています~(^^)

    楽天のショップなんかでも、まだまだ人気商品なのですね。
    もう少し価格の安いCLP-430の方が売れ筋かもしれませんが、
    予算が許すならば、CLP-440は、私もおススメしたい商品です☆

    2013年の、ヤマハ音楽教室発表会が終わりました☆

    今年もヤマハの発表会がありましたが、無事に終了しました☆

    毎年、週末2日間の日程で、土曜日は午後の部のみ。
    日曜日は午前・午後の二部立てになっています。

    自分の出番の部以外は、いかなければならないわでけはありません。
    でもきっと、熱心な方は聞きに行くのでしょうし、余裕があったら
    行った方が、良い刺激をたくさんもらえるのだろうなと思います。

    うちはまだ、3歳の子がいるので、自分たちの出番の時でさえ
    落ち着いて聞いていられませんが(^^;)

    さて、自分の出番があるのはどちらの日なのかや、
    演奏の順番がわかるのは発表会の前々週くらいでした。
    プログラムをもらったのは前の週だったかな?

    プログラムをもらうと、発表会だな~という実感が出てきます。
    もしかして、もう少し前にもらえると子どものやる気もアップして
    もっと練習に力が入るのでは?・・と思ったりしますが、変わらないかな?
    でもあまり早くもらって、当日持って行くのを忘れてしまっても困りますよね(^^;)

    今回、長男も次男も、2日目の午前の部でした。
    (三男はまだ赤りんごコースなので、発表会にはでません。)

    今まで、午前の部の方が多かったけれど、ちっちゃいの(三男)がいるので、
    やっぱり午前で終わる方がありがたいですね~(^^)
    お兄ちゃん達の演奏が終わったら、会場から出て過ごすことになるので。
    ずっとじっとは座っていられませんから(><)
    今年は、お父さんが連れ出してくれ、しばらく図書館で過ごしていたようです。
    好きな本を見ながら、おとなしくしていた様子。

    長男と次男は、前日までの練習では、
    「うーん、当日も何度か間違えちゃうんじゃないかな~?」
    といったレベルだったのですが、

    本番は・・・

    次男は、間違えることなく、落ち着いて弾けていました。
    いつも出だしは大きい音を出せるのですが、途中小さくなったり、
    テンポが早くなってしまったりしていました。
    でも、その部分もちゃんと弾けていて、なかなか良かったです(^^)

    長男は、弾き始めの一音がずれたようで、すぐに弾き直していました。
    途中、一度間違えてしまいましたが・・・
    それでも堂々としていて、練習の時よりもずっと良かったです。
    練習の時は、早く終わらせたいのか(?)はじめからテンポが早目でした。
    本番は、ちょうどよいテンポではじまり、そのペースを維持していました。
    やればできるじゃん!
    って、緊張で間違えたというわけではないと思うので、練習不足ですよね。
    もっと頑張っていたら、間違えずに弾けたかも?

    自分たちの出番が終わっても、結構長いこと待っていなくてはなりません。
    最後に、出場者全員で集合し、うたをうたいます。
    それが終わって、集合写真を撮り、記念品を受け取ったら解散です。

    全て終わったのが13時頃だったので、みんなおなかをすかせていました。
    でも、無事終わって、二人ともスッキリしたようないい顔をしていました♪



    発表会が終わったら、次は長男は9級グレード対策が、
    次男は基礎グレード対策が始まるはずです。

    普段のレッスンに加えて、発表会だったりグレード試験だったり、
    集中して頑張らなければならないことがあると、
    そこでまた少し成長する気がしますね^^

    いつの間にか、自分で1曲弾けるようになってました

    ジュニア科2年目の、長男のことです。
    ヤマハのおんがくなかよしコース(後半)から始めて、幼児科2年⇒ジュニア科2年目と、
    約4年続けてきました。

    親も子も、「楽しめたらいい」というスタンスで習っているため、熱心に練習をしたり、
    専門コースを目指したりということは今の時点ではありません。
    でも、弾くことは好きなようで、宿題に出た曲はなかなか練習しないのに(^^;)、
    自分の気に入った曲は、自分で勝手に弾いていたりします。

    あと、移調が好きで、ひとつの曲を全ての調に変えて弾いてみたりしています。
    ジュニア科では、色んな調のスケールとカデンツが出てくるので、その辺から興味を
    持ったのかな?

    学校などで覚えた曲を、右手で弾き出し、ある程度弾けるようになったら、
    左手も和音で伴奏を付けてみたりしていることもあって、その辺は、
    「さすがヤマハだな~」と思います(^^)
    テキストには、作曲や伴奏付けのコーナーもありますし。

    ヤマハの子は、指使いがきちんとできなかったり、楽譜を読めるようになるのが遅いとか、
    進みが遅いとか言われたりもしますが、“耳が育つ”と言われますね。
    実際、長男は幼児科まで、歌があまり得意ではなく、音を外すことも多かったのですが、
    今では音をとるのがかなり上手になりました。

    ヤマハや個人教室にはメリット・デメリットがあるものなので、習う目的や本人に
    合うかどうかによって選べばいいことですけどね。
    ピアノの技術をしっかりつけたいとか、子どもがどんどん色んな曲を弾きたがる、
    自分のペースでどんどん進みたいとかだったら、個人のピアノ教室や、ヤマハの中でも
    個人レッスンをつけたりしたらいいでしょうね。

    うちみたいな考えだったら、ヤマハのグループで楽しくできるのがちょうどいいかも(^^)
    そして、自分で好きな曲を見つけて、1曲弾けるようになっていましたから、
    それなりに力もついてきているんだな~と思いました。


    ちなみに、その曲は「アラベスク」です。
    電子ピアノを買った時についてきた楽譜集に載っていて、私も一応弾ける曲だったので、
    私が弾いてみた時に興味を持ったようです。

    最近、ジュニア科2年目の、4冊目のテキストが届いて、その中にもこの「アラベスク」が
    載っていたので、レベル的にもちょうど良かったんだな~と思いました。