ぷりんと楽譜情報:今人気の楽譜って・・・?2013年9月

ぷりんと楽譜の情報が、時々、メールマガジンで入ってきます。

そこには、今人気の楽譜人気ランキングが載っていていて、
世の中ではどんな曲を弾きたいひとが多いのか・・・がわかります(^^)

2013年9月はじめの時点で、人気の楽譜は・・・?
総合楽譜のTOP5をご紹介します☆

★第5位★

『ひこうき雲』 荒井 由実 スタジオジブリ映画「風立ちぬ」主題歌
   ピアノソロ / 上級 315円

公開中の映画「風立ちぬ」は、宮崎駿監督の最後の長編映画と
なりそうです。宮崎駿監督が、引退宣言をして話題になりましたね!

ユーミン(松任谷由実)が、まだ旧姓の荒井由実として活躍していた
時代に作られた歌ですが、この映画にとっても合っていて、
切なく心に響きます。

★第4位★
『あまちゃん オープニングテーマ』 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」
   ピアノソロ / 上級 315円

こちらは、4月から放映されている、NHKの朝のテレビ小説
「あまちゃん」のオープニングテーマ。
なかなか楽しい曲調で、すぐに覚えてしまい、耳に残りますよね。

番組自体はそろそろ終了してしまいますが・・・もうちょっと
曲を楽しんでいたいですね(^^)

★第3位★

『ひこうき雲』 荒井 由実 スタジオジブリ映画「風たちぬ」主題歌
   ピアノソロ / 中級 420円  

第5位の『ひこうき雲』は上級向け。こちらは中級向けです。

★第2位★

『潮騒のメモリー』 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」
   ピアノソロ / 中級 420円

番組の中で歌われる「潮騒のメモリー」。アイドルとなった主人公の
天野アキも、これを歌いました。
弾き語りをするのも良いですね(^^)/

そして、注目の第1位は・・・??
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
★第1位★
『あまちゃん オープニングテーマ』 大友 良英  NHK連続テレビ小説「あまちゃん」
   ピアノソロ / 初~中級 105円

第4位の楽譜は上級です。こちらは初~中級で、単価も安いですね(^^)
上級では自信がない方がこちらを選んで、一生懸命練習されているの
でしょう。好きな曲を、自分で弾けると楽しいですよね!




他にも色んな楽譜がダウンロードできます。
お気に入りの曲を探して、練習してみてはいかがでしょうか(^^)
ヤマハミュージックメディア『ぷりんと楽譜』

基礎グレード受験の準備・・・レッスンの復習(メロディー)

基礎グレードの試験では、「うたうこと」・「きくこと」・「ひくこと」・「よむこと」
・「つくること」
5つの力についての確認がなされます。

この中で、2年前に長男が受けた時に「大丈夫かなあ・・・」と心配になったのは、
「きくこと」のところでした。

この、「きくこと」は2つに分かれていて、
「メロディー」と、「ハーモニー」があります。

「メロディー」は、レッスン中に、ピアノの周りに集まって、先生が歌うドレミを
真似して、子どもたちも歌ったりしていますが、
CDに収録されていたり、楽譜があったりするものではありません。
なので、レッスンの中で覚えるしかないのですが、
長男はここが得意ではありませんでした(><)

そして、「ハーモニー」は、和音ですね。
ハ長調・ト長調・ヘ長調・ニ短調の和音から出題されます。
こちらは楽譜を見ながら、家でも復習はできますね。

問題は、「メロディー」
メロディーの危うさに、結構な直前になってから不安になって、
数回のレッスンの時にメロディーをメモして、家でも私が歌ってました(^^;)

その甲斐あってか?試験当日までにはそれなりに歌えるようになっていて、
結果は良い評価をもらえたのですけどね。

当時は、基礎グレードを受けるのが初めてだったのもあり、試験対策なんて
考えもしなかったのですが、
普段のレッスンに、せっかく親が付き添っているのですから、
内容をメモして一緒に復習するというのは、別に試験対策と考えなくても
音楽の基礎をしっかり身につけるためには、やっておくといいのだろうな~
なんて、今は思います。

ということで、次男のレッスンでは、新しくメロディーが出てきた時は
メモをするようになりました(^^)
一応、覚書としてこちらに書き記しておきます。

●おほしがひかる

ドーレドシ ラララ ソファソ ラー
ドーレドシ ラララ ソファソ ファー
ソファソ ラソラ シラシ ドー
ドーレドシ ラララ ソファソ ファー

●ひとまねオウム
ドレミミド ドレミミド ドレミミファミ レー
シドレレシ シドレレシ シドレレミレ ドー
ミファソー ミファソー ミファソソラソ ファー
レミファー レミファー レミソソファレ ドー

●ふくろうとろば
ドラドラ ドシシ シソシソ シラードシ
ララララ シシーシラ ソソソソ ラーファ
ファソラシ ドーレドシ ララソソ ファー

●フレールジャック
ファソラファ ファソラファ
ラシドー ラシドー
ドレドシラーファ ドレドシラーファ
ファードーファー ファードーファー

<追加分>
●とけい
シシ ソソ シドシラ ソーシ
ファファ レード レシレシソ レー
シシ ソソ シドシラ ソーシ
ララ レドシラ ソソソ

●かわいそうなとり
レーミーファ ファーソーラ
ラレレド レララソ ファーミーレ

●てんしのこえ
ファ.ファミファ.ド  ラ.ラソラ.ファ
ラ.レ.ドー  ラ.レ.ドー
ド.ドレド.ラ シ.シドシ.ソ
ラ.ソ.ドー  ラ.ソ.ファ

●(   )タイトル忘れました;
ラソラシラ シーシーミ
ラーソーラー シー
ドシドレド シーシーミ
ラーシーソー ラー

2歳児はわからないものですねー。赤りんごコース

2歳児と言っても、三男はもう3歳になったのですが・・・

もう会話が成り立って、言っていることを理解して行動するように
なったな~、「ヒト」になってきたな~なんて思いますが、

やっぱりまだ「イヤイヤ期」が抜けきっていなくて、
機嫌を損ねると動かなくなってしまう時があります(^^;)

夏休み前までは、赤りんごコースのレッスンも張り切っていて、
踊りもノリノリで楽しそうに踊っていたのですが、
休み明けの2回は、床に寝転がったり、抱っこだったり、
本当は手を使って踊るところ、足でやりたがったり・・・
スムーズじゃありません(><)
その都度なだめたり、気持ちを切り替えるような言葉かけなどを
して、周りに迷惑にならないように配慮します。

今のグループレッスンは3組の親子が参加していますが、
うちも他の親子も、似た感じです(笑)

そういえば、赤りんごコースに入会を決める前には、
喜んでくれるのかなあ・・、ちゃんとレッスン受けられるのかなあ・・と
心配したものですが、その時に先生が
「この年齢の子は、できたりできなかったり、気分によって
やらなかったりする時期ですので、その時の様子に合わせて
進めますから大丈夫ですよ」と言ってくれたのを思い出します。

そしてその通り、状況に合わせて進み方を変えたりして、
柔軟に対応してくれます。

三男も、ヤマハはとっても気に入っています。
家でもCDをかけたり、本を見ながら手遊びしたり、
今日はヤマハの日だよというと、嬉しそうにしたり。

でも、気分によって乗ったり乗らなかったりするのは、やっぱり
まだ2歳児だな~なんて思いますね。
これがまたひとつクラスが上がると、もうちょっと落ち着いて
きますよね。

と言っても、今度はその子その子の個性が出てきて、
おしゃべりだったり、はしゃいじゃったり・・・といったことも
ありますけどね(^^;)

長男が幼児科の時は、ウキウキしちゃうタイプでした(><)
歌のために前に出て並んだ時とか、ニコニコ嬉しそうに軽く
飛び跳ねてました・・・。
今はジュニア科で、きちんとレッスン受けているみたいですけど。

次男も、長男ほどではありませんがウキウキタイプのようです。

さて、三男はどんなタイプでしょうか。
・・・その前におんがくなかよしコースがありますね。

長男も次男も、おんがくなかよしの時は特に問題なく楽しんでいましたが、
三男はどうなるかな~?

コース後半の、教材購入のための書類を提出

ヤマハのジュニア科も幼児科も、1年に2冊ずつのテキスト類・
ホームワーク・DVD・CD等の教材を使います。
2年間で一区切りのコースなので、全部で4冊のテキスト類を
購入することになります。

1年目・・・テキスト1、テキスト2
2年目・・・テキスト3、テキスト4

という感じですね。

現在は2人ともテキスト3を使っていますが、そろそろ残りの曲も
少なくなってきました。
そして、ついにテキスト4の購入案内が・・・。
必要事項を記入して、提出しました。

5月開講のコースなので、一応前半が5月~10月、後半が11月~4月
という区切りになりますが、少し早目に購入するんですよね。いつも。
今回は特に11月末には発表会もあるし、3月頃にはグレード試験も
ありますしね~。

赤りんごコースの教材も、そのうち後半分を購入するはず。
赤りんごコースは4月開講なので、10月から後半に入ります。
今使っている出席シールブックの、シールを貼る場所も
残り少なくなってきました。

8月も終わると夏も終わってしまって、ちょっとさびしい気もしますが、
秋もまたよろし。気持ちも新たに、楽しみたいですね~♪

ヤマハ ピアノグレード9級の問題集を買いました

夏休み明けのレッスンの時に、長男が問題集を持って帰ってきました。
先生の話によると、グレード試験がジュニア科2年目の末(来年3月頃)に
あって、その試験対策のための問題集だそうです。

幼児科2年目が終わる頃に、初めてのグレード試験(基礎グレード)を受けましたが、
今度は9級のグレード試験を受けることになります。
そして、「ピアノ」か「エレクトーン」のどちらの試験を受けるのかを
選ばなくてはなりません。

長男のグループは、みんな「ピアノ」を選んだようです。

↓持って帰ってきた問題集はこちら

目次↓

中身はこんな感じ↓

問題集はVol.3となっているし、Bコース用だし、ちょっと中途半端な感じなので
ちょっと調べたところ、Aコースは特に演奏に重点を置いた試験で、Bコースは
総合的な試験のようです。
ヤマハのグレード試験は、ヤマハの教室の生徒ではなくても受けられるのですが、
多分、ヤマハでグループレッスンをしている子は、基本的にBコースを受けるんじゃ
ないかなと思います。ソルフェージュなども勉強していますしね(^^)

きっとまた時期が来たら、グレード試験受験の案内が、書面でもらえるのだろうと
思いますが、これから年末前の発表会に向けてもレッスンしていかなくてはならないし、
先生は早目に用意したのでしょう。

グレードの受験要項を知りたかったら、このような本を見てみるのも
いいかもしれません。

最新のグレードハンドブック(9級用)↓
◆ピアノ演奏グレード9級 グレードハンドブック 2012.05~2015.04 一般財団法人ヤマハ音楽振興会 (2011/12/24)

ピアノ演奏グレード10~6級のA、Bコースの受験要項と、Aコースの課題曲等が収録されており、
2012年5月~2015年4月に受験を予定されている方用です。

問題一覧の最新はnol.4のようですね。
◆ピアノ演奏グレード 9級 試験問題一覧 Bコース Vol.4 財団法人ヤマハ音楽振興会 (2002/8/7)

内容は、初見演奏・伴奏づけ・メロディー聴奏・ハーモニー聴奏です。

今回、長男が購入したのはこちら。
◆ピアノ演奏グレード 9級 試験問題一覧 Bコース Vol.3 (1998/12/10)

内容は、初見演奏・即興演奏(伴奏づけ)・メロディー聴奏・ハーモニー聴奏です。

グレード9級の試験は、口コミによるとだいたいは合格できるようですね。
緊張して泣いてしまって何も弾けなかった・・・とかいうのでなければ、
落ちることはほとんどないとか。
だから、合否を気にするのではなくて、合格後の評価のランクを気にした方が
良いみたいです。オールAを目指そう!という感じで。

基礎グレードの時は、特に問題集などはなくて、試験対策はレッスンの中で
したことの復習でした。というか、レッスン自体が試験対策みたいな
感じになっていたと思います。
家では、弾く練習は普通どおりにし、試験ちょっと前に聴音ができていない
ことに不安になって、少し集中して歌わせて覚えさせた気が・・・。
試験当日は完璧ではなかったはずですが、確か評価はかなり良いものを
いただいたんですよね。

今回は、本人には、「落ちることはあまりないらしい」ということはナイショにして、
試験前の緊張感を持ってもらって、頑張る気持ちになってもらいたいな~と
思ってますが、どうなるかな~?