いつの間にか、自分で1曲弾けるようになってました

ジュニア科2年目の、長男のことです。
ヤマハのおんがくなかよしコース(後半)から始めて、幼児科2年⇒ジュニア科2年目と、
約4年続けてきました。

親も子も、「楽しめたらいい」というスタンスで習っているため、熱心に練習をしたり、
専門コースを目指したりということは今の時点ではありません。
でも、弾くことは好きなようで、宿題に出た曲はなかなか練習しないのに(^^;)、
自分の気に入った曲は、自分で勝手に弾いていたりします。

あと、移調が好きで、ひとつの曲を全ての調に変えて弾いてみたりしています。
ジュニア科では、色んな調のスケールとカデンツが出てくるので、その辺から興味を
持ったのかな?

学校などで覚えた曲を、右手で弾き出し、ある程度弾けるようになったら、
左手も和音で伴奏を付けてみたりしていることもあって、その辺は、
「さすがヤマハだな~」と思います(^^)
テキストには、作曲や伴奏付けのコーナーもありますし。

ヤマハの子は、指使いがきちんとできなかったり、楽譜を読めるようになるのが遅いとか、
進みが遅いとか言われたりもしますが、“耳が育つ”と言われますね。
実際、長男は幼児科まで、歌があまり得意ではなく、音を外すことも多かったのですが、
今では音をとるのがかなり上手になりました。

ヤマハや個人教室にはメリット・デメリットがあるものなので、習う目的や本人に
合うかどうかによって選べばいいことですけどね。
ピアノの技術をしっかりつけたいとか、子どもがどんどん色んな曲を弾きたがる、
自分のペースでどんどん進みたいとかだったら、個人のピアノ教室や、ヤマハの中でも
個人レッスンをつけたりしたらいいでしょうね。

うちみたいな考えだったら、ヤマハのグループで楽しくできるのがちょうどいいかも(^^)
そして、自分で好きな曲を見つけて、1曲弾けるようになっていましたから、
それなりに力もついてきているんだな~と思いました。


ちなみに、その曲は「アラベスク」です。
電子ピアノを買った時についてきた楽譜集に載っていて、私も一応弾ける曲だったので、
私が弾いてみた時に興味を持ったようです。

最近、ジュニア科2年目の、4冊目のテキストが届いて、その中にもこの「アラベスク」が
載っていたので、レベル的にもちょうど良かったんだな~と思いました。