ヤマハ体験談(入会した頃のこと):初回レッスンへ

管理人と、その子どもたちが通っているヤマハ音楽教室。
通う前や実際に通ってからのことなど、体験談として書いていきたいと思います。

また、自分が知りたいことなどがあったら色々調べたりしますので、
その調べたことをまとめたり、見つけた口コミなどを書き留めておきますね。


ここでは、「入会した頃のこと」を思い出して書いています。

初回レッスンへ

おんがくなかよしコース秋(11月)開講は、11月13日からでした。

体験レッスンの後、入会を決めて「教室入会申込書」に記入。
それを初回のレッスンの時に持参しました。

あらかじめ、費用のことも聞いていて、現金も持って行きました。
「入会金」3,150円、「教材費」4,830円、「11月分の月謝」4,725円。
合計で12,705円。

12月からは自動払込を利用するということで、初回にその書類をもらい、
後日、金融機関で手続きをしたので、その後は楽でしたが、いっぺんに支払いが
あるのは、結構高いなぁ~と思っちゃいますね(><)

そして、体験レッスンで一緒だった、もう一人の男の子(と弟くん)と、
その後、半年間、楽しく通うこととなります。

長男も次男も、レッスンのある日は嬉しそうでしたね。
保育所を早く帰ることも、いつもと違うので嬉しかったのかもしれません。
レッスン会場について、駐車場に止めたら、すぐにかばんを持って車を降り、
弟と手をつないで、電気屋さんに向かいます。

扉を開けて階段を上り、靴を履き替えて、レッスンのお部屋に入ると
いつもの場所のエレクトーンに兄弟で座って、先生の来るのを待ちます。
もう一人の兄弟ともコミュニケーションとりながら、私はお母さんと
お話したりして。

そして、先生がやってきて、ごあいさつ。
親子で、兄弟で、一緒に楽しい時間を過ごします。

人数も少ないので、アットホームであたたかーい空間でしたよ(^^)

おまけのエピソード

11月に始まったヤマハ音楽教室。この時、北海道の北の方に住んでいたので、
すぐに冬が訪れました。
ここでちょっぴり、冬ならではのエピソードを・・・

それは2月のある寒い日。
この年は例年にないくらい、降雪量の多い年でした。
長男を保育所に迎えに行くため、次男と車に乗りましたが、雪が降ってきてイヤな予感が・・・

海沿いの道に出て少し走っていると、雪が大降りになってきて、前が見えないくらいに!!
道路わきの矢印を頼りに、慎重に運転してなんとか保育所につきました。

そして長男を乗せて再び戻ることになるのですが、
大降りの雪は変わらず、本当にゆっくり車を走らせていると、前と対向車線に
車が止まっていたので、私も車を止めました。
どうやら吹雪のため視界が悪く、道路わきに突っ込んでしまったようでした。

しばらくしても動かない。
視界が悪いので、追い越していくこともできず、待つこと十数分・・・。
後ろにも車が追いついてきて、止まったまま状況もわからず、途方にくれました(><)

と、そこへ消防車がやってきて、私の前に止まっていた車の、すぐ後ろに停車しました。
(前の車とは車間距離をとっていたので)

その後、パトカーも対向車線の方からやってきて、なにやら消防の人と話している様子。
でも吹雪なのでどういう話になっているのかまったくわかりません。

そしてまたしばらくして、消防の人が私のところへ来たので窓を開けました。
すると、「消防車の後について進んで行って!」と一言。
進もうとすると、消防車が止まってしまい・・・???状態でいたところに
今度は警察官が、「そのまま行ってください!」と。。

よくわからないけれど、そのまま進み、慎重に走って行くうちに、なんとか
ひどい場所を抜け出したようで、前が見えるようになりました。ホッ。

そして、そのままヤマハの教室へ、やっとのことでたどり着きました~~~。

そんな状況だったので、連絡もできずにいましたが、保育所に迎えに行ったのが
結構早かったので、遅刻したのも10分程度でした。
先生も、もう一人の方も心配してくれて、帰る時に「また雪がひどくなって、運転が
大変なようだったら、うちで休んで行って」と言ってくれました。

幸い、お迎えの時のようにひどくならず、家に帰ることができましたが、
いまだに忘れられない、ある冬のエピソードです。

前の記事 『体験レッスンの様子』← 「初回レッスンへ」 →次の記事 『下の子と一緒のレッスン』

ヤマハ体験談(入会前のこと):体験レッスンの様子

管理人と、その子どもたちが通っているヤマハ音楽教室。
通う前や実際に通ってからのことなど、体験談として書いていきたいと思います。

また、自分が知りたいことなどがあったら色々調べたりしますので、
その調べたことをまとめたり、見つけた口コミなどを書き留めておきますね。


ここでは、「入会前のこと」を思い出して書いています。

体験レッスンの様子

講師の先生が入室して、まずはあいさつです。

担当の方が言っていたように、力量のありそうな雰囲気がありました。
落ち着いていて、声の通りが良くて、子どもの気持ちを乗せるのが上手そう。
そして、大きい子どもにはビシッとした指導もできそう。

そして、体験レッスンが始まりました。
かなり前のことで、詳しく何をしたかは覚えていないのですが、
確か、まず歌をうたったんだったと思います。

体験用のテキストを使ってレッスンしました。

せんせいの身振り手振りを真似して、こどもたちも身体を動かしたり、
親と一緒に手をつないで、曲に合わせて動いたり、
タンバリンや鈴を持たせてくれたり、鍵盤にも少し触ったような(?)
体験中は長男ももう一人のお友達も楽しそうにしていました。

そして、お互いの弟たちも、母親に抱っこされながら一緒に楽しんでいました^^

あっと言う間に体験レッスンは終わり、あいさつ後、講師の先生は退室し
また担当の方が入ってきました。
入会に関して、うちももう一方も「考え中」なので、「また後日ご連絡します」
とのことで、解散となりました。

帰り際に、相手の方とちょっとお話をして、お互いに入会を決めた時には
またお会いしましょうという感じでさよならしました。

体験後の感想

体験レッスンを終えて、車に乗ってまず、長男に「どうだった?」と聞くと、
「おもしろかった(^^)/♪」

まあ、この時期の長男は、どこがどうおもしろかったと詳しく説明してくれる表現力が
なかったと思いますが、とにかく楽しんでいたのは確かですね^^

「また来てみたい?」の問いには「また来たい」と。
「ヤマハ、入りたい?そうなると、だいたい週に一日は保育所がお昼帰りになって
お昼寝なしでヤマハに通うことになるよ。」
「入りたい!」

とうことで、本人は乗り気のようでした。
私はと言うと・・・・

楽しかったです♪

それで、夫が帰ってきてから、体験レッスンの様子と、長男の言葉を報告。
夫も特に反対はしていなかったので、「じゃあ入会でいいね」となりました。

そして、2,3日後かな?担当の方から電話があり、入会することを伝えました。
それから入会申込書などの書類を、確か自宅まで(遠い中・・・)届けて
くれたんだったと思います。

それを記入して、レッスンの初日に持参するということで。
記入の日付を見ると、10月31日付で書類を書いていました。
その後、講師の先生からも、長男に向けてのはがきが届きました。↓

前の記事 『体験レッスンへ』← 「体験レッスンの様子」 →次の記事 『初回レッスンへ』

ヤマハ体験談(入会前のこと):体験レッスンへ

管理人と、その子どもたちが通っているヤマハ音楽教室。
通う前や実際に通ってからのことなど、体験談として書いていきたいと思います。

また、自分が知りたいことなどがあったら色々調べたりしますので、
その調べたことをまとめたり、見つけた口コミなどを書き留めておきますね。


ここでは、「入会前のこと」を思い出して書いています。

ヤマハ音楽教室の体験レッスンの申し込み

体験レッスンの申し込みは、その頃にまた入ってきたチラシを見て電話しました。

↓そのチラシ。上部分は、裏が申し込み書だったので、切り取られています(^^;)

ヤマハやカワイの音楽教室って、直営店と楽器店があるんですよね。
今現在は直営店の教室なのですが、初めて通った教室は楽器店でした。
(直営店と楽器店の2種類があるということは、最近までほとんど考えたこともなく
違いも全然知りませんでしたが・・・)

で、初めて通ったところは楽器店の方の教室でした。
と言っても、1時間ちょっと離れた町の小さな楽器店です。そこへ行けばもちろん
楽器が売られていますけれど、私が通うことになるだろう教室は、小さな電気屋さんの
2階に入っていました。
そこには普段は誰もいないようで、申し込みの電話は、その離れた町の楽器店の番号と
なっていました。

チラシを確認すると、体験レッスンは既に一回終わっているようでしたが、もう一回の方には
まだ間に合います。それで、電話を入れて体験レッスンの予約をしました。
日にちは10月23日。

その頃、2歳になったばかりの第二子(次男)がいて、一緒に連れて行っても大丈夫かどうか
聞いてみたら、体験に申し込んでいるのはもう一人いるのですが、その方も下の子を連れて
来るとのことで、全然大丈夫とのことでした。

ヤマ体験レッスンへGO!

そうして10月23日。
平日なので長男は保育所へ行き、お昼に迎えに行ってそのまま体験会場に向かいます。

会場は小さな電気屋さんの2階ですが、入口は別になっていて、入るとすぐ階段。
そこを上がって行くと教室がありました。
既にもう一人の方が来ていて、男の子を二人連れています。年齢構成もうちと同じ。
弟くんの方がスリッパを用意してくれました(^^)

そして、離れた町の楽器店から来ていた担当の男性が来て、レッスン室に入ってから
資料をくれて少し説明がありました。

レッスン期間や回数、入会金、レッスン料、教材費などの説明の後、「このクラスが
開講された場合、担当する講師の先生は人気が高くて、なかなか希望しても
受けられないんですよ」とのことでした。

私は教室の違いなんかもよくわかっていなかったので、講師の違いも考えたことが
なかったのですが、もう一人の体験の方が、「実は小学生のお姉ちゃんがいて
ヤマハに通っているのだけど、この先生に教わりたかった」と教えてくれました。
小さい頃はあんまり意識しないかもしれないけれど、鍵盤を弾くようになったら
講師の力量も、子どもの上達にかなり影響するものなんだな・・・と思いましたね。

そして時間となり、講師の先生が来られました。

ヤマハ体験談(入会前のこと):資料請求をした

管理人と、その子どもたちが通っているヤマハ音楽教室。
通う前や実際に通ってからのことなど、体験談として書いていきたいと思います。

また、自分が知りたいことなどがあったら色々調べたりしますので、
その調べたことをまとめたり、見つけた口コミなどを書き留めておきますね。


ここでは、「入会前のこと」を思い出して書いています。

ヤマハ音楽教室の資料を申し込む

ママ友にヤマハの話を聞く前に、確か資料請求だけはしていたような気がします。
ヤマハのサイトから簡単に請求ができたんです。

まったく勝手のわからない教室に電話して聞く・・・とかいうのは苦手な私なので
ネットで請求できるのは助かりました(笑)

今確認してみても、欲しいコースの資料にチェックして、住所・名前・メールアドレスを
記入して送信すればOKなので、ほんとに気軽に請求できますよね(^^)
こどもの名前や生年月日、電話番号の記入欄もありますが、こちらは必須項目ではないですしね。
ヤマハ音楽教室の資料請求ページ

そうして資料が送られてきました。
資料を申し込んだコースは、3歳児向けの「おんがくなかよしコース」の他、
一応「赤りんごコース」(2歳児)と「幼児科」(4、5歳)も。
数年前のものですが、残してあったので写真に撮ってみました↓


これを読んで、やはり音楽教育いいな~と思いました(^▽^)/

で、実際にママ友のお子さんが喜んでいる・・・・・・
となると、かなり気持ちが傾きますよねぇ~。

こうして、秋開講の体験レッスンに申し込むことになります。

そういえば、あの頃はまだ「おともだち紹介キャンペーン」の時期じゃなかったのかなあ。
ママ友に「体験に申し込んでみようと思う」と話した時、特に紹介のことは
出なかったんですよね。

今考えたら、紹介してもらったら、お友達にちょっとした特典があったんだよなー。
(紹介してもらった方は、シールブックとかがもらえたりする。)

ヤマハ体験談(入会前のこと):音楽教室が気になりだした頃

管理人と、その子どもたちが通っているヤマハ音楽教室。
通う前や実際に通ってからのことなど、体験談として書いていきたいと思います。

また、自分が知りたいことなどがあったら色々調べたりしますので、
その調べたことをまとめたり、見つけた口コミなどを書き留めておきますね。


ここでは、「入会前のこと」を思い出して書いています。

初めは漠然と・・・

「音楽教室ってどうかな?」と漠然と考え始めたのは、第一子である長男が
3歳になる前のことでした。

自分に子どもが生まれてから、「幼児教育」にそれなりに興味があったので、
いつか習い事をすることになるかもとは思っていました。
でも、住んでいたのがとても田舎だったので、周りものんびりした感じだったし、
実際におけいこ教室なんかもあまりないようだったし、一生懸命に探したわけでは
なかったんです。

幼児教育といえば、通信教育の資料なんかは結構請求したりしてました!
特に子ども向けの英語教育教材。
こちらは、「耳を作るには早く始めた方が良い」って、よく言われますよね。

音楽に関しても“耳”は重要だし、新聞に載っていたりする“ピアノのコンクールに
入賞した人”の記事なんかには、「3歳からピアノを習っていて・・・」と
紹介されていたりするので、早いうちに始める方がいいのかも、と思ったりしました。

まあ、自分がそれ程熱心に音楽を勉強したことがなかったし、
自分の子どもに”音楽家になって欲しい”という願望はまったくないのですが
(男の子だし、ピアノ講師という選択もほぼないだろうし)、
何となく早い方がいい気がしちゃいますよね。f(^▽^)

開講時期には、新聞の折り込み広告に「ヤマハ音楽教室生徒募集」のチラシが
入るのですが、それが気になって、一応とっておいていました。

お友達の家で・・・

そんな頃、隣町に住むママ友から、「春からヤマハに通い始めたんだ~」と
聞かされました。
私の住む町はかなり小さくて、幼稚園がないので代わりにみんな保育園に通います。
習い事をする場所もないに等しいところでした。

そのママ友の家には、幼稚園に通う年中さんの男の子がいて、うちの長男よりも
1学年上でした。
で、確か私の方からチラッと、「ヤマハやカワイってどうなのかな?周りに通っている子いる?」
と聞いたんだったかな(?)
その子の通う幼稚園では、何人かヤマハに行っている子はいたけれど、
カワイの方は情報がなかったみたい。
ヤマハに通ってからは、幼児科のDVDを喜んでみていたり、楽しくレッスンに
通っているとのこと。

その後、たまたま遊びに行く機会があった時に、そのDVDを見せてくれたんですが、
ものすごく簡単なはずの曲が、とっても楽しい音楽になっている!!
と、衝撃を受けました(笑)

右手で「ド、ド、ド」と3回弾くのを繰り返すだけの曲なんですよ。
それが楽しい映像と音楽。それに合わせて「ド、ド、ド」と弾く。

私も一応ピアノを習ったことがありましたけれど、個人レッスンで
「こどものバイエル」を使ってのレッスンでした。
ピアノの前でひたすら「ドレ、ドレ、ドレ、ドレ、ド」なんて弾いてたことを
覚えています。特に楽しいと思っていなかったと思います(^^;)

ヤマハってこういう感じなんだ~と、その時「さすがだなあ。」と思いました。

この時は、肝心の長男は保育園に通っていて、第二子(1歳)を連れて遊びに行ったので、
長男本人の反応は見れません。それで、「そのうち体験だけでも行ってみようかな~」
という気になりました。