ヤマハ体験談(入会後のこと):きょうだいが病気の時

管理人と、その子どもたちが通っているヤマハ音楽教室。
通う前や実際に通ってからのことなど、体験談として書いていきたいと思います。

また、自分が知りたいことなどがあったら色々調べたりしますので、
その調べたことをまとめたり、見つけた口コミなどを書き留めておきますね。


ここでは、「きょうだいが病気の時」を思い出して書いています。

きょうだいが病気の時

本人が病気の時は、もちろんお休みすることになりますよね。
きょうだいがいた場合、そのきょうだいが病気の場合は、病気によって対応も
変わりますね。

うちの例でお話ししてみたいと思います。

うちは3人子どもがいるので、本人以外のきょうだいが病気になることも多いです。
今まで、風邪、水ぼうそう、溶連菌感染症、喘息などがありましたが、
やはり移る病気の場合は慎重になります。

本人の症状が出ていない場合、(きょうだいが)風邪程度であれば行っても
いいかなと思いますが、インフルエンザや水ぼうそう、溶連菌などの感染症は
潜伏期間が長いものは移っていてもわからないし、もし他の子に移ってしまうと
学校や幼稚園・保育園は出席停止になってしまうし、みんなに迷惑をかけて
しまいますもんね(><)

ということで、次男が水ぼうそうと溶連菌にかかった時には、長男もヤマハは
休ませました。水ぼうそうの時は、すぐに長男にも症状がでたので
休ませて正解でした。溶連菌は結局移らなかったのですが、
メンバーの中には下の子(赤ちゃん)を連れてきたりする方もいるので、
やはり移ったら怖いですもんね。

次男が喘息の時は、移りませんので、本人は行かせます。
でも、私が看病することになるので、付き添いができません。

そんな時は・・・・・・父親の出番です(^^)
(うちは土曜クラスなので可能なのですが)
どうしても都合のつかない時は、休ませることになりますけれどね。

前の記事 『転勤&里帰り先でのレッスン』← 「きょうだいが病気の時」 →次の記事 『父親の付き添い』