個人レッスンのようでした。(幼児科)

2013年3月 第3週のレッスン

次男の幼児科、久々に下の子を連れて行かなければならなかったので
他の方に迷惑にならないように、お部屋から出なくてはならなく
なるかな~と、ちょっと心配していたのですが、この日は
他のメンバーがお休みのため、うちだけのレッスンとなりました。

一人でも前に出て、ピアノに合わせて歌ったり、先生の振り付けを
真似しながら歌ったり、ホワイトボードで音符の勉強をしたり、
エレクトーンで演奏したりと、流れはいつもとそう変わりはないですが、
演奏はじっくり見てもらえましたね。

宿題では、片手で弾くとなっていたところで、次男が
「(家で)両手で弾いてみた」と言えば、「弾いてみてもいいよ~」と言って
「おうちでは、曲に合わせてゆっくりは弾けないけれど、
ヤマハではできるから、やってみようか^^」と、
エレクトーンを操作して、ゆーっくり演奏が流れるようにして、
両手弾きをさせてくれました。

今回は、そういう部分が嬉しかったみたいです(^^)

途中、ドアのガラス越しに、長男のクラスのメンバーの
お母さんと下のお子さんが入ってきたのが見えました。
うちの三番目がその子を見つけて、遊びに行きたがったので、
ちょっとのつもりで席を外し、ロビーへ。
お母さんとお話をしているうちに、次男がドアから出てきました。

どうやら、個人レッスンのように30分設定で見てくれたようです。
(実際には30分以上みてくれていましたけれど。)
始まる前に「おなかすいた~」「眠くなってきた~」と言っていた
次男だったので、(レッスンが始ってからはきちんとやっていましたが)
1人で60分だったら疲れ切っちゃうかも?と思っていたので、良かったです^^

後から、一人で受けていた次男をほめながら、「ひとりでレッスンするのと、
みんなでレッスンするの、どっちがいいと思った?」と聞いてみたら、
「みんなでする方」と言っていました。

実は・・・

先生から、他のメンバーについて、「(メンバーの)ご家庭の事情などもあって、
今後、お休みする回数が増えるかもしれません。」と言われました。
今回のように、個人レッスンになっちゃうこともあるかもということで・・・

(真剣に考えているわけではないけれど)チラッと、個人レッスンの方が
いいのかな・・・?と思ってしまったり。。
グループレッスンの良いところは、アンサンブルができたり、刺激しあったり
できるところかな~と思います。

長男のクラスは、子どもたちのやる気などもわりとバランスのとれた
メンバー構成だと思うのですが、
次男のクラスの場合は、ヤマハのレッスンより優先しなければならない
事情などがあったりして、これまでもお休み率が高かったんです。

今のクラスで、もしジュニア科に進んだ時に、アンサンブルが楽しめるかというと、
う~ん・・・と思ってしまうことがあります。

うちは決して、熱心に練習しているわけではないのだけれど、
やはり、お休みが何回もあると、進み方が変わってしまいますよね。
先生も、進度を合わせるのに配慮しているんだろうな、と思います。

まあ、それでも、うちはバリバリ弾いてほしいとか、進めてほしいとか
思っているわけではないので、本人が、「みんなと一緒がいい」と言うなら
この教室で続けられるところまで、グループレッスンで行くと思いますけれどね。
(他のメンバーが辞めてしまったり、うちが転勤になったりしたら
変わらざるを得ないので。)

メンバーのお母さんとの会話も、楽しみのひとつでもありますしね(^^)