ヤマハ体験談(入会後のこと):下の子と一緒のレッスン

管理人と、その子どもたちが通っているヤマハ音楽教室。
通う前や実際に通ってからのことなど、体験談として書いていきたいと思います。

また、自分が知りたいことなどがあったら色々調べたりしますので、
その調べたことをまとめたり、見つけた口コミなどを書き留めておきますね。


ここでは、「下の子と一緒のレッスン」を思い出して書いています。

下の子と一緒のレッスン

ヤマハの赤りんごコース(2歳児対象)、おんがくなかよしコース(3歳児対象)や、
幼児科(4,5歳児対象)は、ちょうど年齢的に、下の子が生まれたり、まだ小さい時期
だったりする家庭が多かったりします。
レッスンは保護者同伴なので、下の子を預けられない場合は一緒に連れてくることに
なりますね。

これまで、転勤や里帰り出産のため、3か所の教室を経験しましたが、いずれの教室でも
下の子を連れて通ってくる子がいましたし、うちもそうでした。
3か所の教室を、順番にAクラスBクラスCクラスとして話を進めますね。

下の子を連れていくこと自体は、多分、どの教室でもめったにダメとは言わないの
でしょうね。もしかしたら、熱心なクラスですと遠慮した方がいいところもあるの
かもしれませんが・・。

まずはAクラスの時のこと。
私が入会時に講師の先生に確認した時には、付き添いがお母さんばかりだった
場合に、レッスン中に授乳する方もいますよ。ということでした。
(人前での授乳に関しては、賛否あるでしょうが、ここでは置いといて。)
あと、もしもぐずってしまって、下の子を連れて退室する場合には、一人でも
大丈夫なように配慮しますと言ってくれていました。

うちのケースで言えば、まずは長男のおんがくなかよしコースの時は、
次男と一緒に通っていましたが、あまり歩き回ることもなく、
騒がないタイプだったので、それ程困ることはありませんでした。

長男と一緒にエレクトーンの椅子に座りたいとか、タンバリンを持ちたいと
ちょっと主張することはありましたが、同時にもう一人の弟くんも同じ感じなので
先生がタンバリンの代わりに鈴を持たせてくれたりしたので、うちの次男も
もう一人の方の弟くんも、自分たちもレッスンを受けているかのごとく
楽しんでいました。

クラスには他にメンバーがいなかったので、あんまり気遣いせずとも
問題ありませんでしたね。

その後、転勤で変わったBクラス。おんがくなかよしコースの終わりの1か月
だけの在籍でしたので、特に問題ありませんでした(^^)

そして、5月から幼児科に進級。初めの2カ月ほどは別の町の教室の
Cクラスに移動して、幼児科が始まりました。
出産のため里帰りをしたので。

そこでは、一人のお母さんが小さな赤ちゃんを抱っこ紐に入れて連れてきていました。
良く泣いてはいましたが、まだ小さな泣き声なのでそれほど気になる感じではなかったの
ですが、そのお母さんが赤ちゃんを連れて教室から出て行った時に、レッスンを受けている
お姉ちゃんが追いかけて出て行ってしまったりするのが(お母さんが)大変そうでした。

幼児科が始まったばかりだったので、そういう光景も良くあるのでしょうね。
まだレッスンの進み具合も遅いので、先生は連れ戻したりせず、
「お母さんと一緒に行ってきてもいいよ^^」として、戻ってきた時に進んだ分の
フォローをしていました。

里帰りから帰って、またBクラスに戻りましたが、しばらくうちだけ下の子を連れていく
期間が長かったです。迷惑もかけただろうな~(^^;)と思いますが、
先生も、メンバーのお母さん方もやさしくて、私が退室した時も上の子のフォローを
してくれました。

このBクラスに戻った頃のお話は、次回に書きますね~☆

前の記事 『初回レッスンへ』← 「下の子と一緒のレッスン」 →次の記事 『妊娠中・出産時のレッスン』