レッスンに関するQ&A

子どもとヤマハで音楽生活を楽しんでいますが、色々とわからないことや疑問が出てくることも
あります。その都度、自分で調べたり教えてもらったりして情報を得ていますが、いつかまた
同じような疑問を感じたり、解決したことが参考になったりするかもしれません。
また、ネット等で見つけた他の方の疑問やそれに対する答えなども、このサイトを訪れる方の
問題解決の手助けにもなるかもしれませんので、こちらにQ&A形式で記録しておきたいと思います。

こちらのページでは「レッスンに関するQ&A」をまとめます。

Q.レッスンで身につくレベルってどのくらい?

.幼児科在籍中ですが、レッスンの進みが遅いのが気になっています。
子どもはお友達と一緒だし、楽しいと言っているのでこのまま続けるつもりではいるのですが、
幼児科またはジュニア科修了時にはどの程度の実力が付くものなのでしょうか?
他のレッスンでの教本で言うとどのくらいなんでしょう?

.個人差のあるものなので一概には言えませんが、自分の周囲での話で
言えば、ジュニア科で練習はそこそこやり、楽しく通っていた普通レベルだろうと思われる子で、
ジュニア修了後に上級に進み、個人レッスンを併用した時に使い始めたのは、
ブルグミュラー25の練習曲でした。

また、別の例ですが、幼児科を修了して5月から専門コースにに上がった時に個人との併用レッスンに
したところ、年明けの発表会ではブルグミュラー25の「せきれい」を弾きました。
ヤマハでも個人レッスンを併用すれば、結構弾けるようになるものですが、グループレッスンのみだと
やはり進度は遅いですよね。グループレッスンだけでは物足りないと感じて、個人を併用する方も
結構周りにはいましたね。アンサンブルの楽しさとか他の子の音を聞いたりするするので耳が育つなど、
グループでの良い点ももちろんありますので、どちらが良いかは目指すところによりますね。

参考までに、ヤマハのサイトには「グレードからみた主なピアノ教材・曲集(一般)」というものが
あります。グレードに対応している曲ということですので、そのグレードがあれば必ず弾けるという
訳ではありませんが、目安として見てみると良いかと思います。

ヤマハは「音楽教室」なので、音楽を学んでいく基本姿勢を身につけるのが幼児科あたりの
位置づけなのかなと思います。ピアノの演奏技術を上達させたいのでしたら、個人で習った方が
早いですね。

発表会に関するQ&A

子どもとヤマハで音楽生活を楽しんでいますが、色々とわからないことや疑問が出てくることも
あります。その都度、自分で調べたり教えてもらったりして情報を得ていますが、いつかまた
同じような疑問を感じたり、解決したことが参考になったりするかもしれません。
また、ネット等で見つけた他の方の疑問やそれに対する答えなども、このサイトを訪れる方の
問題解決の手助けにもなるかもしれませんので、こちらにQ&A形式で記録しておきたいと思います。

こちらのページでは「発表会に関するQ&A」をまとめます。

Q.発表会の日の親の服装は?

.発表会の日の親の服装はどんな感じなのでしょうか?

.地域などによっても違いがあるようです。できれば同じ教室の、発表会の経験のある
先輩お母さんに聞いてみるか、直接講師の先生や受け付けの方に聞いてみても良いと思いますよ

●子どもは服装が指定されています。親はいたって普通の服装。ちょっとおしゃれ程度です。
 スーツの方はいませんね。
●うちの方は、スーツやジャケット着用だったり、ワンピース+ボレロだったり、結構きちんと
 した格好をされる方が多いです。
●スーツだと浮くかもしれません。普通の服装の方ばかりです。
●地域性かもしれませんが、スーツは一人もいません。普段着ばかりで、ジーンズでもOKです。
●こちらの周囲にはスーツやおしゃれなワンピースの方が多いです。
●裏方で走り回るので(髪のセット・ドレスを着せる・ビデオ撮影など)、動きやすい
 ジーンズです。楽器店で雰囲気は違うのでしょうね。
●皆それぞれです。私はジーンズははきませんが、そのような方もいらっしゃいます。
●ジーンズの方はいませんでしたね。私はワンピースを着用しました。おしゃれ目の方が
 多かったですよ。
●ヤマハはカジュアルだなと思いました。自分はカジュアルはどうかと思う方なので
 学校の授業参観に行くようなスタイルです。
●大きいホールの時はきちんとした感じが多く、小さめのホールの時はラフな格好が多かったです。
●さすがにジーンズの方はいませんでしたが、ちょっとおしゃれ目の普段着の方が多いです。

グレードに関するQ&A

子どもとヤマハで音楽生活を楽しんでいますが、色々とわからないことや疑問が出てくることも
あります。その都度、自分で調べたり教えてもらったりして情報を得ていますが、いつかまた
同じような疑問を感じたり、解決したことが参考になったりするかもしれません。
また、ネット等で見つけた他の方の疑問やそれに対する答えなども、このサイトを訪れる方の
問題解決の手助けにもなるかもしれませんので、こちらにQ&A形式で記録しておきたいと思います。

こちらのページでは「グレードに関するQ&A」をまとめます。

Q.グレードを取る意味合いは?将来は役に立つのでしょうか。

.ジュニア上級科に通う子どもがいます。ジュニア科修了時に、
勧められるままにグレードを受けましたが、本人は緊張するので次回は受けたくないと
言います。グレードを取ることで将来的に何か役に立つものでしょうか?

.将来に役に立つかという点では、役立つこともありますが、それは
ヤマハの講師になったり、自宅でピアノ教室を開く際にヤマハの看板をあげられるといった
ところだと思います。といっても、講師になるには指導者グレードというものが必要に
なります。今は演奏者グレードですよね。指導者グレードというのはヤマハの教室に
通っていなくても受けられるし、合格してからの有効期限もあるようなので、講師を
目指すことにしてから受けるのでもいいかもしれません。

演奏者グレードでも、6級以上ですと高校受験などの際に特技としてアピールできる
場合や、一部の大学で実技試験が免除される場合もあるらしいですね。
でも一般的には、○級のグレードを持っていると言っても他の人にはどのくらい
すごいかわからないし、ヤマハ内でだけ通用するようなものだと思っていいと思います。

ですので、資格試験のようには思わずに、自分の力量を知るための手段というような
位置づけで考えるのが良いかなと思いますね。
スイミングやスキーの級のような感じですかね。○級だとどんなことができるか
(○級はクロールが泳げる、○級だとバタフライが泳げるだとか、スキーだと○級はボーゲンが
できるなど)

グレードもひとつの目標として、それに向かって頑張る気持ちになったり、○級までは
続けようと思ったりできるのではないでしょうか。
将来的な部分よりも、そんな意味合いが強いのだと私は捉えています。

子どもに関するQ&A

子どもとヤマハで音楽生活を楽しんでいますが、色々とわからないことや疑問が出てくることも
あります。その都度、自分で調べたり教えてもらったりして情報を得ていますが、いつかまた
同じような疑問を感じたり、解決したことが参考になったりするかもしれません。
また、ネット等で見つけた他の方の疑問やそれに対する答えなども、このサイトを訪れる方の
問題解決の手助けにもなるかもしれませんので、こちらにQ&A形式で記録しておきたいと思います。

こちらのページでは「子どもに関するQ&A」をまとめます。

Q.5歳の子どもですが練習をしません。

.ヤマハの幼児科に通っている5歳の子がいます。レッスンは好きで
いつも喜んで通っていますが、家では自分からは全く練習をしません。あまりに練習をしないので
いつも怒ってしまうのですが、どうしたら自分からするようになるでしょうか?

.幼児科でしたら、まだ自分から進んで練習をするお子さんの方が少ない
のではないかと思いますよ。小さいうちは親が関わらなければならないですが、怒られながら
ということが続いてしまうと、音楽が楽しいという気持ちもしぼんでしまうかもしれません。
弾くことは好きでも、「やらなければならない」という義務感が嫌だったという思い出話も
良く聞かれます。まだ「練習すればうまくなる」ということを本人が実感することも少ない
年齢ですし、自分からやろうと思う動機としては弱いかもしれません。

でも、続けていくうちに、グループの中で弾けないと迷惑をかけてしまうとか、練習は面倒
だけどうまくなったとか、アンサンブルの楽しさに目覚めたとか、本人が実感する時がきたら
自ら鍵盤に向かうようになる可能性も高いです。

特に上を目指す(将来はピアノニストに・・・とか)ということでなければ、幼児科のうちは
楽しく続けていくことを重視して、家での練習は「やらせなくては!」と思わず、「一緒に
やってみよう」くらいのスタンスでいると、親御さんも気持ちが楽になるのではないでしょうか。

ただ、練習も習慣にしてしまうと後々楽なところはあります。なので、1日5分でもいいので
声かけをして毎日続けられるといいですよね。

幼児科は鍵盤を弾くことだけが練習でもないですから。親子で一緒に歌ってみる、歌わずとも
CDをかけるだけでもいいし、お母さんが鍵盤を弾いてわざと間違えてみる・・・すると
教えててくれようとして弾く子も。できた時、弾いた時はたくさん誉めてあげると、練習も
楽しいと思えるようになるかもしれません。(だからといって、自分から練習をすることを
期待せず、声かけは続けるつもりでいてくださいね^^)

講師に関するQ&A

子どもとヤマハで音楽生活を楽しんでいますが、色々とわからないことや疑問が出てくることも
あります。その都度、自分で調べたり教えてもらったりして情報を得ていますが、いつかまた
同じような疑問を感じたり、解決したことが参考になったりするかもしれません。
また、ネット等で見つけた他の方の疑問やそれに対する答えなども、このサイトを訪れる方の
問題解決の手助けにもなるかもしれませんので、こちらにQ&A形式で記録しておきたいと思います。

こちらのページでは「講師に関するQ&A」をまとめます。

Q.講師のネイルについて

.過去にピアノの講師をしていたことがあります。その時は
マニキュアをしてピアノを弾くことは非常識とも思っていました。現在、ネイルをして
教えている先生がいまして、とても気になっています。下地の色は派手ではありませんが、
飾りがキラキラしている場合も・・・。
自分の考えが古いだけで、今はピアノ講師のネイルもおしゃれの一つとして受け入れられて
いるのでしょうか?

.ピアノを習われたことのない方や、ピアノに詳しくない保護者の方
などは、派手でなければ気にならないという方もいらっしゃいます。
でも、それなりにピアノに親しんだことのある方なら、ピアノを弾く時にネイルなどは
しないし、自分の子どもの先生にもして欲しくないと思われる方が多いのではと思います。

そして、詳しい方なら、マニキュアやネイルが良くないということも知っているでしょう。
ピアノの弾き方には、爪で弾くグリッサンドという弾き方があります。
マニキュアが剥がれて鍵盤を汚したり、細かく剥がれたものが鍵盤の間に入り込んでしまって
ピアノを傷めてしまうかもしれません。

また、ピアノを弾く人は指先の感覚を大事にします。いくら薄くであっても爪に何かを塗ると
重みでタッチが違ってきてしまうという方もいます。
そのようなことを知っていてネイルをしているのか、知らずにしているのか。

知らずにしている方も多分にいらっしゃるかもしれませんが、
爪の保護のために、やむを得ずネイルをしているという方もなかには
いらっしゃいました。

追記(2014.4.24)
※講師の方から、メッセージをいただきましたので、
回答を少し変えさせていただきました。

爪が弱く、ネイル等で保護をしなければならない場合もあるそうです。
できるだけ目立たないように透明なものを選ぼうとしても、
最近のネイルはキラキラするものも多く、目立たないものを選ぶのに
苦労されているとのことでした。

貴重なご意見ありがとうございます。