ヤマハ体験談(入会後のこと):転勤&里帰り先でのレッスン

管理人と、その子どもたちが通っているヤマハ音楽教室。
通う前や実際に通ってからのことなど、体験談として書いていきたいと思います。

また、自分が知りたいことなどがあったら色々調べたりしますので、
その調べたことをまとめたり、見つけた口コミなどを書き留めておきますね。


ここでは、「転勤&里帰り先でのレッスン」を思い出して書いています。

里帰り先でのレッスン

前回(妊娠・出産時のレッスン)、前々回(下の子と一緒にレッスン)の記事にも、
里帰りしていた時の話を書いてますので、別の点についても書いてみますね。
A,B,Cと3つのクラスが出てくるので、ちょっとややこしいですかね(^^;)

転勤してBクラスに移動した時は4月でしたが、その前から既に里帰りの時期や
場所がわかっていました。ですので、転勤が決まったと同時にAクラスの先生に
相談してありました。

転勤でクラスが変わって、更に一時的ですがクラスを変更することになります。
でも「里帰り中に別のクラスに一時変更することは可能ですよ」と
あらかじめ教えてもらっていたので、安心してヤマハを続けることができたんです♪

そして、転勤後のBクラスの方には、その事情がきちんと伝わっていたし、私も
直接話をしたので、すぐに里帰り中に通える教室の一覧を渡してくれて、
希望の場所に一時移動の手続きをしてくれることになりました。

里帰り先の町は、結構大きなところなので、ヤマハの教室はたくさんありました。
その中で、通える範囲で考えると3,4か所ありましたが、歩いて行けるほどの
場所ではなかったので、実家の両親にも相談して、車での送迎をお願いしました。
あと、私が連れて行ける状況ではない場合には、私の母に付き添いをしてもらうことを
頼んでおいたんです。

希望の教室を選んだ後、移動先のC教室から直接連絡がありました。
幼児科の1年目で通えるのは、おんがくなかよしコースからの持ちあがりが1クラスと、
新しく開講されるコースが1クラスあり、曜日と時間を知らされて
「どちらにしますか?」と聞かれました。
持ち上がりクラスは女の子ばかり5人ほど。新開講クラスには男の子もいますよとの情報も。

結局、もしも母に付き添ってもらうことを考えると、持ち上がりクラスの曜日と時間の方が
都合が良かったので、そちらに決定しました。

B教室からは書類を預かって、C教室に初めて通う時に持って行き、受付の方に
渡します。レッスン料や施設管理費等もあらかじめ聞かされていたので、
この時一緒に現金で支払いました。

そしてCクラスの初レッスン。クラスのメンバーは持ち上がりですが、先生は変わった
とのこと。この先生もここの教室では結構力のある方のようでした。

初めのお約束の中で、「お母さん方にお願いです。レッスン中は絶対に怒らないで
ください。」と。「幼児科は、予習は必要ありません。レッスンしたことをおうちに帰って
復習するのが大事ですので、メモは取ってくださって結構です。
そして、ちょっとくらい弾けなくても怒らないでください。
楽しい気持ちで参加することが重要です。」

という感じのことをおっしゃって、なるほどと思いました^^

この時の先生のお話がインパクトがあって、Bクラスに戻った時に、ちょっととまどった
部分もあったのですけれどね(^^;)

とにかく、教室の雰囲気って、先生によって違いますよね。
今現在のBクラスの先生は、物腰の柔らかい先生です。それはそれでまたいい雰囲気を
出していますよ♪

前の記事 『妊娠中・出産時のレッスン』← 「里帰り先でのレッスン」 →次の記事 『きょうだいが病気の時』