2012年の発表会がありました

発表会までの様子

今年の発表会は少し遅い時期でしたが、昨年はおゆうぎ会と時期が一緒で、子どもへの負担が
少し大きかったので、この時期で良かったです(^^)

昨年はレッスン中にもっと多く発表会の練習をしたようなイメージがあったり、家での練習も
(今年は)気合が入っていなかったように感じてしまうのですが、昨年が忙しかったせいで、
そんな風に記憶をしているのかな・・・?
でも、長男は自分から鍵盤に向かって弾いていることも結構あるので、私が感じるよりは
していたはずです。やっぱり、私が「やりなさい」とそれ程言わなくてもやっていたという
ところが、そう感じる原因なのかも。

次男も、レッスン中にお辞儀の仕方を練習してから、家でも通して練習するのが楽しくて、

歩いてきてイスに座る

曲を弾く

イスから降りて姿勢を正す

礼をする

顔をあげる

回れ右をする

歩いて退場

という流れで、練習していました(^^)

2012年発表会の様子

発表会は2日に分かれていて、今回は1日目の第1部でした。

開場・開演は午後からなので、朝はそんなにあわてて準備をしなくてもいいのですが、
お昼ごはんを少し早めに食べさせたため、あまりおなかもすいていなかったようで
食べる量が少なかったせいか、会場についた頃(家から1時間くらいかかります)
「おなかすいた~」と言っていた子どもたちでした(^^;)

会場について受付を済ませ、少し待ってから子どもたちは歌のリハーサルのため舞台そでへ。
開場時間までは30分くらいあり、親はその間ロビーで待っていなくてはならないのですが、
今年は、夫が下の子(2歳)を連れ出してくれていたので楽でした~♪

リハーサルを終えて戻ってきてからまた少し待ち、ちょうど夫と下の子が戻ってきた頃に
開場となり、みんなホールに入って席に着きます。
子どもたちは決められた席へ座ります。

うちの二人は、幼児科(1年目)・ジュニア科(1年目)なので、本当に最初の方の出番です。
開演してからはあっという間に順番が回ってきます。

まずは次男の演奏。
曲は、「はとどけい」。両手の演奏はバッチリ。・・・ただ、3回弾かなければならないところ、
2回弾いたところで満足してしまったのか、3回目の前に止まってしまいました(^^;)
あれで、スムーズに弾いていたら完璧だったのだけど、演奏自体は家で弾くよりもリズムも
上手にできていたので、頑張ったな~と思いました☆

そして何人かの後、長男の演奏。
曲は、「春を待つウクライナの娘」と「気球にのって出発だ!」。
落ち着いて弾けていました。“ウクライナ”の方は、音が小さくなったところをとっさに
弾き直した部分があったのと、“気球”の方は、左手の和音がちょっと怪しい??という
部分がありましたが、全体的にはまあまあな感じでしょうか(笑)
行きの車の中で、「緊張する」と言っていた割には、落ち着いてできていたので、こちらも
頑張ったね!と思いました(^^)

おともだちもみんな、それぞれに頑張っていました。たくさんのお客さんの前で弾くには
緊張するはずだけど、いい経験だよな~と思います。そして、発表会を経験した後って
また一歩成長する気がしますよね。

幼児科の子は、自分の番が終わったら家の人のいる席に座ってもいいことになっていたのだけど、
戻ってこないでそのまま座っていられました。一度休憩時に戻ってきて、一緒にロビーに出て
おやつを食べさせたけれど、その後もまた自分の席に座っていました。

すべての発表が終わり、全体の写真撮影をして、記念品をいただき解散。
今回は、長男の方のメンバーのお母さんの提案で、みんなからということで花束を用意し、
お世話になっている担任の講師の先生にお渡ししました。
かわいらしくまとまった花束で、先生も喜んでくださり、子どもたちと一緒に写真を
撮りました。いい思い出になります♪
これからもずっとこのメンバーで続けたいけれど、うちも含めて転勤族のメンバーが
いるので、それは難しいんですよね(TT)
それを考えるとさびしくなってしまいます・・・。

そして、夕食の時間になるくらいだったので、家族で食事をしてから家に帰りました。
小上がりのあるお店なので、陰でサッと子どもたちの着替えをさせてもらい、
ゆっくりごはんを食べて、子どもたちの頑張りをねぎらいました(^^)
お疲れ様~♪