広告

2013年の、ヤマハ音楽教室発表会が終わりました☆

今年もヤマハの発表会がありましたが、無事に終了しました☆

毎年、週末2日間の日程で、土曜日は午後の部のみ。
日曜日は午前・午後の二部立てになっています。

自分の出番の部以外は、いかなければならないわでけはありません。
でもきっと、熱心な方は聞きに行くのでしょうし、余裕があったら
行った方が、良い刺激をたくさんもらえるのだろうなと思います。

うちはまだ、3歳の子がいるので、自分たちの出番の時でさえ
落ち着いて聞いていられませんが(^^;)

さて、自分の出番があるのはどちらの日なのかや、
演奏の順番がわかるのは発表会の前々週くらいでした。
プログラムをもらったのは前の週だったかな?

プログラムをもらうと、発表会だな~という実感が出てきます。
もしかして、もう少し前にもらえると子どものやる気もアップして
もっと練習に力が入るのでは?・・と思ったりしますが、変わらないかな?
でもあまり早くもらって、当日持って行くのを忘れてしまっても困りますよね(^^;)

今回、長男も次男も、2日目の午前の部でした。
(三男はまだ赤りんごコースなので、発表会にはでません。)

今まで、午前の部の方が多かったけれど、ちっちゃいの(三男)がいるので、
やっぱり午前で終わる方がありがたいですね~(^^)
お兄ちゃん達の演奏が終わったら、会場から出て過ごすことになるので。
ずっとじっとは座っていられませんから(><)
今年は、お父さんが連れ出してくれ、しばらく図書館で過ごしていたようです。
好きな本を見ながら、おとなしくしていた様子。

長男と次男は、前日までの練習では、
「うーん、当日も何度か間違えちゃうんじゃないかな~?」
といったレベルだったのですが、

本番は・・・

次男は、間違えることなく、落ち着いて弾けていました。
いつも出だしは大きい音を出せるのですが、途中小さくなったり、
テンポが早くなってしまったりしていました。
でも、その部分もちゃんと弾けていて、なかなか良かったです(^^)

長男は、弾き始めの一音がずれたようで、すぐに弾き直していました。
途中、一度間違えてしまいましたが・・・
それでも堂々としていて、練習の時よりもずっと良かったです。
練習の時は、早く終わらせたいのか(?)はじめからテンポが早目でした。
本番は、ちょうどよいテンポではじまり、そのペースを維持していました。
やればできるじゃん!
って、緊張で間違えたというわけではないと思うので、練習不足ですよね。
もっと頑張っていたら、間違えずに弾けたかも?

自分たちの出番が終わっても、結構長いこと待っていなくてはなりません。
最後に、出場者全員で集合し、うたをうたいます。
それが終わって、集合写真を撮り、記念品を受け取ったら解散です。

全て終わったのが13時頃だったので、みんなおなかをすかせていました。
でも、無事終わって、二人ともスッキリしたようないい顔をしていました♪



発表会が終わったら、次は長男は9級グレード対策が、
次男は基礎グレード対策が始まるはずです。

普段のレッスンに加えて、発表会だったりグレード試験だったり、
集中して頑張らなければならないことがあると、
そこでまた少し成長する気がしますね^^

いつの間にか、自分で1曲弾けるようになってました

ジュニア科2年目の、長男のことです。
ヤマハのおんがくなかよしコース(後半)から始めて、幼児科2年⇒ジュニア科2年目と、
約4年続けてきました。

親も子も、「楽しめたらいい」というスタンスで習っているため、熱心に練習をしたり、
専門コースを目指したりということは今の時点ではありません。
でも、弾くことは好きなようで、宿題に出た曲はなかなか練習しないのに(^^;)、
自分の気に入った曲は、自分で勝手に弾いていたりします。

あと、移調が好きで、ひとつの曲を全ての調に変えて弾いてみたりしています。
ジュニア科では、色んな調のスケールとカデンツが出てくるので、その辺から興味を
持ったのかな?

学校などで覚えた曲を、右手で弾き出し、ある程度弾けるようになったら、
左手も和音で伴奏を付けてみたりしていることもあって、その辺は、
「さすがヤマハだな~」と思います(^^)
テキストには、作曲や伴奏付けのコーナーもありますし。

ヤマハの子は、指使いがきちんとできなかったり、楽譜を読めるようになるのが遅いとか、
進みが遅いとか言われたりもしますが、“耳が育つ”と言われますね。
実際、長男は幼児科まで、歌があまり得意ではなく、音を外すことも多かったのですが、
今では音をとるのがかなり上手になりました。

ヤマハや個人教室にはメリット・デメリットがあるものなので、習う目的や本人に
合うかどうかによって選べばいいことですけどね。
ピアノの技術をしっかりつけたいとか、子どもがどんどん色んな曲を弾きたがる、
自分のペースでどんどん進みたいとかだったら、個人のピアノ教室や、ヤマハの中でも
個人レッスンをつけたりしたらいいでしょうね。

うちみたいな考えだったら、ヤマハのグループで楽しくできるのがちょうどいいかも(^^)
そして、自分で好きな曲を見つけて、1曲弾けるようになっていましたから、
それなりに力もついてきているんだな~と思いました。


ちなみに、その曲は「アラベスク」です。
電子ピアノを買った時についてきた楽譜集に載っていて、私も一応弾ける曲だったので、
私が弾いてみた時に興味を持ったようです。

最近、ジュニア科2年目の、4冊目のテキストが届いて、その中にもこの「アラベスク」が
載っていたので、レベル的にもちょうど良かったんだな~と思いました。

発表会用の衣装を準備しました。

長男の学芸会や、次男のおゆうぎ会も終わって、大きなイベントごとも終わり、
周りは落ち着いてきた感じがありますが、うちはまだひとつ、ヤマハの発表会が
残っています!

もう発表する曲は決まっていて、だいたい弾けるようになっているし、
都会とは違って(?)(所属コースとしても)高レベルの演奏技術が
必要とされている訳ではないし・・・緊張感はあんまりなさそうですが(笑)

発表会となると、練習の他に考えなくちゃならないのが、衣装。
女の子はワンピースやドレスなど、種類も色々あるし、男の子よりも
大変かもしれませんね。
レッスン会場によって、発表会の衣装の雰囲気も違ってきますね。
うちの会場は、女の子はやっぱりドレスが多いですね~。
ヘアのアレンジも凝っていたり。

男の子はと言うと、小学生以上はおしゃれな普段着って感じの子が
多いですね。多いって言っても、男の子の人数自体、少ないですが。

幼児科だったら、スーツの子も多くて、うちの次男(幼児科2年目/年長)も、
今年は、卒園式用のスーツを着る予定です。
これは、長男が幼児科2年の時も着たもので、お下がりですけどね。

そして、長男は・・・

長男のクラスのもう一人の男の子は、やはりちょっとおしゃれな普段着に
する予定とのことでした。
そこで、その子と並んだ時にも、次男と並んだ時にもおかしくないように、
定番ですが、ワイシャツとベストを着せることにしました。
ネクタイはしないかもしれません。

ということで、サイズアップした長男のために、新しいものを購入しなくては
ならず、少し大きめの町に買い出しに行きました。
そこの町の子ども服のショップは、あんまりわからないので、
確実にそういった服を置いていそうな、「コムサショップ」に
行ってみましたら、やっぱり考えていたようなアイテムがあったので、
そちらで一式購入しました(^^)

三男もだいぶ大人しく待っていられる様になったので、こういったお店でも
買い物ができるようになり、助かりました~。
ちなみに、ここでは初めてのお買いものだったので、ポイントカードを
作ったのですが、遠方から来たことを知った店員さんが、
飴をたくさん包んで持たせてくれました。「帰りの車の中でどうぞ」と。
コムサの飴はおいしいですね~♪

さてさて、これで服装の心配もなくなり、あとは発表会でミスのないように、
しっかり練習するのみ。です(^^)

追記:コムサの商品、ネットでも買えるのかどうかちょっと調べていたら、
   ネットショップもあるのですね。
   ファイブフォックスのオンラインショップの、「コムサイズム」の、
キッズのページにも載っていました(^^)
ここを見ていたら、長男用の冬のコートが買いたくなりました~☆
   

調べている時に見つけたショップ、女の子のドレスがかわいい~♪
楽天の「子供ドレスのAngel's Closet」というお店です。
発表会&コンクールの衣装のページ」を見ていたら、ワクワクしました。
うち、女の子いないですけどね(^^;)
男の子用もありますが、やっぱり女の子用の衣装のバラエティーの豊富さは、
見ていて楽しいですね~(^^)

久しぶり、下の子連れての付き添い・・・?幼児科2年目

最近、ヤマハの日は、お父さんも一緒に出かけていたので、
幼児科2年目の次男のレッスンの時には、三男の面倒はお父さんが
みてくれていました。

でも、今回、長男の学校関係の行事にお父さんが行ったため、
私が二人を連れていくことに。

三男の赤りんごのレッスンが終わってから、幼児科2年目の
レッスンが始まります。
赤りんごコースも前半の教材は今日でおしまい。次回からは
新しい教材に入ります。前回に続き、今日もノリノリでレッスンを終えた三男。
そのまま、幼児科の付き添いに、私と一緒に入りました。

初めは、新しく買った本を持って行ったので、おとなしく
部屋の後ろの方で、床に本を置いて見ていましたが、
その本も見終わってしまうと、椅子の方に戻ってきました。

ちょうど、次男がピアノの方に集まっていた時だったので、
エレクトーンの椅子に乗り、得意そうな顔。
赤りんごではエレクトーンは使わないからねー。
憧れているんでしょう。

でも、次男が戻ってきたら、一応おとなしく下りたものの、
歩きまわりそうな感じ。
もう一度、本を見ようと誘ってみたら、サッとめくっておしまい(^^;)
そのうち、次男の椅子の下に入り込もうとするので、足を押さえて
引き戻そうとしましたが、そこで声を出し始めてしまいました・・・。

ということで、自主退室です。

おんがくなかよしコースの時は、レッスン中に子どもを一人にしてしまうと
ちょっとかわいそうな場面(親子一緒にするところなど)があったりして、
気になり、なるべく退室しないで持たせるため、もっと色々
絵本や音の鳴らないおもちゃを持ってきたりしていたのですけど、

しばらく付き添いレッスンをしていなかったのもあって、今日は
絵本を1冊しか持っていかなかったのが、失敗でした。。

同じクラスの子の親御さんが、用事で時々その子一人でレッスンを
受けていることがあるのだけど、さすが年長さん。もう一人でも
さびしがったりはせず、しっかりしています。
先生もうまく対応してくれます。

いつもその様子をみているせいか、次男も、今日は「一人で大丈夫!」と
言うので、ほぼ最後まで私はロビーで過ごしていました。

本当は、大人ひとり、子どもひとり、1対1で付き添って、
ゆっくりとレッスンに参加できるのが理想ですけれどね・・・。

来年は、次男もジュニア科に進級予定。
レッスンは子どもだけで受けるようになるので、ちょっとホッとします。
まあ、来年は4歳の三男。もしも付き添いが必要だったとしても、
もうおとなしく本などを読んで待っていたり、ある程度の時間は
ロビーで一人で待っていられるようになるのかもしれないですけれど。

今後もお父さんが一緒に行けない時は、次男のレッスンには連れて行かなければ
ならないので、今度はもっと本を持っていったり、
最近「迷路」が好きで、結構長いこと熱中してやっていたりするので、
めいろの問題集みたいなのを持って行ってみようかと思っています。

きょうだいで、ヤマハに通うメリット

うちは、子ども3人ともヤマハ音楽教室に通っていますが、
最近、「ああ、みんなで通っててよかったなぁ~」と思える場面があります。

上の子が通い始めたのは、お友達の影響も少なからずありましたが、
体験レッスンに行って、自分で「やりたい」と言って始めたし、
下の子たちは、お兄ちゃんが通っていて、それに一緒に
ついていって、実際にレッスンの様子を見ていたこともあって、
本人たちもヤル気満々!

だから、“やらされて通っている”習い事とは違って、自分がやりたくて
習っているものという意識があるのかも・・・?
3人とも楽しんで通っています。

ヤマハって、色々コースがあって、特に小学生からのジュニア科は
専門コースに行こうとすると、かなり高い意識を持って
練習に励まなくてはならない・・・というか、自主的に練習できる子じゃ
ないと、やっていけないと思います。
うちが仮に専門コースに行けたとしても、多分やらされている感が
強くなっていって、結局音楽を楽しめなくなっちゃうんじゃないかな~
と思ったりするので、今の仲間と一緒のペースがちょうどいいと
思ってます(^^)

そして、上の子が楽しそうにしているので、下の子たちもきっと
「ヤマハは楽しいもの」という先入観(?)があるかもしれません(笑)


最近の子どもたち、まさに音楽を楽しんでいるって思える時が
よくあります。

先日書いた記事の、イントロクイズもそうです。

それから今、学芸会のために長男がよく弾いている曲があるのですが、
それに合わせて、みんなで歌ってますし、
曲がなくても、例えば車の中で、3人声を合わせて歌うんです。
ヤマハの曲も、気に入ったものがあれば何度も繰り返しているので、
三男もすっかり覚えてしまってます。

先日、私の手が離せない時に、長男に“次男の練習”をみて
もらったのですが、
自分が一度弾いた曲なので、「こういう風に弾くんだよ」と
教えていて、次男も素直に「そっか~」と聞いていて、
微笑ましくなりました(^^)

前にも書きましたが、三男のDVDをみんなで見て、ブロッコリーの
踊りを真似して踊りながら、大笑いしていたり。

それぞれに、音楽を楽しむだけじゃなくて、
きょうだいで共通の楽しみがあるって、いいことだな~って思います♪
特にうちは転勤族なので、友達とは長くいられません。
同じ趣味を持っていると、きょうだい間の絆も深まるのでは
ないかな~なんて思います。