エレクトーンステージ2013に出場! ジュニア科2年目

今年もエレクトーンステージに出場しました!

昨年、長男がジュニア科1年目の時に初出場し、今年で2回目です。

昨年も、エレクトーンステージ本番前の数週間は、レッスン日以外にも
集まって練習する時間を増やしたりしていましたが、
今年もやりました!

レッスン会場までは、車で片道1時間弱かかります。
平日の学校が終わった後に連れて行かなければならなかったり、
この時期、学校や保育園の行事が続いたりして、
かなり大変だったんですが、それでもエレクトーンステージ本番が
終わってみたら、とても充実感がありますね~(^^)
そして長男も満足度が高かったようです。

結果としては・・・・・・
長男のグループ7人は『優秀賞』をいただきました♪

今回の地区大会に出場したのは17組。
エレクトーンステージは、全員が何らかの賞をいただけます。
昨年は「パフォーマンス賞」でした。

今年も、昨年よりも完成度が高かったとは思うのですが、
何しろまだ小1と小2の寄せ集めグループです。
(小2→長男のジュニア科2のグループ。
小1→別の先生のジュニア科1のグループ)
それでも、昨年この2グループが組んで出場したので、全然知らない
メンバーというわけではないですけどね。

他の出場者の完成度がとっても高く感じて、今年もなにか別の賞
なのだろうなと思っていました。審査発表の時に、早めにビデオカメラの
準備をしていたくらいです。

でも、なかなか長男たちのチーム名が呼ばれず、結構上手だったグループが
「パフォーマンス賞」や「テクニカル賞」を受賞していたりしました。

司会者が、「さあ、残るは最優秀賞と、優秀賞のみとなりました!!」
と言った時、優秀賞を受賞したことがわかって、びっくりしましたよ~。

と言っても、優秀賞は3組いたんですけどね(笑)
そして最優秀賞は2組。最優秀賞を取ったグループは、
札幌の大会に進出します☆

このエレクトーンステージは、個人でもグループでも出場が可能です。
今回は、個人個人の努力ももちろんありますが、グループのメンバーが
力を合わせて一つの曲を作り上げ、それが優秀賞につながったということで、
長男も、アンサンブルの楽しさをますます実感したようですよ♪

この、「アンサンブルを楽しめる」というのは、ヤマハ音楽教室の
醍醐味のひとつなんじゃないかな?と思います。
個人の教室ではなかなかできないですよね。
(もちろん、個人は個人の良さがいろいろあると思います。)

昨年のエレクトーンステージをきっかけに、アンサンブルの楽しさに
目覚めたんですよね。そしてその後、一人で練習というか鍵盤を触って
遊ぶことが増えました。

今、うちには電子ピアノ「クラビノーバ」がありますけれど、
いろんな機能を試して私より詳しくなってます(笑)
そのうち、もっと使いこなして、音楽を楽しみ続けてくれたら、
購入した甲斐があるっていうものですね~~(^^)