小さな木の実の楽譜をダウンロード

「ぷりんと楽譜」のサイトで購入した思い出の曲って・・・
(関連記事は『思い出の曲の楽譜を、ネットで購入・・・しようかな?』と、
ヤマハのサービス:ぷりんと楽譜を使ってみました!』です)

こちらの曲です(^^)

「小さな木の実」。

この動画のピアノ曲は、多分私の購入した楽譜と同じじゃないかと思います。

ダウンロードして印刷した楽譜はこんな感じ。

見覚えのある楽譜が3枚並んで、早速弾いてみたら、2,3か所間違って覚えている
ところがありました(^^;)
もう、ウン十年前に指が覚えてしまったので、これを直せるかどうかは
わかりませんが、楽譜を見ながらなら意識して直したいと思います。

ちなみに、ぷりんと楽譜のサイトはこんな感じです☆→ぷりんと楽譜

個人レッスンのようでした。(幼児科)

2013年3月 第3週のレッスン

次男の幼児科、久々に下の子を連れて行かなければならなかったので
他の方に迷惑にならないように、お部屋から出なくてはならなく
なるかな~と、ちょっと心配していたのですが、この日は
他のメンバーがお休みのため、うちだけのレッスンとなりました。

一人でも前に出て、ピアノに合わせて歌ったり、先生の振り付けを
真似しながら歌ったり、ホワイトボードで音符の勉強をしたり、
エレクトーンで演奏したりと、流れはいつもとそう変わりはないですが、
演奏はじっくり見てもらえましたね。

宿題では、片手で弾くとなっていたところで、次男が
「(家で)両手で弾いてみた」と言えば、「弾いてみてもいいよ~」と言って
「おうちでは、曲に合わせてゆっくりは弾けないけれど、
ヤマハではできるから、やってみようか^^」と、
エレクトーンを操作して、ゆーっくり演奏が流れるようにして、
両手弾きをさせてくれました。

今回は、そういう部分が嬉しかったみたいです(^^)

途中、ドアのガラス越しに、長男のクラスのメンバーの
お母さんと下のお子さんが入ってきたのが見えました。
うちの三番目がその子を見つけて、遊びに行きたがったので、
ちょっとのつもりで席を外し、ロビーへ。
お母さんとお話をしているうちに、次男がドアから出てきました。

どうやら、個人レッスンのように30分設定で見てくれたようです。
(実際には30分以上みてくれていましたけれど。)
始まる前に「おなかすいた~」「眠くなってきた~」と言っていた
次男だったので、(レッスンが始ってからはきちんとやっていましたが)
1人で60分だったら疲れ切っちゃうかも?と思っていたので、良かったです^^

後から、一人で受けていた次男をほめながら、「ひとりでレッスンするのと、
みんなでレッスンするの、どっちがいいと思った?」と聞いてみたら、
「みんなでする方」と言っていました。

実は・・・

先生から、他のメンバーについて、「(メンバーの)ご家庭の事情などもあって、
今後、お休みする回数が増えるかもしれません。」と言われました。
今回のように、個人レッスンになっちゃうこともあるかもということで・・・

(真剣に考えているわけではないけれど)チラッと、個人レッスンの方が
いいのかな・・・?と思ってしまったり。。
グループレッスンの良いところは、アンサンブルができたり、刺激しあったり
できるところかな~と思います。

長男のクラスは、子どもたちのやる気などもわりとバランスのとれた
メンバー構成だと思うのですが、
次男のクラスの場合は、ヤマハのレッスンより優先しなければならない
事情などがあったりして、これまでもお休み率が高かったんです。

今のクラスで、もしジュニア科に進んだ時に、アンサンブルが楽しめるかというと、
う~ん・・・と思ってしまうことがあります。

うちは決して、熱心に練習しているわけではないのだけれど、
やはり、お休みが何回もあると、進み方が変わってしまいますよね。
先生も、進度を合わせるのに配慮しているんだろうな、と思います。

まあ、それでも、うちはバリバリ弾いてほしいとか、進めてほしいとか
思っているわけではないので、本人が、「みんなと一緒がいい」と言うなら
この教室で続けられるところまで、グループレッスンで行くと思いますけれどね。
(他のメンバーが辞めてしまったり、うちが転勤になったりしたら
変わらざるを得ないので。)

メンバーのお母さんとの会話も、楽しみのひとつでもありますしね(^^)

赤りんごコースの入会を迷い中~(^^;)

3番目の子を、ヤマハに入れてあげられたらいいな~と思っていたものの、
5月までに考えればいいか~と、のんきにしていました。

が、赤りんごコースの開講って、4月・10月だったんですよね。
忘れていました(^^;)
上の子たちのおんがくなかよし→幼児科や、幼児科→ジュニア科は5月だったので、
すっかり勘違いをしちゃっていました。

先日、長男のレッスンを待っている時、メンバーのお母さんとおしゃべりを
する中で、お子さんが赤りんごから入会したけれど、いまだに「楽しかった♪」と
言うそうで、下の子も入れてあげようと思っている・・・という話を
聞きました。

個人の素質ももちろんあるでしょうけれど、上のお子さんは音感も良く、
歌が上手です。音楽を楽しんでいる感じも伝わってきます(^^)
そういえば、「やっぱり赤りんごから入っていると違うのかな~」と
感じたことがありました。うちはおんがくなかよしの後半からの
入会だったので。

もう既に、4月開講の体験レッスンは終わってしまいました。
でも、体験はできなくても、開講はこれからなので、まだ入ろうと思えば
間に合います。(まあ、始まってしまってからでも大丈夫でしょうけれど)

もしも、3番目が入会するとしても、曜日は上の子たちと同じです。
今でも3番目の子を連れて行くことは多いので、何が違うかと言うと、
今までよりも1時間早く行くことと、月謝&教材費が余計にかかってくる
くらいです。

今の家計から、出費が増えるのはちょっと痛いですが・・・(*^^*;)
家計のやりくりをもっと頑張ることにして、
やっぱり、入れてあげようかなぁ~。

と迷いつつ、入れる方向に気持ちが動いています(^^)

ヤマハのサービス:ぷりんと楽譜を使ってみました!

ヤマハのサービスで、楽譜を購入・ダウンロードできるサイトがあります。
ぷりんと楽譜というサービスです。

前回の記事、『思い出の曲の楽譜を、ネットで購入・・・しようかな?』で書きましたが、
しばらく気になっていました。

結局、そこで楽譜を購入してみました!

ヤマハの無料・有料サービスを受ける時、利用登録をしておくと便利です。
でも登録しなくても楽譜の購入はできますけれどね。
うちは「ヤマハ音楽教室在籍のみなさま専用サイト」を利用する時に、
すでに登録してあるので簡単でした。

ログインすると、前に見た楽譜が履歴に残っていたので、すぐに見つけられました。
お気に入りリストにも入れられるようなので、気になる楽譜を見つけたらリストに
入れておくとあとあと便利ですね(^^)

支払いは、色々方法があります。クレジット、楽天あんしん支払い、ドコモやauの
ケータイ決済、電子マネー(WebMoney、BitCash、NET CASH)の他、コンビニ購入や
Muma(ミューマ。ヤマハ特約楽器店に設置してあるミュージックデータ販売機)でも
購入できるんですね。
今回はクレジットにて支払い。

あ、購入前に、一応サンプル楽譜を使って印刷を試しました↓
(子どもに触られて、シワができちゃいましたが^^;)
gakuhu

自宅での購入は、プリンターと、Adobe Readerが必要です。
印刷可能なのは購入後72時間(3日間)以内とのことなので、忘れないうちに
印刷しちゃった方がいいですよね。回数についての制限はないようです。
(著作権侵害に対する注意書きはあります。)

楽譜を見るには、購入時に表示されるパスワードが必要です。
パスワードを入力すると、楽譜のファイルが開きました。
そして、すぐに印刷をしました。

全部で3枚。
あー、やっぱり見覚えのある楽譜です!
懐かしかったです~♪

ヤマハの音楽の中で育つ、3番目の子

最近、3番目の末っ子(2歳)が、ヤマハにはまっています(笑)
(本人が通っているのではないですが^^;)

上の子たちが小さい頃は、それなりに童謡を聞かせたり歌ってあげたり
していたので、今の末っ子くらいの年齢の時には、「ちょうちょ」とか
「とんぼのめがね」とか、そういった簡単な歌を、自分から歌っていたりしていました。

でも、3番目にはあんまり童謡を歌ってあげてないなあ~。そのせいで
本人もほとんど歌いませんねぇ。。

そのかわり・・・
上の子たちがヤマハで習っている曲や歌を気に入って、CDやDVDを
かけて喜んでいたりします。

上の子がおんがくなかよしコースの後半だった時から、おなかの中に
いた末っ子。生まれる前からヤマハの音楽を聴いています。
その後、生まれてからも幼児科の曲が耳に入ったり、
2番目の子のおんがくなかよしや幼児科も一緒に行ったり
していたので、すっかり体に染みついているのかも(?)

私が家事をしていてかまってあげられない時、幼児科のぷらいまりーや、
ジュニア科のレパートリーブックのDVDを出してきて、レコーダーにセットし、
テレビをかけて、勝手に見ている時があります(^^;)
ちょっと前は、レパートリー2の「クリケッツウェディング」と「かえりみち」を
好んでかけていました。アニメーションがおもしろいようです。

最近は、レパートリーブックDVDに入っているミュージックワークを
一人で勝手にやっています。
上の子たちがやっていたのを見たり、自分で正解・不正解を出しているうちに
覚えてしまったようで、特定のレベルの問題はいつも全問正解Σ(゜ロ゜)
「ぴあの」だの、「とおんきごう」だの、「ふぁしゃーぷどれ」だの、
一人前に口にしながら。

たまに別のレベルの問題を始めると、時々間違いますけれどね。その不正解の時の
「ブブーッ!」という音が嫌なようで、正解をわかっていても私にリモコン操作を
押しつけてきます。この音を聞くと、「ぶぶーっ、やだの」と涙目になってます(^m^)

この時期の子どもって頭で考えるより視覚で覚えちゃったりしますよね。
いわゆる「右脳の時期」っていうものですかねー。

そんな感じで、既にヤマハを楽しんでいる末っ子。もしかしてヤマハに通わせてみたら、
結構イイ線行くのでは??・・・なんて思ってしまいます(笑)
(ヤマハでなくても、音楽の環境を与え続けたら・・・。でも、かえって新鮮さがなくて
やる気が出ない?)

この春から、赤りんごコースにでも入れてみたいけれど、
さすがに3人もヤマハに通わせるというのは・・・
出費が・・・
ということで、躊躇しちゃいますね。
進級するにつれて月謝が上がっていくし・・・(><)

1人目だと、習い事もそれほど考えずにさせてあげられたけれど、3人目の習い事は
上の子たちのようにさせてあげられないだろうな・・・と思うと、ちょっと
もったいない気もしちゃいます(笑)