電子ピアノ購入先検討(ネットショップ)

現在、電子ピアノの購入を検討中です。
検討しているのは、ヤマハのアリウスYDP-161J、クラビノーバCLP-430,440,470,480のあたりで、
実際にはクラビノーバが気になっています。
価格から言うと、CLP-430か440が一番の候補となりますが、やはりCLP-470や480はどれだけ
いいものなのかな~と気になるところですね。
ところで、どこで購入しようかな・・・

電子ピアノの購入先って、どこがいいのでしょう。
アコースティックピアノの場合は、調律やメンテナンスのことを考えると楽器店の方がいいの
だろうなと思いますが、電子ピアノは”電化製品”なんですよね。
きちんと保障があるような、信頼できる電気店やネットショップで、値引き・ポイント等を
利用してお得に買うのでもいいのかな~?と思ったりもします。

ということで、ちょっと調べてみました。

結果・・・
電気店よりも、楽器類を専門に扱っているショップの方がいいかな~という印象です。
やっぱり「電化製品といえども楽器。」と思った方がいいような気がしました。
(お得に買うという部分では、時期によっては楽天ポイントが10倍!という場合もありますし。)

電子ピアノを扱っているネットショップはかなりあったのですが、その中から価格が安めで
信頼できそうなショップを5つ選んでみました。
以下、勝手にランキングしてみます。

※こちらの記事は2012年に電子ピアノを検討した時のものです。CLP-400番代の後継機として、現在はCLP-535など、500番代の機種が販売されています。以下のランキングのショップも現在主流の機種が取り扱われています^^(2016年追記)

おもなショップの特徴と、例としてクラビノーバCLP-440(M,C,R)の価格を書いてみます。(時期によって価格が変動します。キャンペーン中だと安かったり、
楽天ポイントの倍率が高いとお得になったりします☆
以下は、私が調べた時期の価格となりますので、ご了承ください。別のキャンペーンが開催されて
いたりもしますので、ご自分で確かめてみてくださいね。)

1.イシバシ楽器 WEB SHOP(追記:PIANO館はこちらに統合されたようです)
配送設置無料。各種支払い方法あり。組立設置か玄関先までか選べる。
お手入れセットのプレゼントあり。
CLP-440→159,800円。親子でレッスンセット(イスが2台付く)だと169,000円でお買い得☆
口コミレビューも読んでみると良いですね^^

2.開進堂楽器WEBSHOP 楽天市場店 
配送設置無料。各種支払い方法あり。専門業者の運搬で安心。組立設置か玄関先までかを選べる。
5年延長保証が2種類あり、有料(商品金額の5%もしくは8%)にて付けることができる。
振り子式メトロノームのプレゼントあり。
メールの他、電話での問い合わせOK。
CLP440→179,000円
期間限定(12/24まで)で10,000円OFFクーポンあり。

3.島村楽器 
配送設置無料。各種支払い方法あり。専門業者の運搬で安心。楽天の島村楽器オンラインショップ
だから信頼度も高い。お手入れセットプレゼント。
メールの他、電話・FAXもOK。
CLP-440→179,000円

4.山野楽器ピアノ館 
(追記:新星堂は2013年、山野楽器に事業譲渡しました。)
配送設置無料。各種支払い方法あり。専門業者の配送で安心。ピアノ館オープン1周年セール
12/16まで開催中。(ピアノカバー・お手入れセット・レッスンバッグ)
メールの他、電話・FAXもOK。
CLP-440→170,477円

5.オフプライス楽器 
(追記:オフプライス楽器は、2016年に島村楽器と統合されました。)
配送設置無料。各種支払い方法あり。専門業者の配送で安心。3年保証が付くところは良さそう。
Musicバッグ+ハンドタオルプレゼント
メールの他、電話もOK。
CLP440→179,000円

こう並べてみると、1は価格で選んでしまった感じですね(*^^*;)
その他はそれほど価格に違いはありませんが、キャンペーン中でプレゼントがもらえたり
しますね。このプレゼントだけみると、2のメトロノームにも惹かれます(笑)
楽天ショップですと、ポイントの倍率が時期によっても違ったりもするので、
いくつか比べて決めるのがいいですね☆

参考記事:『電子ピアノの購入検討
      『電子ピアノを見に行く前に
      『電子ピアノを見てきました

ヤマハ入会前のQ&A

子どもとヤマハで音楽生活を楽しんでいますが、色々とわからないことや疑問が出てくることも
あります。その都度、自分で調べたり教えてもらったりして情報を得ていますが、いつかまた
同じような疑問を感じたり、解決したことが参考になったりするかもしれません。
また、ネット等で見つけた他の方の疑問やそれに対する答えなども、このサイトを訪れる方の
問題解決の手助けにもなるかもしれませんので、こちらにQ&A形式で記録しておきたいと思います。

こちらのページでは「ヤマハ入会前のQ&A」をまとめます。

Q.年齢通りのクラスにするかどうか。

.10月に3歳になった子どもがいます。
11月開講のヤマハに入れようと思っているのですが、
3歳児対象おんがくなかよしコースに入れるか、2歳児対象の
赤りんごコースに入れるか迷っています。

.良く聞くのが、「赤りんごはリトミック
中心なので、鍵盤を弾きたがる子どもには物足りなそう。
おんがくなかよしだと多少は鍵盤も使うようだし・・・」といった
迷いの声です。

どうしても弾くことにこだわるのであれば、おんがくなかよしコース
または個人レッスンの教室を探す方がいいかもしれません。
ただ赤りんごコースでは音楽の基礎、楽しむ心、聞く力、集中する力
など見えない部分の力が伸びるということも知っておいてほしいですね。
小さい頃から基本を身に付けた子は、特に聞く力の点で違いが
感じられるという意見がありますよ。

赤りんごコースを半年受けて、春からおんがくなかよしコースへ
進級するというのはいかがでしょうか?

Q.グループレッスンと個人レッスンで迷っています。

.3歳の子どもがいます。ヤマハのグループ
レッスンと個人レッスン、どちらにしようか迷っています。

.将来的に、音大に行かせたいなどで
なければ、小さいうちはグループレッスンで、「音楽は楽しい」
という気持ちを育てることがいいのではと思います。

個人レッスンですと進み方は早いですが、総合的な音楽という
よりは、鍵盤の技術(ソルフェージュも多少あるかもしれませんが)
の方が重視されている気がします。
やはり、グループは楽しいですよ。本格的にピアノを・・・と思ったら、
個人レッスンに変えるのもありだと思います。

Q.赤りんごコースは春から半年というのもあり?。

.2歳の男の子です。赤りんごコースへの
入会を考えていますが、続くかどうか不安です。
まずは春から半年だけということで通わせてみたいと思いますが、
半年でやめるというのはありでしょうか?

.一度体験レッスンや、レッスン見学をしたくらいでは、
お子さんが本当に好きなのかどうか、続くかどうかなんてわかりませんよね。
レッスンは半年だけでも大丈夫ですよ。手続きとしては、教室既定の
締め日までに申し出て、退会届を提出することになります。
締め日を過ぎてからですと、一度レッスン料が引き落とされ、
後から返金されることになるかもしれません。

また、一度退会された場合、もしもまた3歳児対象の「おんがく
なかよしコース」へ通いたくなった時には、再び入会金が必要に
なってしまいます。そこは知っておいた方がいいかなと思います。

ただ単にお子様のやる気が続くかどうか心配・・・ということ
でしたら、通いながら様子を見てみるのが良いのではないでしょうか(^^)
まだ小さいですので、保護者の方の意向で始めたりやめたりと
いうのは、特別なことでもないですよ。
音楽への興味を持つこと以外にも、他のお子さんや保護者の方と
顔なじみになったり、だんだん仲良くなったりすることで、一緒に
レッスンを受けることが楽しみになってきたりするかもしれません。

お子さんの様子を良くみながら、楽しんでいるようでしたら、
そのまま続けられると良いですね。

発表会の曲が決まりました(次男編)

今年の発表会は12月第3週です。
長男のジュニア科のクラスでは、発表会の曲は数週間前に決まっていましたが、
次男のクラスでも今週ついに決定しました!

先週のレッスン日に、先生が「そろそろ発表会の曲を何にするか考えてみてね。
来週決定しましょう。」と言った時、

「もう決めてるよ~」と次男。
心の中ではその数日前から決めていたようです。

その時、他のメンバーはまだ迷っていたようで、
次男のやりたい曲と同じのでも違うのでもいいよと、先生が
話していました。

そして今週。
子どもたちが自分で考えて、発表会で弾く曲が決定しました(^^)/

今年、次男が幼児科1年目で弾く曲は・・・

・はとどけい
です。

もう一人の子は「またあおうね!」でした。
あと一人はお休みだったため、まだ決まっていませんが、先週の感じだと
「つなひきぞうさん」になりそうかな?

そうすると、みんな違う曲になるので、聴いているお客さんからすると
変化があっていいのかも(?)と思います^^

次男が選んだ「はとどけい」は、2年前に長男が発表会で選んだ曲と
同じです。
次男がそれを覚えていたのか、気に入った曲がたまたま一緒だったのか・・?

とにかく、次男にとっては初めての発表会なので、良い経験になるだろうなと
思っています(^^)
間違えてもいいから、本人が満足感・充実感を得られる発表会になってくれたらいいな。
・・・いや、本音を言えば間違えない方がいいんだけどね(笑)

発表会の曲が決まりました(長男編)

今年の発表会は12月第3週です。
長男のクラスでは、11月に入る前にはもう発表会の曲を決めていて、
宿題として家で練習しています。

今年、ジュニア科1年目で弾く曲は・・・

・春を待つウクライナの娘
・気球にのって出発だ!

の2曲です。

まだ間違えて弾くことも多いので、今後の練習で完成させなくちゃ
なりません。
家で弾いている感じでは、「早起き鳥」や、「収穫の踊り」の方が
あんまり間違えずに弾いているのですけれど、本人が好きで選んだので
これを練習したいんでしょう(^^)

今回の発表会の練習には、電子ピアノはまだ用意できないので、
レッスンの時の指導を家で練習できないのが、ちょっと残念では
ありますが・・・。

「ウクライナの娘」の方はゆっくり目の曲ですが、「気球にのって」の方は
力強く弾く部分があるので。そこはレッスンの時にピアノの感覚を覚えて
もらうしかないですね~。

そうそう。前回、レパートリーブック2の教材セットをもらって帰って
きました。


早速DVDを見た中で、「クリケッツウエディング」という曲を
気に入った様子。
勝手に練習して、両手で弾いて遊んでます(^^)
どうやら、短調の曲が好きなようです。

電子ピアノを見てきました

ジュニア科のレッスンを見学して、自宅でのキーボード練習に限界を感じた私。
「そろそろ自宅に、それなりの鍵盤楽器を用意しなくては・・・」
ということで、電子ピアノの購入を検討中です。
カタログやネットでだいたい「このあたり」と決めましたので、
今度は実際に触ってみたい!!

電子ピアノを見てきました

先週、楽器店&大きな電気屋さんのある町へ行く予定があって、
電子ピアノを見るチャンスでした。

ただ、たまにしか行けないため、その他の用事も色々と詰まっていて、
家族で別行動をし、最後に時間があれば電子ピアノも見ようという感じだったの
ですが、結局時間があまりなくなってしまいました(TT)

そのため、まあまあな大きさの電気屋さんに1件行けただけでした。
しかも10分ほど・・・。
本当は電気屋さんをいくつか回って見てから、楽器店に行って、店員さんに
特徴等も聞いてみたかったのですが、今回は「電子ピアノ」ってどんな感じなのか?
というのを見てきただけとなってしまいました。

それでも、電気屋さんには電子ピアノが8台くらい置いてあって、全部触って
みました。メーカーとしてはカシオとヤマハだけでしたが。
価格は3万円前後~10万円弱。

私が見たかった、アリウスのYDP-161Jは置いてありましたが、クラビノーバは
置いていませんでした。
第一候補がクラビノーバなので、これには残念。
アリウスとクラビノーバの違いを試したかった~。

価格は、ヤマハのショップのチラシとそう変わりませんでした。
電気店のポイントが付くのを考えると、ちょっとはお得ですけれどね。
ネットショップならもっと安いです。

電子ピアノを弾いてみました

さて、弾き比べたいクラビノーバは置いていませんでしたが、その他の
電子ピアノを実際に弾いてみた感想です。

初めに・・・
「やはりキーボードとは全く違う・・・」
ですね(笑)

電子ピアノはアコースティックピアノに及ばないとしても・・・
それでも・・・ピアノのようでした。(キーボードに比べたら当然ですが;)

鍵盤の数がまず違いますもんね。
それから鍵盤の重さ。音。ペダルがあるというのも。

10分しか時間のない中で、電子ピアノ売り場を何周かグルグルと回りながら
弾いてみました。
一番価格の高いのがカシオのAP-450BUという製品。その次にヤマハのYDP-161J。
初めからヤマハのものを検討しているので、他の製品番号はあまり見ません
でした(^^;)ヤマハのは安いものも2つほどありました。

試しに弾いてみて、高い音が電子音に聞こえてしまうものが多かったです。
その中で、ヤマハのYDP-161Jは大丈夫な感じでした。
鍵盤の重さも、他のものは軽めに感じましたが、YDP-161Jはまあまあの
弾きごたえがある気がしました。

この中で決めなければならないのであれば、やはりYDP-161Jを選びます。
将来的に高いところを目指すとか、ピアノにこだわりがなければ、
これで十分かなという気がしました。

でも・・・クラビノーバと弾き比べがしたい。
その上でアリウスでもOKと思うか、クラビノーバはさすがと思うか。

次回、ショップに行く機会がいつくるかはわかりませんが、もし
チャンスがあれば、ぜひクラビノーバを試してみたいです。

参考記事:『電子ピアノの購入検討』『電子ピアノを見に行く前に』