グレードに関するQ&A

子どもとヤマハで音楽生活を楽しんでいますが、色々とわからないことや疑問が出てくることも
あります。その都度、自分で調べたり教えてもらったりして情報を得ていますが、いつかまた
同じような疑問を感じたり、解決したことが参考になったりするかもしれません。
また、ネット等で見つけた他の方の疑問やそれに対する答えなども、このサイトを訪れる方の
問題解決の手助けにもなるかもしれませんので、こちらにQ&A形式で記録しておきたいと思います。

こちらのページでは「グレードに関するQ&A」をまとめます。

Q.グレードを取る意味合いは?将来は役に立つのでしょうか。

.ジュニア上級科に通う子どもがいます。ジュニア科修了時に、
勧められるままにグレードを受けましたが、本人は緊張するので次回は受けたくないと
言います。グレードを取ることで将来的に何か役に立つものでしょうか?

.将来に役に立つかという点では、役立つこともありますが、それは
ヤマハの講師になったり、自宅でピアノ教室を開く際にヤマハの看板をあげられるといった
ところだと思います。といっても、講師になるには指導者グレードというものが必要に
なります。今は演奏者グレードですよね。指導者グレードというのはヤマハの教室に
通っていなくても受けられるし、合格してからの有効期限もあるようなので、講師を
目指すことにしてから受けるのでもいいかもしれません。

演奏者グレードでも、6級以上ですと高校受験などの際に特技としてアピールできる
場合や、一部の大学で実技試験が免除される場合もあるらしいですね。
でも一般的には、○級のグレードを持っていると言っても他の人にはどのくらい
すごいかわからないし、ヤマハ内でだけ通用するようなものだと思っていいと思います。

ですので、資格試験のようには思わずに、自分の力量を知るための手段というような
位置づけで考えるのが良いかなと思いますね。
スイミングやスキーの級のような感じですかね。○級だとどんなことができるか
(○級はクロールが泳げる、○級だとバタフライが泳げるだとか、スキーだと○級はボーゲンが
できるなど)

グレードもひとつの目標として、それに向かって頑張る気持ちになったり、○級までは
続けようと思ったりできるのではないでしょうか。
将来的な部分よりも、そんな意味合いが強いのだと私は捉えています。