今年も「エレクトーンステージ」の出場申し込みをしました

エレクトーンステージ2013の申し込み

今年のエレクトーンステージ、こちらの地区は、6月の半ばを過ぎた頃にあります。
4月第2週の時に、エレクトーンステージ出場に関する案内の入った封筒を
もらってきていた長男。何だか忙しくて私もあんまりチェックしてなかったの
ですが、本人も何も言わなくて、第3週のレッスンの前日に気づきました(^^;)

締め切りは5月に入ってからなので、急がなくても大丈夫だったのですけど、
忘れないうちにと思って、申込書に必要事項を記入し、出場費(グループなので
7,350円。個人だと8,400円です)を封筒に入れて第3週のレッスンの日に持って行きました。

昨年、このエレクトーンステージのためにアンサンブルをしてから、
ピアノ(鍵盤楽器?)のおもしろさに目覚めた長男。
今年は一人転勤してしまって、どうなるのかな?と思ったけれど、
そのまま進めるようです。
もしかしたら昨年のように、別のグループと合同になるのかもしれません。

もうジュニア科のレッスンを見る機会がなくなってしまったので、
(いまだに月初めは見学もOKのはずなんですが、赤りんごコースのレッスンが
長男のレッスンの前に入って、更にその後は次男の幼児科に
つかなくてはならないので、空いた時間がないんですよね;)
となりの教室で幼児科を受けている時に、低音部分の音が聞こえてきたりも
しますが・・・どんな感じで練習が進められているのか、よくわかりません(^^;)

先生も特に土曜日はたくさんの生徒さんを持っているし、私も空いた時間がないので、
なかなか直接お話をする機会もなくなってしまいました。
でも、何か変更があったり連絡事項があった場合には、先生がプリントや
メモ書きを持たせてくれるので、特に心配をしているわけではありませんけれどね。

今年は、ジュニア科2年目。
みんなそれぞれに上達しているはずなので、今回のアンサンブルがどんな感じに
仕上がるのか、楽しみです(^^)
あ、でも、長男の練習は最近お任せになっていたので、もうちょっと気にかけて
見てやらなくちゃな~。足を引っ張らないようにね^^

もうすぐジュニア科2年目

そうそう、5月からはジュニア科2年目に入ります。
2年目からは月謝がちょっと上がります(><)
運営費1,050円をプラスすると、8,925円となります。

長男一人だったら、数百円アップでもそんなに気にならないけれど、
子どもたちの総額を考えると・・・
でも、幼児科は2年目も変わらないので、まだいいか・・・な?

4月・・・ちょっとした変化がありました。

2013年4月 第1週のレッスン

先週、3月第5週のレッスンは、次男の幼児科は普通どおりでしたが、
長男のジュニア科はレッスンなしでした。

実は直前まで、レッスンがない日だということを忘れていました。
数日前から長男が熱を出し、「当日の朝に、欠席の連絡をしなくちゃ~」と
思っていて、朝に一応レッスン日の確認をしたところ、お休みの日でした。
ちょうど良かった(?)

長男は家でおとなしくお留守番と言うことで、次男はお父さんと一緒にレッスンを
受けてきました。
この日はメンバーもみんな揃って、楽しく受けて来たようです(^^)




そして、今週、4月1週目のレッスンですが・・・

長男のジュニア科は、メンバーが1人転勤してしまいました(TT)
今のメンバーは、うちがここに引っ越してきて、おんがくなかよしコースの
終わり頃に入った時から幼児科もずっと一緒だったので、仲間が抜けてしまうと
いうのはとっても寂しいです・・・。
今後、うちも転勤の可能性はあるし、もう一人のメンバーも転勤族なので、
いつかはみんなバラバラになります。

そうすると、残った子は個人レッスンに移るのかな?
練習好きで上手な子なので、一人になったらどんどん進んでいくのかもしれないな、
なんて思ったりしますが・・・みんなで力と心を合わせてアンサンブルを
作り上げてきたり、今年も「エレクトーンステージに出よう!」と
それに向けた練習が始まったばかりだったので、メンバーがバラバラになることを
考えると、なんだかとっても切ない気分になっちゃいます~(TT)
5月からはジュニア2年目になりますが、充実した一年にしたいですね。

そして、次男の幼児科の方ですが、
メンバーが2人ともお休みで、前々回のように個人レッスンとなっていました(笑)

今は小学校が春休みのため、長男が家にいるのできょうだいで一緒に遊びたがり、
ほとんど練習ができていなかったのですが、先生にゆっくりじっくり見てもらえ、
練習できていなかったわりに弾けていたので、片手だけのところを両手でも
弾かせてもらい、ピアノでも弾かせてもらい、なかなかおもしろかったようです(^^)

でも、幼児科1年目もあと1カ月。メンバーが揃わずに進められないところが
あって、先生も調整が大変だろうな~と、チラッと思ってしまいました。
時々、レッスン前に早めに呼んで、補講のようなことをしているのを
目にしたことがあります。うちも確か風邪かなんかで休みが続いた時に
一度呼んでもらったことがありました。
多分、先生のサービスなんですよね。料金かからなかったし。

次男の方のメンバーは転勤がないので、それが理由で人数が減ることは
ないですが、もしも、お子さんがヤマハよりも別のことを頑張りたくなったら、
ヤマハをやめちゃったりするのかなあ・・・と、思ったりして
ちょっと寂しくなりますねぇ。

春は出会いと別れの季節ですね~。

個人レッスンのようでした。(幼児科)

2013年3月 第3週のレッスン

次男の幼児科、久々に下の子を連れて行かなければならなかったので
他の方に迷惑にならないように、お部屋から出なくてはならなく
なるかな~と、ちょっと心配していたのですが、この日は
他のメンバーがお休みのため、うちだけのレッスンとなりました。

一人でも前に出て、ピアノに合わせて歌ったり、先生の振り付けを
真似しながら歌ったり、ホワイトボードで音符の勉強をしたり、
エレクトーンで演奏したりと、流れはいつもとそう変わりはないですが、
演奏はじっくり見てもらえましたね。

宿題では、片手で弾くとなっていたところで、次男が
「(家で)両手で弾いてみた」と言えば、「弾いてみてもいいよ~」と言って
「おうちでは、曲に合わせてゆっくりは弾けないけれど、
ヤマハではできるから、やってみようか^^」と、
エレクトーンを操作して、ゆーっくり演奏が流れるようにして、
両手弾きをさせてくれました。

今回は、そういう部分が嬉しかったみたいです(^^)

途中、ドアのガラス越しに、長男のクラスのメンバーの
お母さんと下のお子さんが入ってきたのが見えました。
うちの三番目がその子を見つけて、遊びに行きたがったので、
ちょっとのつもりで席を外し、ロビーへ。
お母さんとお話をしているうちに、次男がドアから出てきました。

どうやら、個人レッスンのように30分設定で見てくれたようです。
(実際には30分以上みてくれていましたけれど。)
始まる前に「おなかすいた~」「眠くなってきた~」と言っていた
次男だったので、(レッスンが始ってからはきちんとやっていましたが)
1人で60分だったら疲れ切っちゃうかも?と思っていたので、良かったです^^

後から、一人で受けていた次男をほめながら、「ひとりでレッスンするのと、
みんなでレッスンするの、どっちがいいと思った?」と聞いてみたら、
「みんなでする方」と言っていました。

実は・・・

先生から、他のメンバーについて、「(メンバーの)ご家庭の事情などもあって、
今後、お休みする回数が増えるかもしれません。」と言われました。
今回のように、個人レッスンになっちゃうこともあるかもということで・・・

(真剣に考えているわけではないけれど)チラッと、個人レッスンの方が
いいのかな・・・?と思ってしまったり。。
グループレッスンの良いところは、アンサンブルができたり、刺激しあったり
できるところかな~と思います。

長男のクラスは、子どもたちのやる気などもわりとバランスのとれた
メンバー構成だと思うのですが、
次男のクラスの場合は、ヤマハのレッスンより優先しなければならない
事情などがあったりして、これまでもお休み率が高かったんです。

今のクラスで、もしジュニア科に進んだ時に、アンサンブルが楽しめるかというと、
う~ん・・・と思ってしまうことがあります。

うちは決して、熱心に練習しているわけではないのだけれど、
やはり、お休みが何回もあると、進み方が変わってしまいますよね。
先生も、進度を合わせるのに配慮しているんだろうな、と思います。

まあ、それでも、うちはバリバリ弾いてほしいとか、進めてほしいとか
思っているわけではないので、本人が、「みんなと一緒がいい」と言うなら
この教室で続けられるところまで、グループレッスンで行くと思いますけれどね。
(他のメンバーが辞めてしまったり、うちが転勤になったりしたら
変わらざるを得ないので。)

メンバーのお母さんとの会話も、楽しみのひとつでもありますしね(^^)

幼児科お休みに。今度はインフルB型らしいです。

2013年3月 第1週のレッスン

3月初めの、次男の幼児科レッスンはお休みでした。
前日に電話がかかってきて、インフルエンザで幼稚園が休園になっているため、
レッスンもお休みにしますということでした。

うちでちょっと前にかかったインフルエンザはA型でしたが、今度はB型が
流行っているのだそうです(><)
まだ次男の園や、長男の学校などでは、B型インフルエンザの話は聞きませんが、
そのうち周囲にも流行り始めるのかなぁ~。
もし、子どもたちがかかっても、今度はかからないぞー!
でも前回は、看病疲れでやられてしまったので、次も・・・?(><)

さて、長男のジュニア科の方はいつもどおりにレッスンがありました。

実はこの日、北海道に暴風雪警報が出ている地域があり、ここら辺も
そうだったので、本当は行くのを迷いました。
でも、当日の朝はいつもより風は強いものの、雪はそうでもないので
レッスンに向かい、それほどひどくなることもなく戻ってこれました。

でも、この暴風雪で、北海道の道北や道東では、亡くなってしまった方も
いたとのこと・・・。以前住んでたところでも、冬にヤマハに通う途中、
視界ゼロ(その時はほんの数秒でしたが)という経験もしていて、本当に
ヒヤッとしますし、泣きそうな気持ちで運転したことを覚えています。
どんなに心細かっただろうと思うといたたまれないですね。。




そういえば、2月の初め頃のレッスンで、次回に使うための教材の
注文用紙を出しました。
幼児科は「ぷらいまりー3」、ジュニア科は「レパートリー3」の教材です。

次男の場合は、長男が使ったCDやDVDがあるので、いつも単品で
ぷらいまりーのテキストと、ホームワークの、計2冊のみを頼んでいます。
長男が使っていた時に一緒にうたったり、曲を聴いたりしていたので
次男にとってはおなじみの曲。あんまり新鮮さはないかもしれません。
そこはワクワク感がなくて気の毒(?)な気もしますが・・・

でも、新しいテキストとホームワークが届いた時には、名前を書いて
嬉しそうにしているので、次回も喜ぶかな?と思っています(^^)

今週はお休みでした・・・(病欠)

2013年2月第2週のレッスン

先週は、長男だけ父親と一緒にレッスンに行きました。次男はもともと
レッスンが休みだったので。

今週は・・・次男が週の半ばから熱を出していたので、休まなければならない
ことが確定していたのですが、長男は急な用事で欠席しなければならない
状況ではあったものの、もしかして風邪が移るかも?と思って、
欠席の連絡は直前にしようと様子を見ていました。

用事があって休むのと、病気で休むのとでは何となくこちらの気分が
違うので。用事だと「もっと早く伝えておけばよかった」とか、
「他の子に申し訳ないな」との思いが強くなります。
病欠なら、「ごめんなさい。でも移さないためにも休みます」という
大義名分とでもいうのでしょうか?そんな気がして理由としては
話しやすいです(笑)

って、こんなこと考えて連絡遅くなるより、早めにした方が
教室にとってはありがたいのかもしれませんね(^^;)
どっちみち、休む時は申し訳ない気持ちになります。
個人レッスンだと、そうでもないのかもしれないですけどね。
メンバーと一緒に進めているだけに。

そうかと言って、同じクラスのメンバーが用事で休んだからと言って
特別、気になるということもないのですけど。
やっぱり、考え過ぎでしょうか。私。

で、結局のところ、レッスン前日から長男も熱が出始めました。
そのため、当日の朝、二人合わせて欠席の連絡をしました。
レッスンの次の日の夜には、次男の先生がFAXで宿題内容を送ってくれ、
その次の日には、長男の先生が送ってくれた宿題メモが届きました。

幸いなことに、長男も次男も2日ほどで熱も下がり、元気になりました。
実はインフルエンザA型で、高熱のある間はとても調子悪そうで
かわいそうだったのですけれどね。

長男は最高が39.7℃、次男は40.3℃と熱くて、ボーッと中を
見つめている時にはちょっと心配しちゃいましたけど。
ちなみに、下の子にも移りました。私にも・・・。

でも、一度移ってしまえば、とりあえずA型はもう怖くないので(笑)
また来週頑張ってきます(^^)