ヤマハ音楽教室の講師について

ヤマハ音楽教室の講師についての情報です。ヤマハ音楽教室に通っていたら、講師の先生にも関心を持ったり、子どもがヤマハの先生になりたいと言ったりすることがあるかもしれません。
ヤマハの講師にはどんなことが求められ、どうしたら講師になれるのでしょうか。

ヤマハ音楽教室の講師について

  • ヤマハの講師に求められる人材
  • ヤマハの講師に求められる人材像ですが、様々な個性を持った生徒たちと関わっていきますので、
    「音楽力」の他に、「指導力」や「人間性」も求められます。

    音楽力とは、楽器の演奏ができるということだけではなく、楽典の知識やメロディーに
    伴奏をつける力、移調する力、ジャンルにとらわれない幅広い音楽性などです。

    指導力は、一人ひとりの子どもたちの個性や状態を的確に把握して、臨機応変に対応する
    力や、グループ全体をまとめてレベルを保つ力などが必要となります。
    子どもたちは素直な子や練習を頑張る子だけではなく、一度言うだけではできない子や
    練習もあまりしない子など、様々です。

    人間性は、子どもたちを導く先生として、慕われたり目標にされることがありますし、
    保護者からも進度だけでなく成長や様子に関しても相談を受けることがあります。
    親身になって考えたり包容力を持って対応できるような、信頼できる人間性が求められます。

  • 講師になる資格
  • ヤマハ音楽教育システム講師資格取得試験に合格する必要があります。
    この試験を受験するには、以前は年齢制限があったようですが、現在は一定の条件を満たして
    いれば受けられます。(26歳以上の方が受験するには、ピアノまたはエレクトーンの演奏グレード
    4級以上+指導グレード4級が必要)

    26歳未満の場合は、試験を受ける以前にヤマハのグレードを持っていなくても大丈夫ですが、
    演奏グレードと指導グレードともに5級以上を取得していれば免除される試験科目が多いです。
    また、グレードを持っていない場合、試験に合格してヤマハの講師講師としての活動を始めたら、
    グレードの取得が必須となります。

  • 講師になるには
  • 上記のように、ヤマハの講師になるには、ヤマハ音楽教育システム講師資格取得試験に合格
    しなくてはなりません。
    この試験は、「新卒(大学・大学院・短大・専門学校)向け」と「新卒およびその他」の、年2回
    行われています。
    この試験の詳細は、「ヤマハ音楽教室システム講師募集」からご覧いただけます。

    もう一つ、若い方向きの講師への道ですが、ヤマハ音楽院を受験して3年間学ぶ方法があります。
    こちらは年齢制限があります(18~22歳)。
    対象は高校卒業または同程度の学力を有する者とありますが、試験内容はヤマハグレード5級に
    準ずるとのことです。入学金・授業料もかかりますので高校卒業後の進路の一つと考えて
    高校在学中に対策をすることになるでしょう。
    ヤマハの講師を養成する専門的な機関で、2年次修了時に「ヤマハ音楽教育システム講師資格
    認定試験」を受け、システム講師に必要な音楽力の確認がなされます。
    こちらの詳細はヤマハ音楽院からご覧いただけます。

ヤマハ音楽教室のグレードについて

ヤマハ音楽教室では、幼児科の後半で初めて「基礎グレード試験」を受けることになります。このグレードシステムとはどんなものなのでしょうか。

「グレードとは?」「グレードの種類と受験料」はグレードの基本情報を、それ以下の「グレードの準備」「グレード試験の流れ」「試験内容」「試験結果」については基礎グレードに関する情報をまとめています。

ヤマハ音楽教室のグレードについて

  • グレードとは?
  • ヤマハには独自の「グレード」と呼ばれる検定制度があります。この検定試験の対象は
    音楽を学ぶすべての人となっていて、特別な受験資格は必要なく、ヤマハ音楽教室に通って
    いなくても受けることができます。
    グレード試験を受けることで、客観的に自分の力を知り、今後その能力を伸ばしていくための
    指針とすることができます。

    この検定試験は1,967年に制定され、多くの人が受験しています。その数は1千万人を超えています!
    しかも、日本だけではなく海外の40以上の国と地域でも試験が行われていて、社会的にも
    認められている音楽能力基準となる試験だと言えます。

  • グレードの種類と受験料
  • グレード試験は、「ピアノ:2~13級」、「エレクトーン:2~13級」、「指導者:5~3級」、
    「管楽器(FL・SAX・TP・CL):3~10級」、「クラシックギター:3~10級」、「ドラム:6~10級」が
    あります。

    グレードのレベルを大きく分けると、鍵盤初心者を対象とした13~11級、学習者のための
    10~6級、より高い演奏力を目指す方や指導者を目指す人のための5級以上、ヤマハ音楽教室幼児科
    修了生を対象とした幼児科音楽音楽基礎グレードがあります。
    以下、対象者と目標および受験料の一覧です。

    グレード 対象者と目標 受験料
    2級 対象:演奏家、演奏家を目指す人(演奏グレード3級を持っているか、同等の音楽力がある人)

    目標:より高い演奏力
    52,500円
    5級~3級
    (演奏グレードと指導者グレードがあります)
    対象:音楽の指導者や専門家、それを目指す人

    目標:プロとしての専門的な音楽知識・能力取得
    演奏グレード:5級9,450円、4級10,500円、3級12,600円
    指導グレード:5級8,400円、4級9,450円、3級12,600円
    10~6級 対象:音楽を学ぶ人や趣味で楽しむ人

    目標:学習成果と目標を確認し、学習意欲向上へとつなげる
    10級 4,200円
    9~8級 5,250円
    7~6級 6,300円
    13~11級 対象:鍵盤初期学習者

    目標:各テキストを修了した時点で、学んだことや身についたことを確認し、次のステップへの意識を高める
    1,575円
    音楽基礎グレード 対象:ヤマハ音楽教室幼児科在籍生

    目標:幼児科2年間の学習成果の確認と、今後の指針を個々に確認する
    3,150円


    以下、基礎グレードについての情報となります。それ以外のグレード情報は、
    ヤマハグレードにてご覧いただけます。

  • グレードの準備
  • グレードには色々種類があることは上に書きましたが、ここでは「基礎グレード試験」について
    書いてみますね。
    基礎グレード試験は、幼児科のレッスンを受け、2年目の後半あたりで受験します。
    子どもにとっては初めてのグレード試験。親にとってもそうだという方も多いでしょう。
    グレード対策って何か必要なのでしょうか?

    基本的に、この基礎グレード試験は、落とすための試験ではありません。2年間で身に付いたこと、
    そして今後の目標を確認するための試験です。なので、レッスンの内容の見直しをすると良いですね。

  • グレード試験の流れ
  • グレード試験の流れを簡単に書きます。試験には保護者が付き添い入室します。試験時間は
    1人10分程度となっています。

    試験の日程等を知らされる

    申し込み用紙に記入し提出(受験料を添えて)

    家で試験対策(日ごろのレッスン曲の見直し)

    当日、会場へ。入室しあいさつ

    先生の指示に従って試験を受ける

    口頭でのアドバイスを受ける

    あいさつをして退場

    数週間後に結果を受け取る

  • 試験内容
  • 基礎グレード試験の内容は、A音楽基礎力と、B2年間の成長・総評に分かれます。

    A音楽基礎力 1.うたうこと
    担当の先生の伴奏に合わせて、「ぷらいまりー」の中から好きな曲(歌詞唱もしくはレパートリー)を1曲選んで、歌詞またはドレミで歌います。(歌詞唱は1番だけでも良い)

    2.きくこと
    担当の先生がピアノでメロディーや和音を弾くので、それを聴きドレミで歌ったり弾いたりします。メロディーはレッスンで習った暗唱曲から1曲が課題として出されます。和音はレッスンで習ったところ(ハ長調・ト長調・ヘ長調・ニ短調)から出されます。ドレミで歌うか弾きます。

    3.ひくこと
    「ぷらいまりー3,4」「ホームワーク3,4」の中のレパートリー曲を2曲選んで弾きます。ピアノかエレクトーンかは申し込みの時に選んでおきます。

    4.よむこと
    当日演奏した自由曲の楽譜の中から、担当の先生が指示しますのでドレミを読むか歌うかします。ト音記号、ヘ音記号のそれぞれ2小節程度となっています。

    5.つくること
    「ぷらいまりー」で習った曲のメロディーに演奏を付けて弾きます。担当の先生が一度メロディーを通して弾いてくれます。
    B2年間の成長(音楽に向かう姿勢、意欲)・総評 2年間の成長:2年間のレッスンを通して培われてきた、グループレッスンに対する価値観や、音楽に対する意欲などについて、担当の先生からアドバイスをもらいます。

    総評:当日の音楽基礎力の実施を通して確認できたことや、日ごろのレッスンを通して身になった2年間の成長についても具体的に口頭にてアドバイスをもらいます。
  • 試験結果
  • 試験が終わって3~4週間くらいで、試験結果が送られてきます。
    講評もあり、これは試験の時の状況だけではなくて、日ごろのレッスンの様子についても
    含まれます。子どもが自信をつけて頑張る気持になるようなことばで書かれてきます。

ヤマハ音楽教室の発表会

ヤマハ音楽教室では、年に1回(または数回)発表の場があります。その発表会についてまとめてみました。

ヤマハ音楽教室の発表会について

ヤマハ音楽教室に限らず、ピアノを習っていたら発表会ってありますよね。
発表会に向けた練習は大変だし、本番は緊張するかもしれないけれど、日ごろの頑張りを
みんなの前で発表することで自信がついたり、達成感を味わったりするのもメリットのひとつ
なのでしょうね。

  • 発表会の時期
  • ヤマハで行われる発表会は、だいたい大きなものが年に1回あるくらいだと思います。
    コースや教室によっては、小さい発表会を数回行ったりもするかもしれませんが。

    おんがくなかよしコース(3歳児)以上では、5月開講→4月修了という流れがあるからか、
    修了時の発表会として、2~3月頃に行われることが多いようです。
    (うちで通っている教室は、11月頃に教室全体の大きな発表会があって、コース修了時は
    修了児だけが弾く、小さなコンサートとなっています。)

  • 発表会の会場
  • 発表会が行われる会場については、お住まいの地域や人数などの関係もありますし、通っている
    教室によって違いますね。楽器店のホールだったり、普通の公民館・市民会館のようなところ
    だったり、音響もしっかりした規模の大きなホールだったり。

    会場がおしゃれな感じなのかカジュアルなのかによっても発表会の雰囲気が変わりますので、
    会場施設に行ったことがなければ、一度は行き方や駐車場の有無などとともに、雰囲気
    (外観だけでも)も確認しておくと良いですね。

  • 発表会にかかる費用
  • 発表会が行われるにあたって、ヤマハに支払う金額は所属の教室によって異なりますが、
    会場の規模で考えてみると、楽器店のホールで行う場合だいたい2,000円~5,000円くらい、
    小さめのホールを借りて行う場合3,000円~8,000円くらい、大きくて施設の整ったホールを
    借りて行う場合5,000円~1万円くらいと考えると良いかと思います。

    これらの費用というのは、会場使用料・楽器運搬料・楽器使用料(レンタル料なども)・調律代・
    ポスターやチケットなどの印刷代・人件費などの総額から割り出すもののようです。

    ちなみにうちが通う教室では、6,500円でした。「集合写真・記念品を含む」と
    書いてありました。子どもの演奏中の写真や録音CDなどのグッズは、当日業者に個人的に
    申し込み、受け取ってからの後払いでした。写真撮影・ビデオ撮影は席からならOKなので
    業者には注文しない人もいましたね。結構高めでしたし。。

  • 発表会の服装
  • 発表会となると、やはり服装が気になります。初めて出場する場合は特にそうですね。
    入会前に発表会を見る機会があれば、何となく雰囲気や様子がわかるでしょうが、そうでない
    場合は先生に聞いたり、保護者同士で話したりして決めることになるでしょう。

    ただ、おんがくなかよしコースや幼児科等、小さい頃は「グループのみんなでそろえましょう」と
    いうことも多いかもしれません。まとめて通販で購入するとか、各自で手持ちの服を組み合わせたり
    買ったりしてそろえるとか、イメージや色をそろえるだけとかという場合もあります。

    会場の規模によっても服装は変わってきますね。大きくておしゃれなホールともなると
    (女の子なら)ドレスの子も多くなるけれど、小さな公民館が会場だとカジュアル系の子が
    多いといった感じだったりしますね。
    また、年齢の低い方が、女の子はフリフリドレス、男の子もスーツだったりするけれど、
    年齢が上がってくるとカジュアル系のおしゃれ服に変わっていったりするところもあります。

    グループ、個人、どちらにしても、迷ったらひとりで考え込まないで、先生や周りの人に
    聞いてみるといいですね。

ヤマハ音楽教室のレッスンの様子

ヤマハ音楽教室のレッスンの様子についてまとめてみました。

ヤマハ音楽教室のレッスンの様子

ヤマハ音楽教室のレッスンに関して、その形態と所要時間をまず一覧にします。

  • レッスンの形態と所要時間
コース レッスンの形態 所要時間
(教室の出入り時間を含む)
おとのおもちゃばこ
(1歳児)
保護者と一緒のグループレッスン
(8組程度まで)
1回40分
赤りんご
(2歳児)
グループレッスン
(8組程度まで)
1回40分
幼児科
(3,4歳児)
グループレッスン
(10人程度)
1回60分
ジュニアステップ
基礎コース
(小学生)
グループレッスン(3~5人程度)
または
個人レッスン(ピアノかエレクトーン)
グループレッスンは1回60分。
個人レッスンは1回30分。
  • レッスンの流れ

ヤマハ音楽教室のレッスンの流れは、簡単に書くと
入室 → はじめのあいさつ → レッスン → 宿題の確認 → おわりのあいさつ
 →退室

となります。

これをもう少し詳しく書いてみますね。
(うちで通っている教室の「幼児科」のレッスンを例にします。)

  1. 入室…ロビーで待っていて、時間になると先生が扉を開けて入室を促してくれます。
  2. はじめのあいさつ…それぞれ好きな席(エレクトーン)に着くと、「こんにちは」
    のあいさつをします。
  3. 出席を取る…一人ひとりの名前を呼んでお返事。子どもたちの様子を確認しています。
  4. レッスン開始…保護者と一緒に手をつないでCDの曲に合わせてリズムをとったり、身体を
    使って踊りながら歌ったり、エレクトーンをみんな一緒に弾いたり、一人ひとり弾くのを
    聴いたり、ピアノのところにいる先生の周りに集まってうたを歌ったり、先生がホワイトボードに
    書いたり五線にマグネットを置いたものを、自分たちのマグネット教材に同じように置いてみたり、
    ホワイトボードの前に集まって、音符を読んだり・・・・・
    といったようなレッスン内容です。
  5. 宿題の確認…家で練習してくる内容や、ホームワークの本で取り組んでくるページを確認します。
    先生がホワイトボードに書くので、それを保護者がメモします。
  6. おわりのあいさつ…出席シールを貼ったら、ピアノの周りに子どもたちが集まり、さよならの歌をうたいます。
  7. 退室…お部屋から出ます。

  • レッスンの様子
  • レッスンの様子は、回数を重ねていくうちに変わってきたり、付き添う人によって違ったり
    しますね。レッスンが始まったばかりの時期は、保護者も子どもも緊張していますが、
    だんだんと慣れていって、数か月経つと、親同士・子ども同士の交流が始まったりもします。
    週に1回会うだけでも、仲間意識が育つものですね(^^)

    レッスン前にお友達同士でロビーで遊んでいても、レッスンのお部屋に入って席に着くと
    期待感とちょっとした緊張感が漂います。
    でもはじめのあいさつの時に、他のお友達が元気なお返事をすると、他の子も負けないくらい
    元気にあいさつしたりします。来る前に何かあって、それを引きずってしまって
    気持ちが乗っていない子がいる時もありますが、レッスンをしていくうちに楽しんでいたりも
    しますね。逆に、レッスン中に間違えてしまってすねてしまう場合もありますが^^

    あと、付き添う人によって子どもの態度が変わったりは良くありますね。
    年齢的・時期的な部分もあると思いますが、いつもお母さんに甘えてふざけている子が、
    お父さんと一緒の時は、まじめに取り組んでいたり。。うちもそんなことありました。

    あまり注意をしてレッスンの雰囲気を悪くしたり、他の子のやる気もそいでしまってはいけないと、
    親としては気を使ったり困ることもあるのですが、先生は、できるだけ楽しい雰囲気の中で、
    音楽の楽しさを味わえるように、上手に声かけをしたり誘ってくれたりします。

    だから、子どもたちは毎回嬉しそうにレッスンに通ってきますね。
    「家での練習は嫌だけど、レッスンに行くのは好き!」っていう子もいるくらい。

ヤマハ音楽教室のレッスン料

ヤマハ音楽教室のレッスン料のほか、別途かかる費用についてまとめてみました。

ヤマハ音楽教室のレッスン料について

習い事をすると、月々の月謝や教材費が必要になるものですが、ヤマハ音楽教室ではどうなの
でしょうか?以下、受講するに当たってかかる費用についてをまとめます。

  • 入会金について
  • ヤマハ音楽教室のレッスンを初めて受けるためには、入会金を払って入会することになります。
    この入会金については、通いたい教室によって変わりますので、直接問い合わせるか、
    体験レッスンに参加することで教えてもらえます。

    料金は通常料金とキャンペーン料金がある場合があります。2,100円だったり2,625円だったり
    3,150円だったり・・・。でも目安としては、だいたい5,250円くらいだと考えておくと
    良いかもしれません。(それより高い場合もありますので、参考として考えてくださいね。)

    教室や時期によっては「半額キャンペーン」を行っていたり、兄弟が通っていたりすると
    半額や免除になったり、体験レッスンに参加すると半額になったりする場合があります。
    ただ、教室によって違いますので、キャンペーンがない時期に入会すると通常料金です。
    その点は教室に確認してみると良いですね。

  • レッスン料(月謝)・教材費について
  • レッスン料(月謝)や教材費は、受講するコースによって違います。以下、表にしてみました。
    金額はすべて税込です。

    コース名 レッスン料 教材費
    1歳児:おとのおもちゃばこ 3,150円 1年コース 6,722円
    半年コース 3,886円
    2歳児:赤りんごコース 月3回 4,725円
    月2回 3,150円
    1年コース 7,719円
    半年コース 3,991円
    3歳児:おんがくなかよしコース 4,725円より 入会時半年分 4,830円
    1年コースの場合は半年後に4,830円
    4,5歳児:幼児科 6,300円より 入会時半年分 7,455円
    その後は半年毎に5,145円
    小学生:ジュニアステップ基礎コース 個人レッスン 7,350円より
    グループレッスン 6,825円より
    個人レッスン、グループレッスンともに入会時およそ半年分 2,835円
  • 施設費について
  • レッスン料とともに毎月支払うことになる施設費は、レッスン会場である施設を維持管理するために
    徴収される費用です。こちらの金額は受講するコースや教室によって違います。
    幼稚園が会場になっていたりすると施設費がかからない場合があります。
    施設費の金額はまちまちで、1,000円台~2,000円台くらいを目安にすれば良いかと思いますが、
    中には3,000円越えの会場もあるようです。年間で考えると、結構痛い出費かもしれません。。

  • その他の費用について
  • その他、幼児科の2年目で受ける「基礎グレード」の受験料がかかります。この受験は任意では
    ありますが、受ける方が多いかと思います。(3,150円でした。)

    他にも発表会などのイベントがあると、その都度費用がかかります。会場によって違ってくる
    と思いますが、だいたい3,000円~1万円くらいでしょうか。