いつの間にか、自分で1曲弾けるようになってました

ジュニア科2年目の、長男のことです。
ヤマハのおんがくなかよしコース(後半)から始めて、幼児科2年⇒ジュニア科2年目と、
約4年続けてきました。

親も子も、「楽しめたらいい」というスタンスで習っているため、熱心に練習をしたり、
専門コースを目指したりということは今の時点ではありません。
でも、弾くことは好きなようで、宿題に出た曲はなかなか練習しないのに(^^;)、
自分の気に入った曲は、自分で勝手に弾いていたりします。

あと、移調が好きで、ひとつの曲を全ての調に変えて弾いてみたりしています。
ジュニア科では、色んな調のスケールとカデンツが出てくるので、その辺から興味を
持ったのかな?

学校などで覚えた曲を、右手で弾き出し、ある程度弾けるようになったら、
左手も和音で伴奏を付けてみたりしていることもあって、その辺は、
「さすがヤマハだな~」と思います(^^)
テキストには、作曲や伴奏付けのコーナーもありますし。

ヤマハの子は、指使いがきちんとできなかったり、楽譜を読めるようになるのが遅いとか、
進みが遅いとか言われたりもしますが、“耳が育つ”と言われますね。
実際、長男は幼児科まで、歌があまり得意ではなく、音を外すことも多かったのですが、
今では音をとるのがかなり上手になりました。

ヤマハや個人教室にはメリット・デメリットがあるものなので、習う目的や本人に
合うかどうかによって選べばいいことですけどね。
ピアノの技術をしっかりつけたいとか、子どもがどんどん色んな曲を弾きたがる、
自分のペースでどんどん進みたいとかだったら、個人のピアノ教室や、ヤマハの中でも
個人レッスンをつけたりしたらいいでしょうね。

うちみたいな考えだったら、ヤマハのグループで楽しくできるのがちょうどいいかも(^^)
そして、自分で好きな曲を見つけて、1曲弾けるようになっていましたから、
それなりに力もついてきているんだな~と思いました。


ちなみに、その曲は「アラベスク」です。
電子ピアノを買った時についてきた楽譜集に載っていて、私も一応弾ける曲だったので、
私が弾いてみた時に興味を持ったようです。

最近、ジュニア科2年目の、4冊目のテキストが届いて、その中にもこの「アラベスク」が
載っていたので、レベル的にもちょうど良かったんだな~と思いました。

きょうだいで、ヤマハに通うメリット

うちは、子ども3人ともヤマハ音楽教室に通っていますが、
最近、「ああ、みんなで通っててよかったなぁ~」と思える場面があります。

上の子が通い始めたのは、お友達の影響も少なからずありましたが、
体験レッスンに行って、自分で「やりたい」と言って始めたし、
下の子たちは、お兄ちゃんが通っていて、それに一緒に
ついていって、実際にレッスンの様子を見ていたこともあって、
本人たちもヤル気満々!

だから、“やらされて通っている”習い事とは違って、自分がやりたくて
習っているものという意識があるのかも・・・?
3人とも楽しんで通っています。

ヤマハって、色々コースがあって、特に小学生からのジュニア科は
専門コースに行こうとすると、かなり高い意識を持って
練習に励まなくてはならない・・・というか、自主的に練習できる子じゃ
ないと、やっていけないと思います。
うちが仮に専門コースに行けたとしても、多分やらされている感が
強くなっていって、結局音楽を楽しめなくなっちゃうんじゃないかな~
と思ったりするので、今の仲間と一緒のペースがちょうどいいと
思ってます(^^)

そして、上の子が楽しそうにしているので、下の子たちもきっと
「ヤマハは楽しいもの」という先入観(?)があるかもしれません(笑)


最近の子どもたち、まさに音楽を楽しんでいるって思える時が
よくあります。

先日書いた記事の、イントロクイズもそうです。

それから今、学芸会のために長男がよく弾いている曲があるのですが、
それに合わせて、みんなで歌ってますし、
曲がなくても、例えば車の中で、3人声を合わせて歌うんです。
ヤマハの曲も、気に入ったものがあれば何度も繰り返しているので、
三男もすっかり覚えてしまってます。

先日、私の手が離せない時に、長男に“次男の練習”をみて
もらったのですが、
自分が一度弾いた曲なので、「こういう風に弾くんだよ」と
教えていて、次男も素直に「そっか~」と聞いていて、
微笑ましくなりました(^^)

前にも書きましたが、三男のDVDをみんなで見て、ブロッコリーの
踊りを真似して踊りながら、大笑いしていたり。

それぞれに、音楽を楽しむだけじゃなくて、
きょうだいで共通の楽しみがあるって、いいことだな~って思います♪
特にうちは転勤族なので、友達とは長くいられません。
同じ趣味を持っていると、きょうだい間の絆も深まるのでは
ないかな~なんて思います。

『あまちゃん』、人気が高いんですね~!

ヤマハのオンラインメンバーに登録しているので、時々メルマガが届きます。

最新情報が載っていますので、新発売の楽器やサービス、
イベント情報なんかがありますが、その中に、私が以前利用した
『ぷりんと楽譜』の情報もあります。

最近は、そのぷりんと楽譜で、『あまちゃん』が人気のようですね☆
あまちゃん特集が組まれています(^^)

↓こんな感じ。
ぷりんと楽譜の、「あまちゃん特集」

うちでは、三男があまちゃんの曲に反応します。

私は普段、あまりテレビはかけないのですが、時々、NHK朝の連ドラか
NHK教育テレビのものをかける時があって、

ちょっと前は、NHK教育テレビの「おとなの基礎英語」を良く見ていたので、
その中の曲をすぐに覚えてしまってました。
今は、「あまちゃん」です。

上の二人は、学校等に行ってしまっているので、曲を耳にする機会も
ほとんどなく、あんまり知らないのですけどね。

つい先日、子どもたちの寝かしつけの時に、イントロクイズをしました。
みんなが共通して知っているのは、ヤマハの曲が多いので、
赤りんご~ジュニア科までの、曲やうたを歌って、当てる遊びをしていたの
ですが、ちょっと遊ぶ気持ちで、「あまちゃん」の中の「潮騒のメモリー」を
鼻歌で歌ってみたんです。

上の子は、ポカーン状態。「何それ??」と。
でも、三男は、「あ、わかった!あまちゃん!!」と、すぐに当てました。

みんなで交代でクイズを出し、ジュニア科の「クリケッツウェディング」や
「そっくりハウス」、幼児科の「こぐまのマーチ」や「はとどけい」などなど
を出し合っていましたが、

三男が最初に自分で出したクイズは・・・
赤りんごコースのDVDの、ブロッコリーの曲
(スティックセニョリータのHey!サラダンシング!!)のイントロでした(笑)

3人そろって踊っていた姿を思い出すと、今でも笑っちゃいます(^m^)

赤りんごコースの入会を迷い中~(^^;)

3番目の子を、ヤマハに入れてあげられたらいいな~と思っていたものの、
5月までに考えればいいか~と、のんきにしていました。

が、赤りんごコースの開講って、4月・10月だったんですよね。
忘れていました(^^;)
上の子たちのおんがくなかよし→幼児科や、幼児科→ジュニア科は5月だったので、
すっかり勘違いをしちゃっていました。

先日、長男のレッスンを待っている時、メンバーのお母さんとおしゃべりを
する中で、お子さんが赤りんごから入会したけれど、いまだに「楽しかった♪」と
言うそうで、下の子も入れてあげようと思っている・・・という話を
聞きました。

個人の素質ももちろんあるでしょうけれど、上のお子さんは音感も良く、
歌が上手です。音楽を楽しんでいる感じも伝わってきます(^^)
そういえば、「やっぱり赤りんごから入っていると違うのかな~」と
感じたことがありました。うちはおんがくなかよしの後半からの
入会だったので。

もう既に、4月開講の体験レッスンは終わってしまいました。
でも、体験はできなくても、開講はこれからなので、まだ入ろうと思えば
間に合います。(まあ、始まってしまってからでも大丈夫でしょうけれど)

もしも、3番目が入会するとしても、曜日は上の子たちと同じです。
今でも3番目の子を連れて行くことは多いので、何が違うかと言うと、
今までよりも1時間早く行くことと、月謝&教材費が余計にかかってくる
くらいです。

今の家計から、出費が増えるのはちょっと痛いですが・・・(*^^*;)
家計のやりくりをもっと頑張ることにして、
やっぱり、入れてあげようかなぁ~。

と迷いつつ、入れる方向に気持ちが動いています(^^)

ヤマハの音楽の中で育つ、3番目の子

最近、3番目の末っ子(2歳)が、ヤマハにはまっています(笑)
(本人が通っているのではないですが^^;)

上の子たちが小さい頃は、それなりに童謡を聞かせたり歌ってあげたり
していたので、今の末っ子くらいの年齢の時には、「ちょうちょ」とか
「とんぼのめがね」とか、そういった簡単な歌を、自分から歌っていたりしていました。

でも、3番目にはあんまり童謡を歌ってあげてないなあ~。そのせいで
本人もほとんど歌いませんねぇ。。

そのかわり・・・
上の子たちがヤマハで習っている曲や歌を気に入って、CDやDVDを
かけて喜んでいたりします。

上の子がおんがくなかよしコースの後半だった時から、おなかの中に
いた末っ子。生まれる前からヤマハの音楽を聴いています。
その後、生まれてからも幼児科の曲が耳に入ったり、
2番目の子のおんがくなかよしや幼児科も一緒に行ったり
していたので、すっかり体に染みついているのかも(?)

私が家事をしていてかまってあげられない時、幼児科のぷらいまりーや、
ジュニア科のレパートリーブックのDVDを出してきて、レコーダーにセットし、
テレビをかけて、勝手に見ている時があります(^^;)
ちょっと前は、レパートリー2の「クリケッツウェディング」と「かえりみち」を
好んでかけていました。アニメーションがおもしろいようです。

最近は、レパートリーブックDVDに入っているミュージックワークを
一人で勝手にやっています。
上の子たちがやっていたのを見たり、自分で正解・不正解を出しているうちに
覚えてしまったようで、特定のレベルの問題はいつも全問正解Σ(゜ロ゜)
「ぴあの」だの、「とおんきごう」だの、「ふぁしゃーぷどれ」だの、
一人前に口にしながら。

たまに別のレベルの問題を始めると、時々間違いますけれどね。その不正解の時の
「ブブーッ!」という音が嫌なようで、正解をわかっていても私にリモコン操作を
押しつけてきます。この音を聞くと、「ぶぶーっ、やだの」と涙目になってます(^m^)

この時期の子どもって頭で考えるより視覚で覚えちゃったりしますよね。
いわゆる「右脳の時期」っていうものですかねー。

そんな感じで、既にヤマハを楽しんでいる末っ子。もしかしてヤマハに通わせてみたら、
結構イイ線行くのでは??・・・なんて思ってしまいます(笑)
(ヤマハでなくても、音楽の環境を与え続けたら・・・。でも、かえって新鮮さがなくて
やる気が出ない?)

この春から、赤りんごコースにでも入れてみたいけれど、
さすがに3人もヤマハに通わせるというのは・・・
出費が・・・
ということで、躊躇しちゃいますね。
進級するにつれて月謝が上がっていくし・・・(><)

1人目だと、習い事もそれほど考えずにさせてあげられたけれど、3人目の習い事は
上の子たちのようにさせてあげられないだろうな・・・と思うと、ちょっと
もったいない気もしちゃいます(笑)