幼児期の習い事

幼児期に受けられる習い事にはどんなものがあるのかな?学習系・スポーツ系・音楽系に分けて一覧にしてみました。ランキングも載せておきます。

幼児期の習い事

頭の柔らかいうちに何かやらせてみたい!と、子どもの能力の可能性を信じて、習い事を
始めようと思った時、一番簡単で確実なのは、専門家に教えてもらうことですよね。

勉強熱心で器用な方だったら、家庭でうまく教えてあげられるかもしれませんが、
専門的な機関は、教えるためのカリキュラムを系統立ててシステムを組んでいたり
研修を行ったりしているので、さすがプロのテクニック!と感じることも多いのでは
ないでしょうか。
もちろん先生と子どもの相性や、先生と保護者の相性なんかもありますので、一概に
言えないかもしれませんけれど・・・。

以下、幼児期に受けられる習い事にはどんなものがあるのかを、一覧にしてみました。

学習系

・英語、外国語:ECCジュニア、こども英会話ミネルヴァ、イーオンキッズ、NOVAキンダー、
個人の英語塾など
・学習塾:くもんなど
・幼児教室:七田チャイルドアカデミー、こどもクラブ、めばえ教室、ミキハウスキッズパルなど
・そろばん教室

スポーツ系

・スポーツクラブ
・スイミング
・ダンス
・バレエ
・サッカー
・体操
・空手・柔道・剣道などの武道系

音楽系

・音楽教室:ヤマハ、カワイなど
・ピアノ
・バイオリン
・ソルフェージュ
・リトミック
・キッズボーカル

アート系

・アート
・絵画
・造形(工作)

幼児期の習い事ランキング

幼児期の習い事のランキングです。

  • No.1 スイミング(42.2%)
  • No.2 ピアノ(19%)
  • No.3 英語・英会話(16.1%)
  • No.4 体育・体操(12.8%)
  • No.5 リトミック・音楽教室(11.8%)
  • No.6 サッカー(9%) (男の子のみだとNo.2)
  • No.7 くもん(8.5%)
  • No.8 幼児教室(7.6%)
  • No.9 学習塾(5.7%)
  • No.10 習字(4.7%)
  • (時期は2011年。回答数500弱) 参考サイト:All About

    体を動かす機会の減った現代を象徴しているのでしょうか。スイミングが飛びぬけて
    人気ですね。体を丈夫にするために始めた、という声も聞きます。
    ピアノは2番人気。特に女の子に人気ですよね。第5位のリトミック・音楽教室と合わせると
    音楽系はスイミングに近づく勢いです。
    英語は小学校でのカリキュラムに組まれたことで、人気が高まっている部分もあるようです。

    こう見てみると、英語以外、体を動かす習い事が上位を占めていますね~。

    前の記事 『幼児期の音楽教育』← 「幼児期の習い事」

    幼児期の音楽教育

    幼児期の音楽教育について、脳の発達の観点から考えてみました。

    音楽教育を始める時

    幼児期に音楽教育を始めようというきっかけは様々にあると思います。
    子どもが音楽に関心を示した時に「好きなことをさせてあげたい。伸ばしてあげたい」と思ったり、
    「将来的に音感が身について歌がうまくなったり楽器を弾けるようになったらいいな」と期待したり、
    親自身が音楽好きで、「子どもにも音楽に触れて楽しんでほしいな」と思ったり、
    子どもに夢を託したり・・・といったきっかけが多いでしょうか^^

    幼児期の音楽教育は、どちらかというと「すぐに教育の結果を出したい!」というよりも、
    その時に子どもが興味のあることを楽しめたらいいという、子育てのプラスアルファな部分だったり、
    将来的に役立つかもしれないといった長期的な視点だったりするかもしれませんね。

    幼児期の脳の発達

    音楽は、子どもの脳の発達にも精神的な部分にも影響を与えますが、ここでは脳の発達に
    関する部分を考えてみましょう。

    脳は「左脳」「右脳」に分かれます。
    「左脳」は、論理的にものごとを考え、言葉を操るための脳です。そして「右脳」は、
    記憶や創造力、大量の情報処理能力があり、高速リズムで動く脳です。
    右脳の方が先に発達するのですが、赤ちゃん時代はまだ右脳が優位な状態なんです。

    それが、3歳を過ぎるころになると左脳の方が優位になっていき、だんだんと右脳の能力は
    使われなくなってしまうのだそうです。
    この右脳が優位である時期に、活性化させる働きかけをすることによって、年齢が上がっても
    右脳をうまく使うことが可能なのだということです。

    左脳については、文字を覚えたり、書いたり、話を聞いたりすることで発達しますし、
    体の右側を使うことでも発達が促されます。右利きの多い日本。また、読む書く話すが
    重視される教育から、左脳を使うことが多い環境と言えます。

    一方、右脳に関しては、音楽を聴いたり絵画など、直観的な能力が関係してきます。
    促されます。体の左側を使うことも発達を促します。

    この脳の発達、おなかの中の胎児の時から脳が作られますが、生まれてからとても速いスピードで
    発達して行きます。2歳で約60%、6歳で約90%、10歳で約100%の発達が完了してしまうということです。
    2歳にして半分以上の発達をしてしまうのですから、幼児期の脳の発達の重要性がわかりますよね。

    さて、現代の教育環境の中では、左脳を伸ばす機会は結構あるかと思いますが、右脳を伸ばすには
    それなりの知識と努力をもって、意図的な働きかけが必要となってきますよね。
    その右脳の発達を促す方法の一つとして、幼児期に“音楽教育”を用いることは、とても有効
    なのではないでしょうか。

    前の記事 『幼児教育について』← 「幼児期の音楽教育」 →次の記事『幼児期の習い事』

    幼児教育について

    幼児期の音楽教育についてを考える前に、幼児教育についてまとめてみました。

    幼児教育について

    お子さんをお持ちの方なら、誰もが一度は、または何度も我が子の「教育」について
    考えることと思います。
    赤ちゃんは様々な可能性を秘めていますので、「こんなことを教えたい」、
    「こんなことが得意になって欲しい」・・・と夢を託したくなりますよね(^^)
    親として、今どんなことをしてあげられるかな、と真剣に考えたりします。

    教育機関である幼稚園や、それに準ずる保育園にて行われる幼児教育についても
    初めて通わせる時は情報を収集して、納得の上で選びたいと思いますが、
    家庭における教育についても、様々な家庭用の本や教材があったり、雑誌やネットからの
    情報があるので、どれがいいのかと悩んだりしますよね。

    また、幼稚園・保育園・家庭以外で行われる幼児教育に関しては、誰もが通うわけでは
    ないので、特に教育に関心をお持ちのご家庭が多いかなと思います。

    さて、幼児期は人生の基礎を築く時期でもあるので、とても重要ですね。
    基本的にはそれぞれの家庭で行われる教育・しつけが子どもの人格や性格を形成
    するのに多大な影響力を持ちます。
    それゆえに、この時期の教育に関心を持ち、適切な教育を受けさせたいと願うのは
    当然のことかもしれません。

    幼児教育の種類

    ここでは、幼稚園・保育園において行われる幼児教育については含めず、家庭で行う
    または家庭外で行う幼児教育の種類について挙げてみます。

    家庭で行う幼児教育

      ・一般的な家庭教育(保護者の働きかけ。市販の絵本や玩具、CD、DVDなどを用いたりも。)
      ・教材やメソッドを用いた幼児教育(例として「こどもちゃれんじ」、「家庭保育園」、「しちだ式」、「ディズニー英語システム」など)
      ・家庭教師やベビーシッターによる教育

    家庭外で行う幼児教育

      ・学習系の幼児教室(例として「英語教室」、「学習教室」、「公文式」などの塾)
      ・芸術系の幼児教室(例として「音楽教室」、「リトミック教室」、「ピアノ教室」、「絵画教室」、「工作教室」など)
      ・体育系の幼児教室(例として「体操教室」、「水泳教室」、「サッカー教室」など)

    前の記事 『色々な音楽教育』← 「幼児教育について」 →次の記事 『幼児期の音楽教育』

    色々な音楽教育

    「音楽教育」と一言でいっても、細かく分けてみたら色々なものがあります。ここでは、どんな音楽教育があるのかをあげて、簡単にまとめてみます。

    色々な音楽教育

    音楽教育には「広義の意味合い」と「狭義の意味合い」があると、「音楽教育とは」のページで
    述べました。

    広義には、生まれてから(生まれる前から?)生活を送る中で、意図的でなくても
    触れたり教わったりする音楽すべてが「音楽教育」と言ってもいいくらいだなと思います。

    狭義には”特定の機関で意図的に行われる音楽の教育”ですので、教える側(先生)と
    教わる側(生徒)の関係ができるような音楽教育と言えばいいでしょうか。
    すぐに思い浮かぶのは学校教育の中の、教科としての音楽ですよね。
    誰もが小中学校で音楽の授業を受けてきましたからね。
    (海外では小中学校で音楽が必須でないところもあるようですが・・・)

    小さいうちに受ける音楽教育は、幼稚園や保育園で触れる音楽だったり、
    おけいこごとの中で教わる音楽がありますね。
    家庭で保護者が意図的に触れさせる音楽もそうだと言えるでしょう。

    その他、誰もが受けるわけではありませんが、ピアノやバイオリン、フルート、ドラムなどの
    楽器を教わる各教室、ダンスや歌など曲に合わせて自らの声や体での表現を教わる教室、
    部活動やサークル活動での音楽活動など、様々な音楽教育が考えられます。

    以下、これらの狭義の音楽教育の種類について、簡単に書き出してみました。

      学校関係の音楽教育

    • 小学校・中学校の教科の「音楽」やクラブ・部活等
    • 高等学校の教科の「芸術」での音楽、専科の「音楽」やクラブ・部活等
    • 大学での教養科目や専門科目での講義、部活・サークル等

      学校以外の場での音楽教育

    • 音楽教室に所属して教わる
    • 個人的に教わる(ピアノ・バイオリンなど)
    • 合唱団や団体に所属して教わる

      幼児教育の中の音楽教育

    • 家庭で触れる音楽・歌・リズム・ダンス等
    • 幼稚園・保育園で触れる音楽・歌・リトミック・リズム・ダンス等
    • 音楽教室など、家庭や保育園・幼稚園以外で教わる音楽

    まだまだ色々な種類のがあると思いますが、当サイトで取り上げる音楽教育は
    特に「ヤマハ音楽教室」についてですので、「学校以外の場」や「幼児教育の中」の
    音楽教育となります。

    前の記事 『音楽教育とは』← 「色々な音楽教育」 →>次の記事 『幼児教育について』

    音楽教育とは

    普段あまり意識して考えたことのなかった「音楽教育とは何か」について、調べてみました。

    音楽教育とは

    普段の生活の中で、「音楽教育とは何か・・・」なんて、あまり気にすることはありませんでした。
    単に「音楽を教えること」と言ってしまえば簡単ですけれど、今回、音楽教育に関することを
    まとめてみようと思ったので、まずは音楽教育の定義を調べてみることにしました。

    まずは手持ちの辞書を引いてみます。音楽教育という項目はないので「音楽」と「教育」に
    分けます。

    ★音楽→おとの芸術。拍子・音色・和声などに基づいて、種々の形式に組み立てられた曲を
    人の声や楽器で奏する芸術。
    ★教育→1.おしえそだてること。2.未成熟者の心身の諸性能を発達させる目的で、
    そのための刺激や影響を、一定の方法で一定期間続けてあたえること。

    と書いてありました。(引用文献:角川国語辞典)

    次に、こちら。
    ★音楽教育(おんがくきょういく、英語: music education)とは、音楽に関連する教育活動・内容の総称。
    (参照:ウィキペディア:音楽教育とは

    一言で説明するとそうなりますよね。とても広い意味での「音楽教育」です。

    そして、事典によると、

    ★日常生活のなかで、竹林をぬける風や雨だれの音、鳥の鳴声など自然の音や、多種多様な音楽に
    耳を傾けさせ、あるいは労働や祭りや遊びのさいに歌や踊りを教え、ともに歌い奏し踊ることにより、
    人間はさまざまな音や音楽の美しさを次の世代に伝えてきた。これらは広義の音楽教育である。
    狭義には特定の機関で意図的に行われる音楽の教育をいう。古くはプラトンや孔子が、
    音楽が道徳性の涵養に役だつことを説いており、ヨーロッパでは古代ローマから中世を通じ、
    自由人の学ぶべき伝統的教養としての自由七科の一つに音楽がとり入れられていた。

    と書いてありました。(引用文献:世界大百科事典)

    「広義の音楽教育」と、「狭義の音楽教育」とに分けて書かれています。
    昔から、人が関わっているものや、そうでない自然なものから出る音やリズムなどを楽しみ、
    大事にし、伝えてきたのだなあと思わされる内容ですね(^^)

    onpu1

    子育てをしていると、子どもと一緒に、ことばや楽器の音・歌・リズム・遊びの中で出る音・
    自然の中で聞く音・動物の鳴き声などをたくさん楽しませたいな~と思いますが、
    広義の音楽教育の部分ですよね。

    そして、子どもの成長につれて、保育園や幼稚園に通う中で、歌・おゆうぎ・リトミック・ピアノ
    なんかが身近になり、小学校では教科としての音楽教育が始まります。狭義の音楽教育の部分ですね。
    更に、学校教育以外でも、ピアノやリトミック、バレエなどのおけいこを始めたりする場合もあります。 
    中学校や高校での部活やおけいこごと、大人になっても音楽教育を受ける機会はあります。
    カラオケ教室だって、ひとつの音楽教育と言えますしね。

    このサイトで取り扱う音楽教育の幅は、子どもへの音楽教育としています。
    「教育」といってもあまり堅苦しく考えずに、楽しく音楽を身近に感じられるように
    なったらいな♪と私は思います(^^)

    「音楽教育とは」→次の記事 『色々な音楽教育』