広 告

ヤマハ音楽教室のレッスンの様子

ヤマハ音楽教室のレッスンの様子についてまとめてみました。

ヤマハ音楽教室のレッスンの様子

ヤマハ音楽教室のレッスンに関して、その形態と所要時間をまず一覧にします。

  • レッスンの形態と所要時間
コース レッスンの形態 所要時間
(教室の出入り時間を含む)
おとのおもちゃばこ
(1歳児)
保護者と一緒のグループレッスン
(8組程度まで)
1回40分
赤りんご
(2歳児)
グループレッスン
(8組程度まで)
1回40分
幼児科
(3,4歳児)
グループレッスン
(10人程度)
1回60分
ジュニアステップ
基礎コース
(小学生)
グループレッスン(3~5人程度)
または
個人レッスン(ピアノかエレクトーン)
グループレッスンは1回60分。
個人レッスンは1回30分。
  • レッスンの流れ

ヤマハ音楽教室のレッスンの流れは、簡単に書くと
入室 → はじめのあいさつ → レッスン → 宿題の確認 → おわりのあいさつ
 →退室

となります。

これをもう少し詳しく書いてみますね。
(うちで通っている教室の「幼児科」のレッスンを例にします。)

  1. 入室…ロビーで待っていて、時間になると先生が扉を開けて入室を促してくれます。
  2. はじめのあいさつ…それぞれ好きな席(エレクトーン)に着くと、「こんにちは」
    のあいさつをします。
  3. 出席を取る…一人ひとりの名前を呼んでお返事。子どもたちの様子を確認しています。
  4. レッスン開始…保護者と一緒に手をつないでCDの曲に合わせてリズムをとったり、身体を
    使って踊りながら歌ったり、エレクトーンをみんな一緒に弾いたり、一人ひとり弾くのを
    聴いたり、ピアノのところにいる先生の周りに集まってうたを歌ったり、先生がホワイトボードに
    書いたり五線にマグネットを置いたものを、自分たちのマグネット教材に同じように置いてみたり、
    ホワイトボードの前に集まって、音符を読んだり・・・・・
    といったようなレッスン内容です。
  5. 宿題の確認…家で練習してくる内容や、ホームワークの本で取り組んでくるページを確認します。
    先生がホワイトボードに書くので、それを保護者がメモします。
  6. おわりのあいさつ…出席シールを貼ったら、ピアノの周りに子どもたちが集まり、さよならの歌をうたいます。
  7. 退室…お部屋から出ます。

  • レッスンの様子
  • レッスンの様子は、回数を重ねていくうちに変わってきたり、付き添う人によって違ったり
    しますね。レッスンが始まったばかりの時期は、保護者も子どもも緊張していますが、
    だんだんと慣れていって、数か月経つと、親同士・子ども同士の交流が始まったりもします。
    週に1回会うだけでも、仲間意識が育つものですね(^^)

    レッスン前にお友達同士でロビーで遊んでいても、レッスンのお部屋に入って席に着くと
    期待感とちょっとした緊張感が漂います。
    でもはじめのあいさつの時に、他のお友達が元気なお返事をすると、他の子も負けないくらい
    元気にあいさつしたりします。来る前に何かあって、それを引きずってしまって
    気持ちが乗っていない子がいる時もありますが、レッスンをしていくうちに楽しんでいたりも
    しますね。逆に、レッスン中に間違えてしまってすねてしまう場合もありますが^^

    あと、付き添う人によって子どもの態度が変わったりは良くありますね。
    年齢的・時期的な部分もあると思いますが、いつもお母さんに甘えてふざけている子が、
    お父さんと一緒の時は、まじめに取り組んでいたり。。うちもそんなことありました。

    あまり注意をしてレッスンの雰囲気を悪くしたり、他の子のやる気もそいでしまってはいけないと、
    親としては気を使ったり困ることもあるのですが、先生は、できるだけ楽しい雰囲気の中で、
    音楽の楽しさを味わえるように、上手に声かけをしたり誘ってくれたりします。

    だから、子どもたちは毎回嬉しそうにレッスンに通ってきますね。
    「家での練習は嫌だけど、レッスンに行くのは好き!」っていう子もいるくらい。

広 告