広 告

基礎グレード試験も3回目で最後。三男、受けてきました☆

三男の幼児科ももうすぐ終了です。

親が一緒に参加するコースはこの幼児科まで。
長男・次男・三男と3人分付き添ってきたので、おんがくなかよしコース幼児科にはとても思い入れがありますねぇ(^^)

三男は上の2人よりも早く始め、赤りんごコースも経験しました。おんがくなかよしコースも、上の2人は秋から始めて半年だけだったのだけど、三男は赤りんごから進級したので春から1年間通いました。

そして幼児科2年間。幼児科の締めくくりは、基礎グレード試験です。

三男も、その最後の基礎グレードを受けてきましたよ(^^)/

↓よろしれば応援クリックもお願いします♪
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ

上の2人の、基礎グレードの記事はこちら↓
長男の基礎グレード⇒ 『ヤマハ体験談(グレード試験について):基礎グレード試験
次男の基礎グレード⇒ 『ヤマハ基礎グレード試験、受けてきました★ ~次男編~

基礎グレード試験 ~三男編~

試験のちょっと前に着けばOK

上の2人の試験と違って、今回は人数の多いクラスです。順番に時間が指定されていました。
その指定時間のだいたい5分前に着いていればOKで、私たちは今回、長男の用事もあり送らなければならなかったので、ちょっと早めに家を出ていました。

長男を送った後、入学のための学用品を買いに行ったりして時間をつぶし、その後指定の時間の10分前には会場へ。

指定の教室の前で待っていると、しばらくして前に受けていた子がお母さんと一緒に出てきました。その後少ししてから名前を呼ばれ、親子で入室します。

事前レッスンの最後に、あいさつの仕方を教えてもらっていたので、扉を開けたら立ち止まってあいさつし、担任の先生に促されて子どもは試験官の先生の前に立ち、親は椅子に座りました。

そうそう、持ち物は特に何も言われていなかったのだけど、何となくいつものレッスンバッグを持って行きました。中には課題曲の載っているテキストも入れて。でも、これは使いませんでした。

上の子たちの時も持って行ったような気がしますが、やはり使わなかったですね。その時のことをすっかり忘れてまた持って行っちゃいました(笑)

基礎グレード試験、開始☆

まずはうたです。三男が選んだのは『げんきOK!

前日のレッスン時にうたったよりは声が出ていました。音程も頑張ってとっていましたね。上の2人の時よりも音程に関してはハラハラしなかったかも。やはり小さい頃からレッスン受けているからなのかな?

それから和音。カデンツですね。『ドミソ』と『ドファラ』でした。ドミソはすぐわかったけれど、うちで練習した時はドミソ・シファソばかりだったので、思わずシファソと言ってしまってました(^^;)

先生に「シファソかな?」と言われてすぐ、「ドファラ」と言い直しましたが。

そのあとに『ドレミ・ミ・ド、ドレミ・ミ・ド、ドレミ・ミ・ファ・ミ・レー』のうたでした。(これ、タイトルなんでしたっけ?)

次にピアノの前に座って、自分が選んだ2曲を弾きます。『おちば』と、『あかいとり』。間違わずに落ち着いて弾けていました。ホッ。音符読みは『おちば』で、ト音記号とヘ音記号を4小節くらい読みました。

最後に、『はと』のアレンジ演奏で終了です。

試験が終わったら、講評をいただく

その後、椅子に座って試験官の先生の講評を聞きました。

・うたが元気よく歌えていたこと。
・和音もすぐわかったこと。
・曲も上手に弾けていたこと。

など、良いことを言ってもらいました^^
「弾くの好きなのかな?」と聞かれて、「あまり好きじゃない。」と素直に(?)返事をした時は、ちょっと苦笑でしたが(TT)
先生も笑って、「でも上手だから、おうちで結構練習しているんでしょう?」と言われて「はい。」と答えてました。

三男は、言われると練習しません。放っておくと自分からするのですが、私が教えようとすると途中で機嫌が悪くなりやすいので、なかなか難しい子なんですよね~。まあ、自分では頑張っていると思っているんでしょう。

「歌は好きですか?」には「はい。」と答え、私も安堵の笑いが。
「これからも色々な曲を弾いて楽しんでください。きっとすぐに上手になりますよ。」と言ってもらいました。

「ありがとうございました。」のあいさつをして、退室です。

本人に、緊張した?と聞いてみたら、「いいや~」だって。「弾くの好き?」に「あまり」と答えられるくらいだもんね(苦笑)

まあとにかく、三男にとっての初めてのグレード試験は、無事終了しました(^^)/

次は2年後くらいに9級を受けることになるかな~?

広 告

コメントを残す




CAPTCHA