広 告

長男、エレクトーンステージ札幌会場にて演奏しました

最近、なかなか書けずにいましたが、3人とも元気にヤマハに通っています^^

前回の記事が4月ですので・・・5月にそれぞれ進級して、新しいコースに入ったことも書いていませんでしたね。長男はジュニア上級科へ。次男はジュニア科へ。三男はおんがくなかよしコースになりました。

今日は長男のエレクトーンステージ出場のお話を書きますね~。

地方大会で最優秀賞に輝きました(長男)

長男のジュニア上級科のメンバーと、一つ下のジュニア科のメンバーを合わせた6人でチームを作って、2年ほどエレクトーンステージ(地方大会)に出場しています。昨年は優秀賞をいただきました。

3回目の今年はなんと!最優秀賞を受賞して、札幌の会場にて演奏することになりました。

地方大会当日は次男が熱を出してしまって、私は応援に行けませんでした。長男と夫を送り出して、家で看病&三男の相手をしながら待っていたんですよね。

審査結果が出た後、夫からメールで簡単に「最優秀賞受賞」と連絡が。とっても驚きました。エレクトーンステージに向けてのレッスンは先生が通常レッスン以外にも時間を作って行ってくださっていましたので、みんな頑張っていましたが、昨年までとはちょっと条件が変わり、出場に関して今年から大幅な変更があったこともあり、なんとなく受賞は難しいのでは?と思っていたんですよね。

(出場者数が多くなったことで賞が取りにくくなったことや、会場までが遠くなったので行くまでに疲れるかも?・・・とかです。)

そんな中、メンバーたちは力を合わせて、良い演奏を聞かせてくれたようです。あ~、私もその場にいたかったな~(^0^)

受賞祝いに、お父さんと一緒にお寿司を食べて帰ってきた長男は、嬉しそうに「最優秀賞」の盾を見せてくれました^^

そしてエレクトーンステージ札幌会場へ

地方大会で最優秀賞を受賞したチームは、札幌の会場で演奏することができます。

札幌は遠いので日帰りというわけにはいかないため、メンバーの意向も確認しなければならなかったようですが、幸いみなさん都合が大丈夫だったので、全員で出場することができました。

8月上旬の札幌会場での演奏のため、夏休みに入ってまた特別レッスンをしてくださり、前日に最終レッスンがあって合わせ、それぞれに札幌に向かいました。

当日の会場は『Zepp札幌』というところです。私は初めて行きました。ライブ等を行えるような会場なのですね。ここの入り口に集合して、リハーサル演奏をする時だけ、写真やビデオの撮影ができました。

リハーサルを終えると、メンバーは先生と一緒に行動し、家族は一度会場から出なければなりません。お昼を挟んでいたし、開場までにも結構時間があったので、本当はどこかへお昼を食べに行ったりしようかと話していたのですが、会場を出たらびっくり。もう列を作って並んでいます。

それを見て、やっぱり並んだ方がいいのかな・・・と、最後尾につきました。そして私だけすぐ近くのコンビニへ行き、お昼ごはんを買って来て、並びながら食べましたよ。同じようにしている方、結構いましたね。

いつも田舎に住んでいるので、こんな風に並ぶことなんてめったにありません。ちょっぴり新鮮でした(笑)

開場時間になると、列もちょっとずつ進んでいき、チケットを渡すとドリンクコインがもらえ、そのコインをカウンターに持って行くとドリンクと交換してもらえます。おまけにドリンクホルダーストラップ(?)もついてきました。

「ワンドリンク付き」って、こういうことだったんですねぇ。おもしろい^^

ドリンクを持って席を探します。前方にもまだ開いている席があったのですが、うちは三男が静かに見られるかわからなかったので中ほどの席の通路側に座りました。

エレクトーンステージ、開演

いよいよ開演。司会のトークで会場が盛り上がり、エレクトーンステージ常連さんもいるみたいでした。うちは初めての出場でしたけれど、何度も出演しているような子もいるようですしね。

さすがに「市民会館」だとかの発表会なんかとは違って、音響や照明が一味違いましたね~。演奏にもちょっとしたパフォーマンスがあったりして、楽しめるステージでした(^^)

ただ、前日の長距離の移動や、当日は朝から外出していたため、下の二人は疲れてしまい、三男は途中で夢の中へ。次男はしきりに「疲れた・・・」と。それで、第1部が終わって休憩になった時に、会場を後にしました。第2部も見ていたら夜になってしまうので・・・。

最後に、出場記念のつもりでDVDを予約して帰りました。

今回の札幌での演奏、長男にはとってもメンバーにとっても、本当に良い経験&思い出になったと思います♪

私たち家族も、ドキドキしながら応援していましたので、無事に終わってホッとしました(^^)

広 告

コメントを残す




CAPTCHA