広 告

きょうだいで、ヤマハに通うメリット

うちは、子ども3人ともヤマハ音楽教室に通っていますが、
最近、「ああ、みんなで通っててよかったなぁ~」と思える場面があります。

上の子が通い始めたのは、お友達の影響も少なからずありましたが、
体験レッスンに行って、自分で「やりたい」と言って始めたし、
下の子たちは、お兄ちゃんが通っていて、それに一緒に
ついていって、実際にレッスンの様子を見ていたこともあって、
本人たちもヤル気満々!

だから、“やらされて通っている”習い事とは違って、自分がやりたくて
習っているものという意識があるのかも・・・?
3人とも楽しんで通っています。

ヤマハって、色々コースがあって、特に小学生からのジュニア科は
専門コースに行こうとすると、かなり高い意識を持って
練習に励まなくてはならない・・・というか、自主的に練習できる子じゃ
ないと、やっていけないと思います。
うちが仮に専門コースに行けたとしても、多分やらされている感が
強くなっていって、結局音楽を楽しめなくなっちゃうんじゃないかな~
と思ったりするので、今の仲間と一緒のペースがちょうどいいと
思ってます(^^)

そして、上の子が楽しそうにしているので、下の子たちもきっと
「ヤマハは楽しいもの」という先入観(?)があるかもしれません(笑)


最近の子どもたち、まさに音楽を楽しんでいるって思える時が
よくあります。

先日書いた記事の、イントロクイズもそうです。

それから今、学芸会のために長男がよく弾いている曲があるのですが、
それに合わせて、みんなで歌ってますし、
曲がなくても、例えば車の中で、3人声を合わせて歌うんです。
ヤマハの曲も、気に入ったものがあれば何度も繰り返しているので、
三男もすっかり覚えてしまってます。

先日、私の手が離せない時に、長男に“次男の練習”をみて
もらったのですが、
自分が一度弾いた曲なので、「こういう風に弾くんだよ」と
教えていて、次男も素直に「そっか~」と聞いていて、
微笑ましくなりました(^^)

前にも書きましたが、三男のDVDをみんなで見て、ブロッコリーの
踊りを真似して踊りながら、大笑いしていたり。

それぞれに、音楽を楽しむだけじゃなくて、
きょうだいで共通の楽しみがあるって、いいことだな~って思います♪
特にうちは転勤族なので、友達とは長くいられません。
同じ趣味を持っていると、きょうだい間の絆も深まるのでは
ないかな~なんて思います。

広 告

コメントを残す




CAPTCHA