広 告

講師に関するQ&A

子どもとヤマハで音楽生活を楽しんでいますが、色々とわからないことや疑問が出てくることも
あります。その都度、自分で調べたり教えてもらったりして情報を得ていますが、いつかまた
同じような疑問を感じたり、解決したことが参考になったりするかもしれません。
また、ネット等で見つけた他の方の疑問やそれに対する答えなども、このサイトを訪れる方の
問題解決の手助けにもなるかもしれませんので、こちらにQ&A形式で記録しておきたいと思います。

こちらのページでは「講師に関するQ&A」をまとめます。

Q.講師のネイルについて

.過去にピアノの講師をしていたことがあります。その時は
マニキュアをしてピアノを弾くことは非常識とも思っていました。現在、ネイルをして
教えている先生がいまして、とても気になっています。下地の色は派手ではありませんが、
飾りがキラキラしている場合も・・・。
自分の考えが古いだけで、今はピアノ講師のネイルもおしゃれの一つとして受け入れられて
いるのでしょうか?

.ピアノを習われたことのない方や、ピアノに詳しくない保護者の方
などは、派手でなければ気にならないという方もいらっしゃいます。
でも、それなりにピアノに親しんだことのある方なら、ピアノを弾く時にネイルなどは
しないし、自分の子どもの先生にもして欲しくないと思われる方が多いのではと思います。

そして、詳しい方なら、マニキュアやネイルが良くないということも知っているでしょう。
ピアノの弾き方には、爪で弾くグリッサンドという弾き方があります。
マニキュアが剥がれて鍵盤を汚したり、細かく剥がれたものが鍵盤の間に入り込んでしまって
ピアノを傷めてしまうかもしれません。

また、ピアノを弾く人は指先の感覚を大事にします。いくら薄くであっても爪に何かを塗ると
重みでタッチが違ってきてしまうという方もいます。
そのようなことを知っていてネイルをしているのか、知らずにしているのか。

知らずにしている方も多分にいらっしゃるかもしれませんが、
爪の保護のために、やむを得ずネイルをしているという方もなかには
いらっしゃいました。

追記(2014.4.24)
※講師の方から、メッセージをいただきましたので、
回答を少し変えさせていただきました。

爪が弱く、ネイル等で保護をしなければならない場合もあるそうです。
できるだけ目立たないように透明なものを選ぼうとしても、
最近のネイルはキラキラするものも多く、目立たないものを選ぶのに
苦労されているとのことでした。

貴重なご意見ありがとうございます。

広 告

コメントを残す




CAPTCHA