広 告

子どもに関するQ&A

子どもとヤマハで音楽生活を楽しんでいますが、色々とわからないことや疑問が出てくることも
あります。その都度、自分で調べたり教えてもらったりして情報を得ていますが、いつかまた
同じような疑問を感じたり、解決したことが参考になったりするかもしれません。
また、ネット等で見つけた他の方の疑問やそれに対する答えなども、このサイトを訪れる方の
問題解決の手助けにもなるかもしれませんので、こちらにQ&A形式で記録しておきたいと思います。

こちらのページでは「子どもに関するQ&A」をまとめます。

Q.5歳の子どもですが練習をしません。

.ヤマハの幼児科に通っている5歳の子がいます。レッスンは好きで
いつも喜んで通っていますが、家では自分からは全く練習をしません。あまりに練習をしないので
いつも怒ってしまうのですが、どうしたら自分からするようになるでしょうか?

.幼児科でしたら、まだ自分から進んで練習をするお子さんの方が少ない
のではないかと思いますよ。小さいうちは親が関わらなければならないですが、怒られながら
ということが続いてしまうと、音楽が楽しいという気持ちもしぼんでしまうかもしれません。
弾くことは好きでも、「やらなければならない」という義務感が嫌だったという思い出話も
良く聞かれます。まだ「練習すればうまくなる」ということを本人が実感することも少ない
年齢ですし、自分からやろうと思う動機としては弱いかもしれません。

でも、続けていくうちに、グループの中で弾けないと迷惑をかけてしまうとか、練習は面倒
だけどうまくなったとか、アンサンブルの楽しさに目覚めたとか、本人が実感する時がきたら
自ら鍵盤に向かうようになる可能性も高いです。

特に上を目指す(将来はピアノニストに・・・とか)ということでなければ、幼児科のうちは
楽しく続けていくことを重視して、家での練習は「やらせなくては!」と思わず、「一緒に
やってみよう」くらいのスタンスでいると、親御さんも気持ちが楽になるのではないでしょうか。

ただ、練習も習慣にしてしまうと後々楽なところはあります。なので、1日5分でもいいので
声かけをして毎日続けられるといいですよね。

幼児科は鍵盤を弾くことだけが練習でもないですから。親子で一緒に歌ってみる、歌わずとも
CDをかけるだけでもいいし、お母さんが鍵盤を弾いてわざと間違えてみる・・・すると
教えててくれようとして弾く子も。できた時、弾いた時はたくさん誉めてあげると、練習も
楽しいと思えるようになるかもしれません。(だからといって、自分から練習をすることを
期待せず、声かけは続けるつもりでいてくださいね^^)

広 告

コメントを残す




CAPTCHA