広 告

電子ピアノを見に行く前に

ジュニア科のレッスンを見学して、キーボードに限界を感じた私。
「そろそろ自宅に、それなりの鍵盤楽器を用意しなくては・・・」
ということで、電子ピアノの購入を検討。
まずは、実際に商品を見に行く前に、カタログやネットで検討を始めました!

電子ピアノのをお店に見に行く前に

電子ピアノの購入を考え始めたわけですが、つい最近まで「もうちょっと
キーボードで我慢してもらって、しっかり検討してから考えよう」と
思っていたため、ほとんど情報を取り入れていませんでした。
でも、先日、レッスンを見学して、もうさすがに用意しないとっ!と
焦りを感じ、早目に考えなくちゃ!と激変した私です(^^;)

さて、近いうちに、楽器店や大きな電気屋さんのある町に行く予定が
入りました。
チャンスです!!

まだすぐに購入というわけにはいきませんが(予算が・・・(;;))
実際に触ってこられるかもしれないので、まずは基礎的な知識くらいは
つけておかないと。

ということで、前にヤマハの受付の方からもらっていたカタログを出してきました。
良く見ると・・・「クラビノーバ」と、「アリウス」のカタログでした。
それから、これもかなり前にもらったチラシですが、楽器店の展示会の
案内に、ほんの少し価格も載っていました。

アリウスは5~10万円前後で、クラビノーバは15~20万円くらいのが載っています。
クラビノーバの方がいいようだけど・・・

「クラビノーバ(Clavinova)」と「アリウス(ARIUS)」の違いって何???

「クラビノーバ」の方が良さそうですが、「アリウス」との違いって何なのでしょう?
・・・・・・ということで、ネットで検索。
色んな違いはあるようですが、簡単に言うと
「アリウス」は、他のCASIOなどのメーカーとの価格帯に合わせて作ったもの、という
ことのようです。
同じ価格帯の他社の製品と競争するために質を抑えて安くし、その分消費者も
買いやすくなる、と。

一方「クラビノーバ」は、アコースティックピアノを作るブランドとして、
色々な技術を使って作っているため、高品質で価格も高い。
でも、その分、ヤマハの高品質グランドピアノのタッチや音色を再現したり
することに力を入れています。

段階でいえば、

もし順に買い変えていくなら、
「キーボード」→「アリウス」→「クラビノーバ」→「アコースティックピアノ」といった
イメージかな。

ずっとピアノへのやる気が続いて、アリウスで物足りなくなったら次の段階に進む
という感じ。アリウスはクラビノーバよりも物足りなくなるのが早まりそう。
小学生のうち(高学年の頃)とか。
ここで、アリウスでなくてクラビノーバにすれば、中学生くらいまで持つかな?
その後は状況が許せばアコースティックで、無理ならクラビノーバの最上位機種とか。

以上は、ヤマハの製品だけみた私の勝手なイメージですが・・・。

とりあえず、ヤマハで検討

電子ピアノもいくつかのメーカーが出しているのでしょうが、レッスンではヤマハの
グランドピアノを使うので、家でもヤマハの製品でと考えています。

口コミなどを読んだ、今の考えは・・・

できればクラビノーバ。
予算は20万円以内。(本当は安ければ安いほどいいのですが;)
手が出そうな所で、

CLP-430(チラシでは14万9千円)
CLP-440(チラシでは19万9千円)
(手が出るならもちろんCLP-480CLP-470がいいです~~~)

アリウスなら、評判の良い
YDP161J(チラシでは9万4800円)
というところでしょうか。

購入場所は・・・

チラシは、ヤマハのショップなので、価格は少し高めもしれません。信頼感や
メンテナンス等考えると、ショップでもいいかなと思いますが、
安く購入するなら、大型電気店やネットショップでもいいかも。

参考記事:『電子ピアノの購入検討』

広 告

コメントを残す




CAPTCHA