広 告

幼児教育について

幼児期の音楽教育についてを考える前に、幼児教育についてまとめてみました。

幼児教育について

お子さんをお持ちの方なら、誰もが一度は、または何度も我が子の「教育」について
考えることと思います。
赤ちゃんは様々な可能性を秘めていますので、「こんなことを教えたい」、
「こんなことが得意になって欲しい」・・・と夢を託したくなりますよね(^^)
親として、今どんなことをしてあげられるかな、と真剣に考えたりします。

教育機関である幼稚園や、それに準ずる保育園にて行われる幼児教育についても
初めて通わせる時は情報を収集して、納得の上で選びたいと思いますが、
家庭における教育についても、様々な家庭用の本や教材があったり、雑誌やネットからの
情報があるので、どれがいいのかと悩んだりしますよね。

また、幼稚園・保育園・家庭以外で行われる幼児教育に関しては、誰もが通うわけでは
ないので、特に教育に関心をお持ちのご家庭が多いかなと思います。

さて、幼児期は人生の基礎を築く時期でもあるので、とても重要ですね。
基本的にはそれぞれの家庭で行われる教育・しつけが子どもの人格や性格を形成
するのに多大な影響力を持ちます。
それゆえに、この時期の教育に関心を持ち、適切な教育を受けさせたいと願うのは
当然のことかもしれません。

幼児教育の種類

ここでは、幼稚園・保育園において行われる幼児教育については含めず、家庭で行う
または家庭外で行う幼児教育の種類について挙げてみます。

家庭で行う幼児教育

    ・一般的な家庭教育(保護者の働きかけ。市販の絵本や玩具、CD、DVDなどを用いたりも。)
    ・教材やメソッドを用いた幼児教育(例として「こどもちゃれんじ」、「家庭保育園」、「しちだ式」、「ディズニー英語システム」など)
    ・家庭教師やベビーシッターによる教育

家庭外で行う幼児教育

    ・学習系の幼児教室(例として「英語教室」、「学習教室」、「公文式」などの塾)
    ・芸術系の幼児教室(例として「音楽教室」、「リトミック教室」、「ピアノ教室」、「絵画教室」、「工作教室」など)
    ・体育系の幼児教室(例として「体操教室」、「水泳教室」、「サッカー教室」など)

前の記事 『色々な音楽教育』← 「幼児教育について」 →次の記事 『幼児期の音楽教育』

広 告