広 告

ヤマハ体験談(入会した頃のこと):初回レッスンへ

管理人と、その子どもたちが通っているヤマハ音楽教室。
通う前や実際に通ってからのことなど、体験談として書いていきたいと思います。

また、自分が知りたいことなどがあったら色々調べたりしますので、
その調べたことをまとめたり、見つけた口コミなどを書き留めておきますね。


ここでは、「入会した頃のこと」を思い出して書いています。

初回レッスンへ

おんがくなかよしコース秋(11月)開講は、11月13日からでした。

体験レッスンの後、入会を決めて「教室入会申込書」に記入。
それを初回のレッスンの時に持参しました。

あらかじめ、費用のことも聞いていて、現金も持って行きました。
「入会金」3,150円、「教材費」4,830円、「11月分の月謝」4,725円。
合計で12,705円。

12月からは自動払込を利用するということで、初回にその書類をもらい、
後日、金融機関で手続きをしたので、その後は楽でしたが、いっぺんに支払いが
あるのは、結構高いなぁ~と思っちゃいますね(><)

そして、体験レッスンで一緒だった、もう一人の男の子(と弟くん)と、
その後、半年間、楽しく通うこととなります。

長男も次男も、レッスンのある日は嬉しそうでしたね。
保育所を早く帰ることも、いつもと違うので嬉しかったのかもしれません。
レッスン会場について、駐車場に止めたら、すぐにかばんを持って車を降り、
弟と手をつないで、電気屋さんに向かいます。

扉を開けて階段を上り、靴を履き替えて、レッスンのお部屋に入ると
いつもの場所のエレクトーンに兄弟で座って、先生の来るのを待ちます。
もう一人の兄弟ともコミュニケーションとりながら、私はお母さんと
お話したりして。

そして、先生がやってきて、ごあいさつ。
親子で、兄弟で、一緒に楽しい時間を過ごします。

人数も少ないので、アットホームであたたかーい空間でしたよ(^^)

おまけのエピソード

11月に始まったヤマハ音楽教室。この時、北海道の北の方に住んでいたので、
すぐに冬が訪れました。
ここでちょっぴり、冬ならではのエピソードを・・・

それは2月のある寒い日。
この年は例年にないくらい、降雪量の多い年でした。
長男を保育所に迎えに行くため、次男と車に乗りましたが、雪が降ってきてイヤな予感が・・・

海沿いの道に出て少し走っていると、雪が大降りになってきて、前が見えないくらいに!!
道路わきの矢印を頼りに、慎重に運転してなんとか保育所につきました。

そして長男を乗せて再び戻ることになるのですが、
大降りの雪は変わらず、本当にゆっくり車を走らせていると、前と対向車線に
車が止まっていたので、私も車を止めました。
どうやら吹雪のため視界が悪く、道路わきに突っ込んでしまったようでした。

しばらくしても動かない。
視界が悪いので、追い越していくこともできず、待つこと十数分・・・。
後ろにも車が追いついてきて、止まったまま状況もわからず、途方にくれました(><)

と、そこへ消防車がやってきて、私の前に止まっていた車の、すぐ後ろに停車しました。
(前の車とは車間距離をとっていたので)

その後、パトカーも対向車線の方からやってきて、なにやら消防の人と話している様子。
でも吹雪なのでどういう話になっているのかまったくわかりません。

そしてまたしばらくして、消防の人が私のところへ来たので窓を開けました。
すると、「消防車の後について進んで行って!」と一言。
進もうとすると、消防車が止まってしまい・・・???状態でいたところに
今度は警察官が、「そのまま行ってください!」と。。

よくわからないけれど、そのまま進み、慎重に走って行くうちに、なんとか
ひどい場所を抜け出したようで、前が見えるようになりました。ホッ。

そして、そのままヤマハの教室へ、やっとのことでたどり着きました~~~。

そんな状況だったので、連絡もできずにいましたが、保育所に迎えに行ったのが
結構早かったので、遅刻したのも10分程度でした。
先生も、もう一人の方も心配してくれて、帰る時に「また雪がひどくなって、運転が
大変なようだったら、うちで休んで行って」と言ってくれました。

幸い、お迎えの時のようにひどくならず、家に帰ることができましたが、
いまだに忘れられない、ある冬のエピソードです。

前の記事 『体験レッスンの様子』← 「初回レッスンへ」 →次の記事 『下の子と一緒のレッスン』

広 告

コメントを残す




CAPTCHA