子どもと音楽を楽しもう♪ ~ヤマハで音楽教育日記~

最新記事更新情報

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

『アナと雪の女王』のレットイットゴーを弾けるようになりました(^^)

今年はとっても人気の高い、ディズニー映画の『アナと雪の女王』

この映画はお話の進み方がテンポ良く、絵もきれいで、なかなか良い内容なのですけれど、やっぱり歌も人気の秘密ですよね~☆

今年の学校の運動会・学芸会や、保育園&幼稚園のおゆうぎ会なんかでは、この曲を採用しているところも多いのではないでしょうか?

うちの長男と次男が通う学校でも、レットイットゴーの合奏があるようです。長男はそのピアノ担当になっていて、かなり前(夏休み前だったかな?)から楽譜を持って帰ってきて練習していました。

長男って、気持ちが乗らないとなかなかピアノの前に座りません(^^;)
そこで、私がレットイットゴーを一緒に練習することにしました。私が弾いていたら長男も弾きたくなるようなので(笑)
この作戦が功を奏して、長男はすっかり弾けるようになりました^^

私もずいぶん上手になったのですが、なかなか暗譜ができないんですよね・・・。楽譜をめくる時に曲が中断されてしまうので、暗譜で弾きたいな~と思うのですけど。やっぱり年のせいかなあ?(TT)長男は結構早くに暗譜していたんですよねぇ。

この『アナと雪の女王』の楽譜は、ヤマハの初級バージョンのようです。(楽譜は学校側で用意してくれました。)

↓どんな感じかは、こちらから確かめられます。楽譜のサンプルや、動画もありますので^^
アナと雪の女王の「Let It Go」(初級)

この初級バージョンのレットイットゴーを弾けるようになった長男が、「もっと長いバージョンのレットイットゴーを弾きたい」と言うので、中級・上級も見てみたのですが・・・まだ長男には難しいみたい。私にも難しそう・・・。

でも長男がこのままピアノを続けていれば、私よりずっと上手になって、中級・上級も難なく弾けるようになるのかなあ~?




音楽に関係ありませんが(^^;)、アナと雪の女王のブレスレッドを見つけました。
こういった感じのアクセサリー(色合いや天然石)が好きなので、何だか気になってしまいました^^

・・・といっても、ちょっと高いので眺めるだけです(;;)
アナ雪が好きな若い方なら、恋人にプレゼントしてもらったりするのかな~。
いいな~(笑)

長男、エレクトーンステージ札幌会場にて演奏しました

最近、なかなか書けずにいましたが、3人とも元気にヤマハに通っています^^

前回の記事が4月ですので・・・5月にそれぞれ進級して、新しいコースに入ったことも書いていませんでしたね。長男はジュニア上級科へ。次男はジュニア科へ。三男はおんがくなかよしコースになりました。

今日は長男のエレクトーンステージ出場のお話を書きますね~。

地方大会で最優秀賞に輝きました(長男)

長男のジュニア上級科のメンバーと、一つ下のジュニア科のメンバーを合わせた6人でチームを作って、2年ほどエレクトーンステージ(地方大会)に出場しています。昨年は優秀賞をいただきました。

3回目の今年はなんと!最優秀賞を受賞して、札幌の会場にて演奏することになりました。

地方大会当日は次男が熱を出してしまって、私は応援に行けませんでした。長男と夫を送り出して、家で看病&三男の相手をしながら待っていたんですよね。

審査結果が出た後、夫からメールで簡単に「最優秀賞受賞」と連絡が。とっても驚きました。エレクトーンステージに向けてのレッスンは先生が通常レッスン以外にも時間を作って行ってくださっていましたので、みんな頑張っていましたが、昨年までとはちょっと条件が変わり、出場に関して今年から大幅な変更があったこともあり、なんとなく受賞は難しいのでは?と思っていたんですよね。

(出場者数が多くなったことで賞が取りにくくなったことや、会場までが遠くなったので行くまでに疲れるかも?・・・とかです。)

そんな中、メンバーたちは力を合わせて、良い演奏を聞かせてくれたようです。あ~、私もその場にいたかったな~(^0^)

受賞祝いに、お父さんと一緒にお寿司を食べて帰ってきた長男は、嬉しそうに「最優秀賞」の盾を見せてくれました^^

そしてエレクトーンステージ札幌会場へ

地方大会で最優秀賞を受賞したチームは、札幌の会場で演奏することができます。

札幌は遠いので日帰りというわけにはいかないため、メンバーの意向も確認しなければならなかったようですが、幸いみなさん都合が大丈夫だったので、全員で出場することができました。

8月上旬の札幌会場での演奏のため、夏休みに入ってまた特別レッスンをしてくださり、前日に最終レッスンがあって合わせ、それぞれに札幌に向かいました。

当日の会場は『Zepp札幌』というところです。私は初めて行きました。ライブ等を行えるような会場なのですね。ここの入り口に集合して、リハーサル演奏をする時だけ、写真やビデオの撮影ができました。

リハーサルを終えると、メンバーは先生と一緒に行動し、家族は一度会場から出なければなりません。お昼を挟んでいたし、開場までにも結構時間があったので、本当はどこかへお昼を食べに行ったりしようかと話していたのですが、会場を出たらびっくり。もう列を作って並んでいます。

それを見て、やっぱり並んだ方がいいのかな・・・と、最後尾につきました。そして私だけすぐ近くのコンビニへ行き、お昼ごはんを買って来て、並びながら食べましたよ。同じようにしている方、結構いましたね。

いつも田舎に住んでいるので、こんな風に並ぶことなんてめったにありません。ちょっぴり新鮮でした(笑)

開場時間になると、列もちょっとずつ進んでいき、チケットを渡すとドリンクコインがもらえ、そのコインをカウンターに持って行くとドリンクと交換してもらえます。おまけにドリンクホルダーストラップ(?)もついてきました。

「ワンドリンク付き」って、こういうことだったんですねぇ。おもしろい^^

ドリンクを持って席を探します。前方にもまだ開いている席があったのですが、うちは三男が静かに見られるかわからなかったので中ほどの席の通路側に座りました。

エレクトーンステージ、開演

いよいよ開演。司会のトークで会場が盛り上がり、エレクトーンステージ常連さんもいるみたいでした。うちは初めての出場でしたけれど、何度も出演しているような子もいるようですしね。

さすがに「市民会館」だとかの発表会なんかとは違って、音響や照明が一味違いましたね~。演奏にもちょっとしたパフォーマンスがあったりして、楽しめるステージでした(^^)

ただ、前日の長距離の移動や、当日は朝から外出していたため、下の二人は疲れてしまい、三男は途中で夢の中へ。次男はしきりに「疲れた・・・」と。それで、第1部が終わって休憩になった時に、会場を後にしました。第2部も見ていたら夜になってしまうので・・・。

最後に、出場記念のつもりでDVDを予約して帰りました。

今回の札幌での演奏、長男にはとってもメンバーにとっても、本当に良い経験&思い出になったと思います♪

私たち家族も、ドキドキしながら応援していましたので、無事に終わってホッとしました(^^)

ヤマハグレード9級試験、受験&結果が届きました ~長男編~

9級グレード試験を受けました(長男)

次男の基礎グレード試験の記事を書きましたが、
(『ヤマハ基礎グレード試験、受けてきました★ ~次男編~』)

長男も同じ日に、グレード9級の試験がありました。

グレード9級の試験は、基礎グレードのように親子で
受けるものではないので、試験の様子はわかりません。

ちょうど次男の基礎グレード試験と同じ時間帯に
隣りのレッスン室で試験を受けていたので、ちょっとだけ
何かの曲を弾いている音は聞こえていましたけれど。
きっと、伴奏付けだったんじゃないかな~?

試験終了後、長男に聞いてみたら、
それなりにはできたと思う、という感想でした。
でも、試験官の先生は、都市部の方から来ていた知らない方
だったとのこと。長男の出来がどうだったかは、
担任の先生にもわかりません。
結果が来るのを待つしかありませんでした。

そして、グレード9級試験の結果が届きました☆

グレード試験を受けてから、約3週間後のレッスンの時に、
試験の結果を持って帰ってきました。

この日のレッスンは長男だけだったので、夫が送迎をして、
私は次男・三男と留守番をしていました。
別件で伝えることがあって、長男が終わる時間に
夫はレッスン会場まで行ったので(普段は、駐車場で待っています)、
結果についても、良い成績だったと聞かされたようでした。

評価はオールA。
講評の欄について、特に気になる点があった場合には
色々と記入されるようなのですが、
演奏のところで「指使い」について指摘されていた点以外には、
特に注意事項がなく、

担任の先生も、「とても良かったということだと思います。」と
話していたとのこと。

これに気を良くした長男。
また頑張ろうという気持ちになったようでした(^^)

家での練習には結構ムラがあって、あまり練習しない週もあったり、
気分が乗ればずっとピアノの前にいたり・・・
という感じですが、

せっかくなので、このまま弾くことを楽しんで、
上達していって、さらに弾くのが楽しくなるという
好循環になってくれたらいいな~♪
と思います☆

ヤマハ基礎グレード試験、受けてきました★ ~次男編~

2年前には長男が受けましたが、今回は次男の基礎グレード受験でした。
(長男の時の様子は、体験談の方に書いています。
『ヤマハ体験談(グレード試験について):基礎グレード試験』

基礎グレード試験の日の様子

今回の受験日は、3月中旬の日曜日。
兄弟で同じ時間に受けられるように、ヤマハの方で時間調整を
してくれていたので、助かりました(^^)

次男の基礎グレード試験は午後からなので、長男も午後の
時間にしてくれたようです。
長男のジュニア科のクラス(グレード9級)の子たちは、
この日の午前中にすでに受けたようでした。

試験の開始時間の20分前までに、会場に行くことになって
いたので、少し早めに到着。
試験会場・・・と言っても、いつものレッスン教室ですけどね。

でも、この教室も、試験の日はいつもと雰囲気が違います。
玄関に入って靴を脱ぎ、扉を開けたところのロビーには
誰もいませんでした。シーーーーンとした様子です。
受付の方が来てあいさつの後、案内をしてくれました。

いつも英語のレッスン室として使われているお部屋が
待機場所となっていて、中に入ると2組の親子が待っていました。
数分後に、受付の方に案内され、1組の親子は試験のお部屋へと
移動していきました。

しばらくして、長男が呼ばれていき、
次男の次に受験する(次男と同じクラスの)子も
お母さんと一緒にやってきました。
どうやら、緊張している様子でした。
(次男はというと、まだそこまで緊張した感じではなかったの
ですが、実際に試験が始まった時には、いつもと全然様子が
違って、緊張しているのがわかりました^^)

指定された試験時間になるころ、試験のお部屋から先ほどの親子が
出てきました。そして次は、次男の番。
親子で一緒に試験室に入ります。

基礎グレード試験(次男編)

最初に挨拶をして入室。
次男はエレクトーンの前に、私は少し離れたところの椅子に
促されて座りました。

基礎グレード試験の試験官は2名。
課題の伴奏や子どもの誘導は、次男の担任の先生です。
そしてメインの試験官は同じヤマハ教室内の先生。
いつも顔を合わせているので、親の方は安心感がありますが、
次男はレッスンの時とは違って、緊張感のあるまじめな顔で
受けていました。

最初の試験内容は、「うた」でした。
次男が選んだ『リズムマジック』(1番だけ)の伴奏を先生が弾いて、
それに合わせてダンスもします。

そのあと、「メロディ」では、『かわいそうなとり』で、
ちょっと高いところの音程取りがどうかな~?と思いましたが、
スラスラと歌っていました。

そして「ハーモニー」
『ドミソ』と『ドファラ』(だったかな?受験後すぐにメモしておくのを
忘れてしまったのでうろ覚えですが^^;簡単な和音でした)

はじめ、ドの音がすぐに取れなかったようで、別の音を言った
次男でしたが、先生がもう一度初めの音を弾いて「この音は何?」
と言った時に、「ド」とわかって、その後はちゃんと答えられました。

長男も幼児科の時期には、「聞くこと」が苦手だったんですよね。
同じクラスには、2歳児クラスから入った子が多くて、
歌が上手だったので、さすが耳が違うのかな~と思った記憶が
あります。練習を重ねた今は、音を取るのも上手になった
長男ですけどね。

今度は、ピアノの前に座って演奏です。
課題曲の『はと』は、本当に簡単な伴奏をつけて演奏。
選択曲の『あかいくつ』と『さあみつけよう』も、間違いなく
スムーズに演奏できました。

楽譜の読みは、『あかいくつ』の右手・左手の指定されたところも
スラスラと言えて、試験は終わりました。

最後に、試験官の先生からの講評があります。
うたは大きな声で、上手にリズムを取りながら歌えていたこと、
和音も聞き取れたこと、楽しそうに弾けていたということ、
課題曲の『はと』は、簡単な伴奏付けができたので、今後、
ジュニア科にあがったら、今度は少しアレンジした伴奏が
つけられるとかっこいいね、ということなど、
励ましのことばとともに、良かった部分を
次男に向けて、やさしく話してくれました。

そして、親の私にも、
「いつも見守ってくださりありがとうございます。」と
言っていただき、私もお礼の言葉を言って、
試験のお部屋を後にしました。

帰りの車の中で、本人に感想を聞いたら、
「緊張した」とのことでした^^
でも、終わってすっきりとした顔をしていました☆

ヤマハ英語教室、3歳児コース「ポップコーントーク」の体験に参加

3月の上旬の話ですが・・・

ちょうど三男の「赤りんごコース」のレッスンの後に、
英語教室の体験レッスンがありました。

赤りんご終了後に、受付の方から声をかけられて、
参加してみることに(^^)

本当は、三男のレッスンが終わった後は、次男の「幼児科」の
レッスンが引き続きあるので、次男に付き添うことになるのですが、
講師の先生も「大丈夫ですよ~」と言ってくれたので、
英語体験をしてみることにしました。

この日は、(次男の幼児科の)もうひとりのメンバーの
保護者の方もいなかったため(用事があるため一度外出し、
後半には戻ってきました。)、
子どもたちだけのレッスンになりました。

先生も、子どもたちに「ジュニア科になるための練習みたい
だね。頑張りましょう^^」と声をかけて、レッスンを始めていました。



ヤマハ英語教室3歳児コース「ポップコーントーク」の体験レッスンには、
うちを入れて5組の親子が参加しました。

じゅうたんの上に、輪になって座って、
まずは受付の方からの案内があり、講師の先生の紹介があって、
その後、子どもたちの名前が書かれた(名札代わりの)シールを
ひとりずつに配られ、それを服に貼ります。

先生は、英語の発音で子どもたちの名前を呼び、
「ホッピー」という英語教室のキャラクターのパペットを使って
簡単な英語で話しかけながらシールをくれました。
ちょっととまどう子どもたちでしたが、親が「ありがとう」や
「Thank you.」と代わりに返事。

保護者には、「普段のレッスンは英語ですが、今日は体験なので
時々日本語で説明をしながら、進めていきたいと思います。」と
説明がありました。

まずは音楽をかけて、身体を動かします。
「Go」と「Stop」とか、「Up」と「Down」とか、
簡単な反対語の組み合わせを口に出しながら
実際に身体を動かすので、初めはちょっと様子見だった
子どもたちも楽しそうに参加し始めましたよ(^^)

その次の曲は、簡単なジェスチャーをしながらの歌。
「I’m thirsty.」で、のどを押さえて、
「Glug,glug,glug」と飲むしぐさをする・・・とかです。

これも、調子のよい曲なので、リズムにのって真似を
していました。

体験したのは2曲でしたが、結構あっと言う間に時間が経って
いましたね~。
その後、また輪になって座り、アンケートと体験用のCDが配られました。
実際にレッスンで使う教材も、「どうぞ手に取って見てください」と
輪の真ん中に置かれました。

子どもの年齢は3歳児ですから、興味を持つかどうか
この一回の体験だけではわからない部分もありますよね。

今回体験した子どもたちは、1人は「おもしろい」と
おしゃべりをしながら活発に動いていましたし、
1人は、時々お母さんに抱っこされながらも身体を動かして
ニコニコしていました。

もう1人は、ちょっとおとなしそうな女の子。
お母さんが促して、控えめに様子を見ながら動いていた感じ。

それから、うちと同じく赤りんごの後に参加した子は
レッスンの後で疲れてしまったようで、
時々抱っこ。時々床に横になりながら、お母さんが曲に
合わせて手足を動かしてあげたりして、それがおもしろかったようで
楽しそうに笑っていました。

うちの三男はというと、先生の方を良く見ていて、
まねしようと一生懸命でした。
赤りんごの時もそうなんですが、なかなか上手にできないと
すねてしまうタイプです(^^;)
でも、上手にできるとやる気満々さが伝わってきます。

今回は、簡単なジェスチャーなので、とっても楽しんでいました♪

アンケートには、「受講を考えていない」に○をつけましたが、
家に帰ってからも、「ヤマハの英語おもしろかったね~」と
結構何度も言っていて、自分で体験CDをかけながら身体を
動かしたり、とっても気に入った様子でした。

うーん、こんな姿を見ては、できるなら「やらせてあげたいな~」と
思ってしまいますが、
さすがに、既に3人が音楽教室に通っているので、それに
プラスするのは難しいです(><)

音楽教室もそうなんですが、このコースに1年間通ったくらいで
音楽や英語の力が付くとは思いません。
でも、長い目で見ると・・・・・・・・・・・・
とてもよいカリキュラムになっていると思っています。
この年齢で始めるのなら、続けないともったいない気がします。
そして続けることで、力が段階的に、どんどんついていくと思います。

その続けるという重要な部分が、こんな楽しい教室だったら
無理なくできるのかもしれないなあ、と思いました(^^)

子どもと音楽を楽しもう♪ ~ヤマハで音楽教育日記~ TOP